2007/2/21

番外 ビルバオのフライフィッシング専門店  買 Shopping
スペイン、バスク地方、ビスカヤ県都ビルバオ。空からビルバオ空港にアプローチ。結構高い山に囲まれている、彼方に見えるのはピレネーかな??コックドレオンLeonへも3-400キロくらいらしい。ビルバオは、鉄で栄えたスペイン北部最大の都市。であるなら、フライフィッシングの店のひとつくらいあっても良いのでは、と思って調べたら、やはりあった !

DEPORTES LANDA

平日は昼休みを挟んで20時までやっているというのは、さすがにスペイン。19時過ぎに到達。間口は狭いが思ったより広いスペースに、タイイングのマテリアルや消耗品の類が見やすく豊富に陳列されている。タックルもある。

VISIONのピンオンンリールを買う。

店主らしきセニョールに、英語かフランス語か話しますか?と尋ねると、no English, no French, only fly fishing! との答えが返ってくる。いいねえ。で、英(単)語と筆談で会話したところ、近いところではビルバオから車で約1時間のサンタンデールSantander方面(西方)、Asoh川やCares川で鱒やシートラウトが釣れるそうだ。

午前中なら彼のセクレタリーがいて英仏語を話すそうなので、何かあれば電話をとのこと。

工業都市からコンテンポラリーな建築と芸術の街へとその表情を変えつつあるビルバオ。グッゲンハイム美術館はその躍動の象徴。話題の磯崎アテアも今夏竣工、新しいビルバオの顔に数えられることになる。旧いものと新しいものとの共存は、言うほどたやすいものではないだろう。旧いものをノックダウンするだけが変革ではないし、旧いというだけで文化財扱いもナンセンス。強い金融・経済、バスク文化への誇り、卓越した審美水準を武器に、理想の未来都市実現? ここ、ビルバオならできるかも。
0

2007/2/5

フライフィッシングのフランス語 [35] リーダー  FFフランス語 FF French
昨日、ペットショップのハムスターを眺めていて、あっ、そうか・・・。

パリの釣具店で見かけるリーダーっぽいものに、queue de rat ク・ド・ラと表示されているものがあり、何だそれ?と思っていた。フランス語でqueueは尾、しっぽ、ratはネズミ。
ネズミのしっぽ とは、テーパー (リーダー)だ・・・。

リーダーは、フランス語でbas de ligneバ・ド・リンニュだから、
bas de ligne (en) queue de ratバドリニュ(・アン)・クドラで、テーパード・リーダー。

ノットはnoeudヌ。ノットレスはsans noeudサン・ヌ。ノッテッドは、à noeuds ア・ヌ。

ナイロンは、nylonニロン。
フロロカーボンは、fluororocarboneフリュオロカルボンヌ。

* 私は、ネイティブ・スピーカーではないので、フランスで釣りをしたり釣り情報を集めながら、なるほどこう言うのか、と理解した単語、表現を挙げていきます。それは違う、他にもこういう言い方がある、などのご指摘があれば是非コメントください。
0


AutoPage最新お知らせ