2008/11/3

ロワール河 釣り師の館  遊(釣り以外) Other Leisure
フランス、パリからは南西方面、フランス旅行リピーターなら、一度は出かけるロワール河の古城巡り。フランス最長の川、ロワールの河畔、特にトゥールToursから東方、アンボワーズAmboiseブロワBlois周辺には、荘厳、壮麗な著名シャトーが点在する。

そのままずっと100キロ以上も東へ足を延ばすなら、釣りのコレクションを公開しているシャトーがあると聞いていた。

ラ・ビュシエール城、la Bussière。シャトーに一歩踏み込むと、ここにもまた、釣りバカが一人。フライを含む各種釣法の道具、額絵などが室内見渡す限り、びっちり。

ミュージアム風ではなく、多分に調度としてのしつらえ。コレクションに囲まれ、ニンマリご満悦のコレクター城主(故人?)の姿が目に浮かぶ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します順路を辿って地下に下ると、ロッドやリールの展示室もあり。

再び1階に上がり、ロワール河の壁紙がパノラマに広がるサロン。魚や鯉をモチーフにした絵皿や浮世絵もあり。この方、鯉釣り愛好者であるらしい。挙句には鯉のぼりも登場。ここまで来るとちょっとキワモノ?

いかにも大物カルナシエが潜んでいそうなロワール河。鱒も上流域にいるらしい。

フランス人のカルナシエ好き。鯉は、カルナシエの中でも人気者。リリースには、それはもう愛おしそうに水に送り出してやる仏人鯉釣り師たち。

あっちの方向やら、こっちの方向やら、それぞれイッチャッテイル人たちに思いを致す。なんだか、心が妙に安らかに。

敷地内には、緑の中で子供も遊べるスペースもあり。ジアン焼で有名なGienの町から車ですぐ。

追記 ロワール川上流域の増水、洪水のニュースが流れている。コルシカ島東部も洪水だそうだ。共に死傷者は出ていない模様ではあるが、心よりお見舞い申し上げます。

追記2 パリから直接ラ・ビュシエール城を訪ねるなら、南方へ車で約1時間半。
 
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