2005/11/30  23:34

ラジオのように  ロケットサラダの日記
今日は朝起きたときに珍しくテレビを点けてみた。Mさんがテレビもいいよと言っていたから。確かにテレビを点けると、出勤前の朝の雰囲気ができていい感じだった。私は起きている時は四六時中音楽を聴いているので、とても偏っていたのだ。少しはニュースなども観ないと世の中についていけないよね。

それから、私はラジオを持っていないので、妻が生きていた時からいいなと思っていたBOSEのWAVE RADIOがまた欲しくなってきた。一度妻とBOSEのブースに行って試聴した思い出もあるんだ。妻はあの頃、欲しかったら買ってもいいよと優しく言ってくれていたんだけど、私は、妻が必死で闘病しているのにノウテンキに自分だけそんな高い買い物をできなかった。

それが今になって欲しくなってきた。ラジオを生活の中に取り入れたい。色んな事で心の安定を保てると思うんだけど、ラジオもいいかなと思って。高校生ぐらいの時はラジカセで、“ジェットストリーム”や、伊藤正則氏の“ロック・トゥデイ”、渋谷陽一氏のえ〜となんだっけかな、忘れてしまったけど、音楽番組を時々聴いていた。懐かしいな。

携帯電話も新しいのが欲しい。自分が使っているものは型式が古く、今は誰も使っていない様な物で、カメラ機能も録音機能も付いていないし、メール機能も打てる文字数が極度に少ないから、本当に簡潔なメッセージしか送信できず、使い物にならないのだ。

その携帯電話には妻とやり取りしたメールが少しだけ残っているから、貴重な思い出の品として持っていたかったんだけど、仲間のK君が言うには、買い換えても今まで使っていた携帯は、メールとか入ったまま持っていられるという事が判ったので、今度買い換えようと思っている。私は携帯事情に疎いから、ショップにK君が付き添ってくれる段取り。

訓練所では仲間のT君が他の科の女性と携帯メールのやり取りを始めた。というか女性の方からメールを送ってくるみたいだ。男ばかりの電気設備科と女性を繋ぐ接点がT君というわけだ。そこで私がT君に嫉妬するという図が最近の電気設備科の一つの笑点となっている。だから、「どうなったんですか?」とか、よく進行状況を聞かれるんだ(笑)。

他愛もない事で楽しく過ごしている私たち。今後の展開やいかに。いじらしいオヤジ・パフォーマーとしては、T君に負けず話題を作っていかなければならないので、ハッスルして明日辺りなんらかの行動を起こすとするか。相当な勇気がいるんだけどね。(一体何をしに学校へ行っているんだ?)
0

2005/11/30  17:55

日記が消えた。  ロケットサラダの日記
今日書いた日記は、全部消えてしまいました。パソコンがおかしいのかな?

また始めから書く気力なし。悔しいがもう、寝ます。
0

2005/11/29  23:31

昨日は、このブログを読んでくれているMさんとメッセでお話をした。あまり時間的余裕が無いから短いやり取りであったが楽しかった。Mさんによるとブログから読み取れる私の人物像は、巨人の星の飛雄馬の親父さんみたいな頑固一徹な人というものだった。

メッセなので半分冗談かもしれないが、ちょっと興味深い意見である。確かに私は頑固な面があると自覚している。柔軟さが不足しているかもしれない。心が狭いのは確かだ。それとブログでの私の文体が固い事も頑固一徹と思われる要因になっていると思う。

私の文体は妻、奥山貴宏さん等、色んな人から影響を受けている。妻の文章も、奥山さんの日記も今読んでも感心する良い文章だ。妻の場合闘病に特化して書かれた物であるが、奥山さんの場合闘病以外の話題もたくさん盛り込まれており、確かに本になるだけのことはある。

私の場合は、何にも絞られておらず、その日の出来事を簡潔に書いているだけの、普通の日記である。語彙が不足しているので、おもしろおかしく引っ張る事が出来ないのが欠点で、これから文章力も身につけて行きたいと思っている(やっぱり読んでくれている人を少しは意識しますね)。

