2008/3/12

パリの歩き方 8 車、タクシー  旅便利帳 Travel Tips
やはり、フランス人の車好き。できることなら自家用車、ダメならタクシーのクルマ派も相変わらず多い。だいたい、タクシー料金が安い(先日少し値上げになったみたいだけれどそれでも)、というか、パリが小さいので、ユーロ高、物価高のフランス、パリでも、1,000円、2000円出せば、パリの環状線内の大抵のところに行ける感覚。

乗る時には、ロンドンなどと同様、住所、通りの番地を明確に示すことさえできれば、目の前につけてくれるのは有難い。一方、有名レストランやホテルの名前を告げても、それどこだっけと始まることもある。言語コミュニケーション上の負担を避けたければ、行き先の番地を用意して乗車するほうが良い。

夜間の移動はタクシーへの依存度が高くなる。空港には白タクみたいなのもいるようだが、パリ市街の正規のタクシーに悪徳の運転手は聞かない。お釣りの小銭ごまかされたという人もいるらしいが、確かに釣り銭ついてはタクシーに限らずパリは要注意。

空車は以前に比べると格段に見つけやすくなったと思う。原則、タクシーTaxiの掲示のある乗り場で並んで待つか、電話で呼ぶ。流しはないので、路上の空車を乗り場外で止めるのには、多少の慣れと要領が要るかも。

パリに限らず、都市内の往来のためにレンタカーする人はあまりいないだろうが、フランスの田舎旅行からレンタカーしてパリに戻る際には、パリの地図かナビの装備を忘れずに。パリから出る=高速に乗るための道路標識は明瞭だが、パリ市内に戻ったら一方通行だらけに突入することになるので。路上駐車はぎっしりびっちり、なので、慣れなければ公共の地下駐車場などのほうが楽ではないか。駐車の面倒や一方通行だらけ、細くてあっち向いたりこっち向いたりの路ばかり、ということを考えれば、パリに一旦はいったら早々に駐車し、あとはタクシーやその他の公共交通機関を利用するのが、旅行者にも居住者にも楽、というのが私見。

駐車違反、ながら運転(携帯電話、飲食)、飲酒運転などの交通違反については厳しくなっている感あり。

以上、パリの歩き方と言うには偏った雑感ながら。各公共交通機関・手段の実際の利用の仕方は、パリの旅行ガイドブックなどに詳しく出ているのでご参照を。
0


AutoPage最新お知らせ