2008/10/6

コルシカで釣りたい [6]   泊 Accommodation
クリックすると元のサイズで表示しますコルシカの記録の最後に宿。

この度のコルシカ巡りで滞在した宿はホテルとシャンブルドット、1軒を除いてどこもハード面、ソフト面共に至極快適な宿であったが、その中でも最も気に入ったのは2軒、共にシャンブルドットだった。

Osteria di l'Orta
オステリア・ディ・ロルタ(Corteコルテ)

写真はこの宿の犬、コルシカ原産種だそう。耳とか手とかが独特でソヴァージュな感じだが、とても温厚で無表情ながら人懐っこい。いつもぼーっとしていると思ったら、夜遅く帰った日には遠くから吠えた渋い奴。

A Mandria
アマンドリア(Muratoムラト)

前者のコルテの宿には、ターブルドット(夕食)のオプションあり、その美味しかったこと。リッチなlégumes farcis'野菜のファルシ(肉詰め)を思うと今でも垂唾。テーブルワイン(勿論、コルシカワイン)とも良く合っていた。宿での夕食を強要しないし、勧誘もしない。こういうところに限って美味しいものだ。

後者のムラトの宿は、ターブルドットはないが、或る日ムラトの名所サンミケーレ教会前に巡回ピザ売りスタンド(バン)が出ており夕食時に出前してくれるというサービス見つけ、宿のテラスでアルティザナなピザを賞味。

ムラトでは、村はずれにある評判のレストランも攻略(レストランリストに加筆済み)。遠回りしてでも行きたい店であるが、遠回りしないと行けない店でもあり。ホントにこの道でいいのかね…、とおそるおそる登って行くと遂に人家の灯り。そして突然車ズラリの満員御礼状態。島への出発前から予約して、絶対行ってやるとの気合いいれていった。それでも全く期待を裏切らず。

コルシカ島へのアクセスは、パリから飛行機、または南仏からフェリー、が常道なのはパリジャンやフランス人にとって。距離的にはイタリアのほうが近い(飛行機やフェリーもイタリアからのほうが概して安いらしい)。 

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