あと、漢字って難しいですね。例えば“見る”と“観る”の使い分けとか、“聞く”と“聴く”の違いなど。そういう事でどっちを使えばいいのか判らなくなる事が結構出てくる。だから、誤字を探せば色々と出てくるはずだ。読んでくれている方で、気付いたらコメント欄でもメールでもいいから報告してくれるとありがたいです。返事は書かないと思いますが(すいません)。厳格な性格なので出来れば正しい表記をしたいと思っています。

Mさんとは、今度時間がある時にネット経由で将棋をしようと約束していて、Mさんは弱いそうなのでたぶん私が勝つと思うけど(失礼)、一応研究をしてから挑みたいと思っている。私はただ勝てればいいという考えではなくて、将棋は理詰めのゲームだからより合理的に勝てなければ自分で納得がいかないのだ。

そして、将棋はとても難しい。判らない事が多すぎて序盤からして何をどうすればいいか判っていない。その辺を理解したいのだが、未だに掴めないのだ。だから最近将棋センターにも行っていない。判らないままただ漫然と指していても上達しないと勝手に思っているからだ。

Mさんは、軽く将棋でもして楽しもうよってことなんだろうけど、それを、ここまで考えてしまう私は、やはり柔軟性に欠けるなあ。

今日は訓練所が終わってから、58先輩の話を2時間ほど聞いて面白かったけど、長かったので疲れた。その後、仲間でマクドナルドに行ってディスカッション。テーマは昨日書いた女の子2人をいかにして退屈させずに引きつけておくか。早くも潰れかけているから。こんなことを真剣に話し合っている私たちは、客観的に見ればアホだな。

その後、医療事務講座に行って来たが、学習に全くついていけてなくて、諦めモード。それを真剣に思い詰めるとノイローゼになる恐れ有りなので、あまり考えない様にしよう。今日は、そんなこんなで頭が定位置に落ち着かないな。
0

2005/11/28  20:50

ちょっと違う日  ロケットサラダの日記
昨日は低調だったのでずっと家に居て、カルメン・マキ&OZやジャニス・ジョプリンを聴きながら炬燵に入ってみたり、ベッドに寝転んだり、デスクの前に座ってネットを観たりで、総合格闘技の所英男選手のブログを観てみたら、サイン入りグローブとTシャツをヤフオクに出品しているとの事で、さっそくヤフオクを覗いてみたが、残り時間3分前で7万9千円と私には手の出ない値段だったので断念(結局12万1千円で終わった)。

普通だったらそんなの見向きもしないんだけど、本人がブログで告知しているから欲しくなったんだよね。所選手はあのアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ選手(ペケーニョ:チビというあだ名らしい)に勝った選手で、コンビニ弁当を常食していたりで親近感が持てるし、発言などもとても好印象なので好きなのだ。

というか、目まぐるしく動いて極めようとするファイト・スタイルが積極的で素晴らしい。ペケーニョに勝った後、もし、宇野選手にも勝っていたらそれこそ注目度ギンギンなんだけど、それは負けてしまった。でも、負けた後の、清々しさはやはり好印象が持てた。この度ZSTの大会で勝利したそうで、良かった。これからどしどし強敵に勝って、私たちを楽しませて欲しい。

昨日から妻が作ったHPに載せてある詩をこのブログにも適時載せていく事にした。今更ながら私は妻の詩が素晴らしいものだと実感している。生きている時に言えなかったけど、あなたの詩は素晴らしい。たぶん年齢を重ねる毎にその実感は深まるだろう。言葉の領域において私が成し得ない事だ。

今日は週始めであるが、朝、車を置いて教室まで歩いていると、いつも通りに置いてあるベンチに座っている女の子に同僚のT君が声を掛けて話しているのを発見。前々から電気設備科は男ばかりでつまらないから、他の科の女性に声を掛けて友達の輪を広げようと皆で言っていたのだが、T君、勇気を出してとうとうやりました。

通りかかった私も当然中に入れてもらった。私は少し言葉を交わした程度なんだけど、その女の子は前々から私&仲間のK君に注目していたそうだ。私とK君は、よく「ボケ、カス、死ね!」などと周りの目も憚らずやりあっていたのでそれが面白かった様だ。変な所に注目する子だな。

私とK君はテンションが高い時は激しく罵倒しあうが、K君はいい奴である。だからこそボロクソ言い合えるのだ。

何の因果かその女の子は“のり”と言うらしい。身長170cmで大人びた雰囲気があるが、実は23歳。昼休みにもT君が先陣を切って、その子とその友達を相手に奮闘していたが、そこにホゲ〜と現れた私は、T君に喋るように促され、「綺麗な手をしていますね」と突然言ってしまい、友達の方から、セクハラだと言われてしまった。そういう事になるのかなあ。綺麗だと思っていた事を素直に言葉にしただけなんだけど。

まあ、そんなこんなで少し変化のある日でした。私はずっと男社会で生きてきたので、ここらで女性に対する免疫を付けて普通に接することが出来るようになればいいかなと思います(変な意味ではないですよ)。
0

2005/11/27  21:12

「崖の上に住むと」  
「崖の上に住むと」

弱々しい風にすぐ揺らいでしまう
だから、外にあまり出られない

怖そうな場所だから
近づいてくる人も少ない

太陽の日差しは真っ直ぐ
私に注ぐ
遮るものが何もなくなってしまったから
時に私を暖め
時に私を焦がす

しなやかな草花は強く
岩の隙間から
背を低くして小さな花をつける

雲がすぐ傍にみえる
時々、私の視界は閉ざされる

崖を登って尋ねてくれた人々の
額には澄んだ汗が滲んでいる



詩:のり
0

2005/11/27  15:54

sakulover  ロケットサラダの日記
夕べは遅い時間に、父が作ってくれていたマーボー豆腐にお酢をたくさん入れて食べた。これでお酢が摂りたい気持ちが満足した。マーボー豆腐にお酢っていうのも変かもしれないが。一般的にどうなんだろう。

今日はちょっと気分が晴れなくて、出掛けるか家でゆっくり本でも読んでいるか悩んでいて、取り敢えず久し振りに友人Kに電話してみたら、地上波でPRIDE特集をやっている事が判り、電話を切って即、テレビのスイッチ・オン。真昼間からこんな事やっていたんだね。半分ぐらい終わっていて私が点けた時は、戦闘竜vsズールからだった。

ぱっと見て戦闘竜選手の見事に絞り込まれた肉体がかっこよかった。この選手は元力士なので本来はかなり肥えているんだけど、今日見た時は見事なマッチョ・マン。試合でもパンチをどしどし出して前進するところが気に入った。最後はズールの膝蹴りで一瞬マットに倒れたからレフリーに止められたけど、あれはストップが早すぎると思う。戦闘竜選手にしたら全然まだまだこれからだったんじゃないかな。私としてもこれからだと思っていたのに。

ジェームス・トンプソンvsアレクサンドル・ルングは、ネット情報からはルング選手のいい所が全く無かった様に書かれていたが、実際観てみるとなかなかいい場面もあった。巨体だから押さえ込みなんて凄かったし。力任せのパンチも迫力あり。でも、やっぱりスタミナがね〜。肥えているとスタミナ増強は望めないんでしょうか。スタミナさえ付ければまた観たい選手だと思ったんだけど。

桜庭vsK・シャムロックは、桜庭選手が前に見た時よりも肉付きが良くなっていて一回り大きくなっている印象だった。試合は、打撃だけで決着がついたんだけど、なんか物足りなさが残った。相手のシャムロック選手が、もうピークを過ぎた選手だから私的に盛り上がらなかったんだよね。

