2009/2/23

鱒を食べる [16]   食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示しますパリ市街のパン屋で見つけたスモーク・トラウトのサンドイッチ。トマトにサラダ菜、フロマージュ・ブランがパン・オレの生地に挟まっている。美味しいけれど、食べるより、釣りたい。

2

2009/1/20

パリの晩酌 [34]  食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します先週末は時間ができるも、管理釣り場の止水だけでなく道路も凍ってフランス各地で車がズルズル、ゴッツンというニュースに田舎遊びも怖じ気づき、では電車はどうかと言うと、怒れるフランス国鉄鉄道員らが断続的にスト(サボタージュ)をし遂にはパリのターミナル駅、サンラザールSaint Lazare閉鎖という事態に発展し、これも危なくて出かけられず。

そこで(と言うわけでは本当はないが)、何事も好奇心、冷凍枝豆Edamameを試してみる。先週、仏経済紙Les Echosの記事に出ていた、冷凍食品ブランドPicardピカールの日本シリーズのひとつ。

ピカールの冷凍食品はこれまでに何度か試したことあり、さすがガストロノミの国フランスと言える水準である。フランス人は毎日重いフランス料理を前菜、メインと食べているわけではない。仏人宅を訪問すると、必ずと言って良いほどキッチンの一角に簡易なテーブルと椅子があって、簡単に食事を済ます時にはそこで食べている。今日はパパとママは、お出かけ、外食などと言う時には、早い夕食を子供に食べさせたりもする。そして、お育ちの良いエリート君でも、若き兵隊馬車馬時代にはここで冷凍食品ぱくついていたりするのだ。

クリックすると元のサイズで表示します さて、日本シリーズとなると、当方オーセンティックな日本人のハードルは高いので今ひとつ食指が伸びず、焼き鳥などは日本シリーズと謳っているにもかかわらず、箱を読むとこれってサテーではないのか?

しかしこの枝豆は、日本の安易安直な呑み屋で出てくるような冷凍枝豆と変わらぬ出来で、430グラム入りで3ユーロもしないことを考えれば十分アクセプタブル。

で、メイン。と言うと晩酌の場合、酒のことであるが、本日は熊本県の美しき一升瓶で飲る。ラベルがギザギザなのもおしゃれ。ほう、これはまた、美味しい酒、見つけてしまった。

追記 Edamameにはホットソースみたいなのがついているが、日本人が使うのは邪道だと思い、ネパール岩塩をふっていただいた。


0

2008/12/10

パリの晩酌 [33] 新酒とにんにくソーセージ  食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します気がつくと、街はクリスマスになっていた。パリの晩秋はグレーのイメージだけれど、今年はいつになく雨多く、しかも雨脚がしっかりしているような。昨日は、みぞれまじりの雨が雪に。雨がちな天気と景気に沈鬱になりがちなパリジャンの表情も、あっ、雪だ、と窓辺に駆け寄り、明かりが灯ったような笑顔。

今日は晴れ。

世の中が暗いので釣行を自粛している、ということは全くないのであるが、身辺慌ただしく、行けていない。

そんな時こそタイイングだ、とも思うが、進む老眼にくじけ気味。

結局、食欲に向かう。2年にわたっての節制がわずかに功を奏した検診結果に、リバウンド気味で反省。

ボージョレヌーボーも美味しいけれど、新酒はボジョレだけではないよ。美味しくてまとめ買いした、アルデシュArdèche県のガメイのヴァン・プリムールvin primeur。

ツマミは、生のにんにくソーセージ。にんにくソーセージは、生とスモークしたのがある。フランス滞在で惣菜店や肉屋で買い求めるなら、saucisse à l'ail。生は、炙ってもおいしいよ。 

0

2008/10/29

パリの晩酌 [32] 銀杏   食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示しますフライパンで煎り塩をふるだけで、パリでチビリチビリの酒のツマミにもう一品、ぎんなん。

真空パックが一番重宝している。パリに持ち込むには、嵩張らないし軽い。

皮つきナマも一度やってみたけれど、日持ちして少しずつ使えるのは良いが、皮を剥くのが大変。しかも散らかるので、自分には手に負えず。缶詰は重い。

この景況で、外食好き、社交好きのパリジャン達もさすがに家食傾向が強まっているような。ランチ時、パン屋でサンドイッチの行列も長くなった。トレトゥール・アジアティックtraiteur asiatique(ファストフード”スシ”も売っていて、格安で外食できる中華総菜屋)も満席になっている店が何軒もあって、ぎょっ。ハンバーガーやフライドチキンの米系ファストフード店が進出しては撤退だった頃のパリとは、様変わりでもあり。 

0

2008/4/25

鱒を食べる [15]   食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します何かと片付かぬこともあり、明日こそ、の釣りも流れ、仕方ないから、恨めしくピレネーの鱒、スモーク・トラウトを食べることにする。

ニッポンでは、解禁早々、まだ雪の残るフィールドにフライフィッシング勇士たちが繰り出すが、フランスは4月にはいっても先日みぞれが降ったりもし、餌釣りアングラーはともかくフライフィッシャーの渓流釣りの始動はそう明らかではないようだ。

フランスのフライフィッシングの出だしが遅いのは、フランスでは多くの川にグレーリングが棲息し、産卵、孵化を終えるまで、立ちこみ禁止、もしくは自粛の習慣があるせいもあるかもしれない。

