2018/8/15

血圧が  日記

お盆です。
なんのかんので、八月も半分きてました。
「(世間的に)夏休み、始まるねー。」
とつい最近言っていたのに。
年末がすぐ来そうです。

降ったりやんだりの、変則な雨の日です。
やや涼しいのはありがたいです。
午前中は夏のリース作りの続きをしました。
出来上がったリースにリボンを付けて、値札を貼りました。
出来上がったのが嬉しかったのか、職員さんに手を回してやたらに大はしゃぎしました。

帰りの会で歩行器に立っていたら、顔色が白く唇の色も悪いので、横になっていると電話がありました。
血圧が低くて、送迎は無理かもということで、迎えにいきました。
母の顔を見るとはしゃいではいましたが、体が冷たいです。
血圧を戻すのに足を高くしておくようにと言われ、帰宅しました。
まず、ホットタオルで首筋と足を温めました。
次に、人肌のお茶で、体内から温く。
それから、休む(寝る)準備を整えて、足を高く設置しました。
しかし、まずは横向きで寝たい娘が、この体勢では困っていました。
ここは仕方がないので、足先を座布団二枚分のかさ上げで手を打ちました。
その分、足の血流を良くするために、ふくらはぎをマッサージです。
しばらくして、娘はスヤスヤと寝ていきました。

いつものように、夕食15分前に自ら起床。
ご飯をいつものように食べ、風呂までの時間をSMAPの録画をみてキャーキャー騒いでました。
「いつも通りの娘…だよな。だよね。」
と思い、ちょっと安心しました。
娘の普段の血圧っていくつなんだろう?
唇の色って、どんなんだったっけ?
知っているようで、知らないことだらけだなと感じました。
酷暑とはいえ、体内は冷やしすぎないようにしませんと。


クリックすると元のサイズで表示します足を高くしたものの



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