ミルコvsバーネットは、決め手に欠きハードではあるがつまらない試合だった。バーネット選手、上をとられ過ぎだし、ミルコ選手上から何も出来ないし。途中スタンドでミルコ選手が打撃で攻勢に出た時が唯一見応えがあったかな。

最後に、過去に行われた名勝負ランキングbPの桜庭vsホイスが放映された。この頃の桜庭選手は良かったなあ。輝いていたよ。当時私なんか携帯電話のメルアドのIDをsakuloverにしてたぐらいだ。桜庭選手はシュート・ボクセ・アカデミーで出稽古をしているから、これから巻き返しを期待していいかな? また夢と希望を与えて欲しい。
0

2005/11/26  22:20

5時半起床。最近は睡眠時間が5時間ぐらいになっている。睡眠薬を飲んでいるがこんなものだ。毎日ちょっと少ないからかイマイチ体調がリセットされていない。だが今日は休みなのでゆっくり身体を休められる。自分にとって休みは娯楽に利用すると言うより身体を休める為のものだ。或いは気分転換する為のもの。

一見不調だと思ってもご飯を食べると改善される事がある。胃が空っぽだと気分的にも影響するような気がする。適度に食べて胃の状態を良好に保つ事を軽視できない。妻も言っていたが食べる事はとても重要な事だ。当たり前のことなんだけど、実感しているという事を書いてみたかったんです。

14時頃、電気屋さんから先日修理に出していた灯油ファン・ヒーターが直っている報せの電話があったので、取りに行って来た。振動検知センサーを交換した様だ。家に帰って父と試運転したが、上々だ。もうエラーは出ない。これで、父も自由に好きな暖かさにして新聞を読んだりテレビを観たり出来る。

電気屋の隣にTUTAYAがあるので、しばし立ち読みしてきた。相変わらず格闘技系の雑誌ぐらいしか読まない私。雑誌に足関十段と言われる総合格闘家(でいいよね?)、今成正和選手を含む3人ほどのトークが載っていてそれがちょっと面白かった。

今成選手は負ける事もよくあるが、スライディングしながら相手の足に絡みつき、関節技を極めようとする唯一無比の戦い方がハラハラドキドキで好きだ。ポイント稼ぎじゃなくて完全に極めだけを狙っていく戦い方。やっぱり、そうでなくちゃね。

でも、雑誌に載っていたトークより本人のブログの方が面白い。ファンの人から寄せられたコメントによる質問に一々答えているのだ。色んな格闘家のブログを読んでいるが、今成さんのはとても可笑しい。思わずにやけてしまう。十段なのは足関節技だけではなくてブロガーとしても十段と言ってもよいかもしれない。応援しているのでこれからバリバリ勝って欲しい。

今日は以前書いたサーラーメンに思いっきり酢をぶっかけて食べたかったのだが、遠い上にそっち方面に行く道が混んでいたので、諦めて来来亭で醤油味のラーメンを食べて来た。でも、やっぱりお酢まみれのラーメンが食べたかったな。時々口(体)が酢を欲しがるんだよね。

本日のネット・サーフィン:2ヶ月程更新がなかったある人の日記が、十数日前から更新されている事に気付いて嬉しかった。機動戦士ガンダムの最終回で、もう駄目かと思われたアムロが生還して感動した事を思い出した。

BGMは矢沢永吉さん、吉田拓郎さん、浜田省吾さん。とても良い。
0

2005/11/25  23:55

歌に感じ入る  ロケットサラダの日記
昨日は家に帰ってから、何故だか判らないが微妙に憂鬱で、気分が優れなかった。医療事務講座の前日なので、宿題をしようと課題の箇所を開いてみたものの全く解けず、自分が授業を全く理解できてない事に気付いてしまったからかな。足掻いても無駄なので、しばらくして止めたのだが。

生きていると毎日いつでも良い気分ということは有り得ないので、特に問題視せず時の流れに身を任す。今日も訓練所と医療事務講座に行ってきた。

昨日書いたトランジスタやサイリスタは実際にそれで回路を作るわけではなくて、それが組み込まれたユニットを使って回路を構成し、負荷となる電球などを点灯させるという実習だった。なんだ、それなら細かい取り決めを度外視すれば、難なく自力で作れる。