と、ここ数日、時に冷たい通り雨はあるものの、春を飛び越えて初夏の陽射しを感じることさえあり。現在、気温は18℃(18時)。釣り行きたい。

0

2008/1/30

パリの晩酌 [29] ラクレット  食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示しますやっと冬らしく冷え込んできたので、ラクレット。大人数の雪山などでは、ラクレットの塊をグサッと専用の機器に取り付け、直火で炙りながらとろけ落ちる先から取り込んで食す、のが風物詩。

都会食には小型版の機器やラクレット用ホットプレートなども売っているが、手軽な晩酌をというならフライパンで加熱してその場(台所)でいただくので十分に美味しい。パリの晩酌のコンセプトは、5分でア・ターブル。凝った料理は、私がつくるより、レストランでプロがつくるのが美味しいに決まっている(はず)。内食、家食は、散らかさないことが重要だ。

赤ワインでもよいけれど、やはりファンダンが欲しくなる味。 


0

2008/1/23

パリの晩酌 [28] 松山あげ   食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します海外で重宝しそうな日本食品を東京でまた見つけた。乾燥の大判油揚げ。日持ちする。豆腐や油揚げの類は好きなので。

新橋駅前の香川・愛媛県ショップ せとうち旬彩館で見つけた。東京〜新橋あたりには、この手の地方物産販売店舗みたいなのがオフィス街に紛れて存在する。ショッピング街というより・・・というようなちょっと外した場所で出くわす。もとは地方観光局の事務所かなんかだったのかも。いつのまにかすうっと迷いこめるワンダーランド。

0

2007/11/26

パリの晩酌 [27] シウマイ  食 Gastronomy
クリックすると元のサイズで表示します過日、南フランス在住の3人の子持ちカップルに贈呈して喜ばれた一品。2箱、5分で消えたそうです。真空パックになっていて日持ちする、電子レンジでできる、ので海外で便利な故国の味。

販路を限定しているのか、楽天でも崎陽軒のオフィシャルサイトでも今のところ売っていないが、東京では三越などのデパ地下にある。

尚、これには粉末のからしが付いてはいるが、海外で和がらしの代用にはフレンチマスタードよりコルマンColman'sではないかと思う。


0

2007/9/12

フランシュコンテの美味しいレストラン  食 Gastronomy
宿泊先のシャンブルドットのご主人、プライス氏が予約してくれたレストランのあるCrouzet-Migetteクルゼ・ミジェットまで絶景ロードを登って行く。店の周辺に車ズラリ。カジュアルな山小屋風。予約で満席の様子。

早速、壁の貼り紙にあるbière artisanaleというのが目にはいってくすぐる。つまり、量産ではないビール職人が手をかけてつくったようなニュアンス。その中から店のマドモアゼルに選んでもらったMillefleurミルフルールは、ハチミツのはいったビールだそうでそのほのかな甘さがビールの苦味と絡み合ってなかなか。

食事メニューには、私の弱い郷土モノが並ぶ。もちろん鱒もある。コンテチーズとくるみと骨付きハムのはいったジュラのサラダsalade juracienneと、釣果を祈ってルー渓谷の鱒のサヴィナンソースtruite au savigninに決める(が、釣れなかった)。

供された鱒は肉付きよく、ヴァン・ジョーヌ系のサヴィナンの風味が効いたクリームソースに良くあった。

向かいのオムレツもつまむ。コンテチーズ、茸類、骨付きハムにじゃがいも、野菜がはいったリッチなオムレツ。ブラウンに漕げ気味部分が香ばしい。

満腹につき、食後のチーズは断念してシャーベット。これまた美味。ムニュ・アンファンもある。詳しくは、オフィシャルサイトをご参照。

L’Auberge du Pont du Diable

0

2007/8/27

パリのレストラン 〜フレンチ〜 更新  食 Gastronomy
パリのレストラン 〜フレンチ〜のリストを更新しました。

7,8月は、お気に入りのレストランも行きつけの食料品店も軒並み夏期休暇。今週あたりから正常化と、先週も思ったがまだまだ休む、フランス人。

閉まっているのも困るが、もっと困るのは店は開いているが中身が休暇中、という場合。つまり、レストランなど臨時スタッフやまだまだ丁稚、がやっていて留守管理が行き届いていない店だと、ええっ、こんなはずでは、という悲劇となる。食料品店では選択肢も質も下がるというところが出てくるし、マルシェも繁盛店は夏はマタ貸しして自分は休み。某大手スーパーでも、品切れと消費期限切れのオンパレード。

そういう恐怖の環境がまだ続く先日に出会った、地獄で仏の小さくて気の利いたビストロをリストに追加しました。

尚、この機に記しておくと、パリの夏は都市機能マヒ。だから、この時期は「住まうように旅するパリ旅行」というのは難しい。そもそも住んでいる人(パリジャン)が出かけていていない。美食の期待はほどほどにして、名所、旧跡観光、美術館巡り、ショッピング(但し、こだわり系の店も結構休業するのでファッションなどの買いもの)に徹するのが良いというのが私見。サービス業などは、スレた"ベテラン"はヴァカンスで、代替のアルバイトや研修生などのほうが余程気持ち良い接客をしてくれるという利点もなきにしもあらず。また、子供連れの旅行はしやすい時期。滞留人口の大半が観光客となり、レストランも家族連れ客が目立つから普段は敷居が高い店にも出没しやすい。
0


AutoPage最新お知らせ