拍子抜けしたが、これはこれでやはり電気工事の一環なのだ。楽勝とは言え、なるほどと勉強になった事もあるし、探求すればどんな事からでも発見がある。

最近険悪になっていたUさんとの仲も、今日は軟化してお互い尊重して接する事が出来た。まあ、気に入らない事もあるだろうが、私はこんな奴なので許してくれ。また、何かあれば、仲良く喧嘩しよう。トムとジェリーの様に。

職業訓練所が終わって医療事務講座が始まるまでの時間に、また同僚とお好み焼きを食べに行った。今回はいつもの4人プラス新たに2人誘って。4人の中で私以外の3人は結構人との交流を重要視していて積極的に誘いをかけるのだ。

私は、自分からそういう風に振舞えない性格なんだけど、その3人と居ると自然と交流範囲が広がり、考えてみればありがたい事だ。人との触れ合いは無いよりはあった方が愉快だと思える。

そんなこんなで医療事務講座が始まるまでに、生中を2杯も飲んでしまった。トイレで鏡を見ると少し顔が赤くなっていたのでまずいかなと思ったけど、授業が始まって1時間ほどしたら頭が冴えて来て良かった。

授業が終わって駐車場に行って車を出そうとすると、小銭が足りず両替しに彷徨わなければならなくて、それで結構時間を食ってしまい、帰るのがいつもより遅くなってしまった。

帰ってからビールを飲みながら中島みゆきさんの歌を聴いていたがやはり良いですね。「誕生」がかかった時はぐっときました。長年に渡って良い曲を提供し続ける彼女の才能は非凡であると思います。詞も声も曲も癒されます。
0

2005/11/24  20:16

中島みゆきさんの「誕生」  ロケットサラダの日記
5時半起床。非常に眠く今日は家に篭って居たかったが、これぐらいが丁度いいんだと思えば気分が変わり、目が覚めてきてちゃんと出勤(登校)できた。

訓練所では、小勢力回路の勉強で、後日、実習で作製するトランジスタやサイリスタを使ったリモコン回路を学習した。私は先々生活が落ち着いて趣味に時間をさける様になったら自作アンプを作ってみたいと思っているから、この辺りの授業はありがたい。

授業が終わって、喫煙場所で数人で一服していた時、またUさんが怒り出して、今度は危うくポーチを投げつけられそうになった。Uさん曰く「あんたと仲が悪いからな」だって。実習の時パートナーになると仲が悪いからやりあう事になるので、一緒に作業したくないと言うのだ。

私は、そうはならない、一方的に私がやられるだけだと言ったのがカチンと来た様だ。これって軽く冗談として受け取れる事じゃないの? 何故に頭に血が上るのか理解できない。血の気の多い人だなあ。その後、Uさんは機嫌を損ねたのか、そそくさと帰ってしまった。

今日は帰宅後、中島みゆきさんのCDをパソコンにインストール。妻が大好きだった「誕生」をいつでも聴けるようにしておきたかったので。

妻と一緒に暮し始めて最初の妻の誕生日の時に、特別な事は何もしなかった。でも、その日の夜、食事をする時に誕生日と言う事で音楽でもかけようと思い、中島みゆきさんの「誕生」をかけた。そしたら妻がいたく感動してくれて、涙していた。やっぱり○○だね、と言って。

私は、意図してかけた訳ではないと言うと、無意識にでもその曲を引き出してきたあなたは凄いという様な事を言っていた。妻は親からかまって貰えなかった少女期があるからこの曲は特別に感じ入るものがあったのだろう。そして生まれて来てくれてありがとうという私の気持ちと。うまく書けないがそういう思い出がある曲なんです。

妻に、私はある特定の日だけ祝うというのではなくて、毎日、その瞬間瞬間を生きることの中に全部こめられているという事を語った事があるが、その時妻が喜びをあらわして納得してくれて嬉しかったという思い出もある。でも、最近は、特別な日に特定してプレゼントをするなりなんなりするのも、悪くないなと思えてきた。

やっぱり、ピンポイントで自分の気持ちを表現するのもいいかもしれませんね。
0

2005/11/23  21:33

父に優しく  ロケットサラダの日記
夕べ、妻を偲んで、寝る前に森田童子さんの歌を聴いた。二人の思い出として一番感慨が深いのは「さよならぼくのともだち」で、これを初めて聴いた時の衝撃を思い出した。妻は私にこれを聴かせたかったんだよね。私が好むんじゃないかと思って。

その後寝たんだけど、内容は覚えてないが夢を見て、朝になるまでずっと涙で目を滲ませていた。悲しい夢だったんだな。夕べの場合、妻の事ではなくて、母か妹を思い出しての事だった様な気がする。どうも、森田童子さんの歌は涙を誘うなあ。

でも、目覚めはスッキリしていた。今日はオフの日であるが職業訓練所に行く時の様に、7時半に起きた。父に誕生日のプレゼントとして灯油ファン・ヒーターを買ってやろうと思って意気込んでの事だ。その気になった時に行動に移しておかなければ、そのままズルズルと行ってしまうから。

で、父にその旨を伝えると、今故障しているやつを修理して使いたいとの事。まあ、修理代も安くは無いが新品を買うよりは安いだろう。それに、父は母が生きていた時に買ったものを使い続けたいのかもしれない。という訳で電気屋さんに持っていったが、掃除だけで直れば3500円、それ以上なら9000円と言う事だった。

父は自分で払うと言ったが、私は誕生プレゼントとして何かしたかったので、強引に9000円払った。その後、ラーメンが食べたいと言うので、私はお腹がすいていなかったが、ここは父の言う通りにしてあげようと思って一緒に食べに行った。これも誕生祝のつもりで私が払った。

大きくなるまで育ててもらったので、形だけでもたまにはこういう事をしておこうかなと思って。ちょっと気恥ずかしかったけど。でも、今日だけだからね(笑)。今日は特別。明日からは、また、いつものように接する。

帰ってからした事は、パソコンからあまり聴かない音源を削除して、新たにありったけの浜田省吾さんのCDと尾崎豊さんのCDをインストールした。浜田さんの作品は好きだからこれから何回も聴くと思うけど尾崎さんのは一時的なものだろうな。

妻も言っていたけど浜田さんは声が好きだ。曲も良いしサウンド・メイキングも練り込まれていて素晴らしい。優しそうな人柄も好きだな。
0

2005/11/22  23:53

中也の帽子  ロケットサラダの日記
昨日、父の誕生日も近いので何かしてやろうと思い、父がいる1階の部屋の壊れている灯油ファン・ヒーターを直してやろうと、分解してみた。しかし、基板が入っているだけで私に理解できるものではなかった。私は電気を習っているが、電子ははっきり言って全く判らないのだ。

だから、プレゼントとして新しいのを買ってやると言ったのだが、失業中の私に買ってもらっても嬉しくないんだろうな、わしのお金で買うかお前のお金で買うかの違いだけやないかと言われた。結局は我が家のお金で買うということだもんな。

でも、こういうのは気持ちだから今度休みになったら買いに行こうと思う。はっきり言って1階は寒すぎるのだ。父はあんなに寒い所でよく一日中耐えていられるなと不思議に思う。炬燵はあるのだが全く入らないし、電源すら入れない。節約の鬼なのだ。いつも厚着して正座で座っている。私は特別寒さには弱いので理解できない。(父は胡座が苦手で正座の方が楽だという特異体質である)

誕生日のプレゼントと言えば、妻が生きていた時、妻の誕生日に妻が一時欲しがっていた、詩人である中原中也が被っていた帽子を模したものが中原中也記念館で買えるから、それを買ってあげると言ったのだが、その時はやっぱり自分には似合わないとか、ネット経由だとサイズが合うかどうか判らないから要らないと言われた。妻は詩を書くし中也が好きだったから、私は被って欲しかったんだけどな。(※中也自身はランボーを意識した格好を好んでいたらしい。)

その帽子を今は私が欲しくなっている。今度注文してみようかな。結構高いけど、身に付けるもので私が欲しくなるものってあんまり無いから、たまにはそういうことにお金を使ってオシャレするのもいいかもしれないと思っている。妻は私がオシャレして見栄えが良くなると喜んでくれるのだ。なにせ私はそういうことに無頓着だったから。

帽子と言えば、以前妻が私に似合うと言って買ってくれた革のハンチングの帽子を昨日から被って行っているのだが、今日Uさんに、汚い帽子だなと言われ、地面に放り投げられた。大事にしている思い出の帽子なのに酷い事をする人だ。本気になって関わってもろくな事が無いだろうからスルーしたが、テンションの高い時だったら喧嘩になっていたかもしれない。

今日、仲間から聞いて気付いたのだが明日は休みだった。嬉しいと言えば嬉しいのだけど、体調がいいから週途中で休んでリズムを崩すより、月曜日から金曜日まで続けて通える方が社会復帰の訓練になって良かったのにな。今の私には勉強だけが必要なのではなくて、それプラス働いていける根性を養う事が大事なのだ。

少々嫌な事があってもへこたれず行くぞ!
0

2005/11/21  20:27

夕べも就寝時間が1時過ぎと遅くなってしまった。睡眠薬使用。やや沈んだ気持ちだったけど、寝る前に聴いたボブ・ディランの「ライク・ア・ローリングストーン」がとても優しく聴こえた。まるで中島みゆきさんの「時代」を聴いている様だ。私はよくインストゥルメンタルの音楽を聴くんだけど、やっぱり人の声って素晴らしい。ディランさんの声は、その中でも格別だ。

そう言えば、K−1を観ていた時、CMでローリング・ストーンズの曲がかかってしびれた。ストーンズもいいんだなこれが。今度パソコンに取り込んで聴きまくろう。色んなCDを取り込み過ぎてパソコンのハード・ディスクが満杯なので、何かを削除しないともう入らないんだけど。内臓ハード・ディスクは40Gバイトしかないから。

今日、職業訓練所に行ったら、嫌な予感が的中し、先日の宴会で調子に乗りすぎた反動が返ってきた。Uさんが根に持っていて私にジャンピング膝蹴りを何発も入れて絡んでくる。体格が大きいからまともに食らったらKOされてしまう。必死で避けまくったがハイ・キックまで出してきてもう勘弁して状態。

その後も地獄ヅキはするわ、ペット・ボトルを頭めがけて投げつけてくるわ、散々だった。飲んでいる時は以外におとなしく優しいUさんだったが、素面では乱暴者だ。質が悪いなあ。宴会の時の事は、途切れ途切れにしか覚えていない旨を言うと何とか許してくれたけど、覚えているんだったらしばくとの事。困った人だ。

その後、欲しくもないアダルトDVDを私に押し売りしようとするし。いくら失業中だからって同僚から儲けようとするなっての。今日は、月曜日という事もあって私はそれほどテンションが高くなかったから、静かにしていたのに。テンションが高くないと言うか、ニュートラルかな。

という訳で散々な日だった。でも体調はまあまあ良い。
0

2005/11/20  22:24

昨日は、ビールを飲まず、休肝日とした。というか特に飲みたいと思わなかったんだよね。睡眠薬も飲まなかったから、遅くまで起きていた。たぶん飲んでも眠気が来ないと思ったから、それだったら飲まないでいいと思って。その間、パソコンでフランク・ザッパのアルバムを片っ端からかけて聴きながらネット・サーフィンをしていた。気分は安定していたな。

ザッパはどのアルバムも良いが、個人的には『たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船』がかかると特にしびれる。難曲をテクニカルな演奏で走り抜ける様な所が快感である。後年、超有名になったスティーブ・ヴァイさん(g)もバンドの一員として、高度な演奏に貢献している。

パソコンで音楽を聴くようになって、音はステレオ(死語?)に負けるがアルバムを連続的に聴けるのが嬉しい。一々入れ替えなくてもいいから、BGM的にずっと聴いていられるのだ。私なんかかけっぱなしで聴きながら寝る事もしばしばやっている。寝ている時も聴いているのだ。こんなことやっているから疲れが溜まるのかな。悪い習慣?

天井裏に仕舞っていた妻の形見である石原吉郎さんや、茨木のり子さんの詩集を出してきて、いつでも読めるようにベッドの枕もとに置いておくことにした。妻が使っていたハンドル・ネームの“のり”というのは茨木のり子さんから取っている。妻は茨木さんの「汲む」(リンクを開いて下の方へスクロールして行くと読めます)という詩が特に好きでした。私も素晴らしい詩だと思っています。

本日は、1階の石油ストーブと灯油ファン・ヒーターが故障しているから、直して欲しいと父に言われたが、イマイチ活動的になれず炬燵に入りっきり。腰に問題があるから時々寝転んだり、又座ったり。
後で、父にどうせそんな事だろうと思ってたと言われてしまった。許せ父よ。

音楽をマハビシュヌ・オーケストラにチェンジし、炬燵に入って、あるWEB日記を読み耽る。その後、マンハッタン・ジャズ・クインテットにシフト。ああ、パソコンで鳴らす音悪し。

今日は睡眠薬の力を借りるべし。でないと明日から金曜日までもたない。
0

2005/11/19  23:41

本日は、起きた時はしんどかったが、その後、父が作ってくれていた焼きうどんを食べて安定剤を飲み、徐々に元気が出てきた。そして昨日か一昨日、父が物置から出して私の部屋に設置してくれていた炬燵の電源を入れてみると、炬燵の電球が赤く光らない。これはどこかが故障していると思い、面倒なので後日点検しようと思っていたが、父が私のことを思って、ドライバーで分解し始めた。父はメカに弱いのだが、過去に妹が電球が切れていてそれを替えたら直ったという記憶があり、今回もそうすれば点く様になると思っての行動だ。

クリックすると元のサイズで表示します

私は自分の部屋に入って来てそんな事を始められ、ちょっと困惑したが、父の父親としての優しさが理解できるようになって来たから、一緒に見てみた。そしたら、電球ではなく、温度ヒューズが切れていただけだった。最悪炬燵自体を買い換えなければならなかったので、温度ヒューズだけでよかった。

温度ヒューズはホームセンターに行って探したら見つかった。168円。これでこの冬しのげる。こうしてみると私の部屋も人が生活する部屋という感じに出来上がってきた。以前はただの箱で寝起きしている様な感じだったのに。自分自身生活力を取り戻しつつあると思う。まだ、仕事に就いていないが、仕事に就いてやっていく自信を取り戻しつつあるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、父が居てくれた事と、職業訓練所で電気という私に適合した訓練を受けている成果だと思う。そして、そこで色んな人達とダイナミックに接する事が、私の中のPOWERを呼び覚ます事になっているのだ。やはり人は人の中に入っていく事で、生命力が出てくるんだな。これからも少々の事で挫けないで毎日通おう。継続する事が大事なのだ。

父との関係も上手く行っている。前みたいに神経質にちょっとしたことで切れたりしなくなった。普通に接する事が出来る。家事全般を父にやってもらうという成人男性としては、情けないことになっているのだが、それはそれで甘えておこう。甘える事も大事だし、父も、そんな事を生き甲斐にしているかもしれないのだ。

家事と言うのは立派な職業だ。父は真面目に取り組んでおり、先日もレシピが載っている本を新聞広告で見て、私にインターネットで注文してくれと言って来た。昨日それが届いて、もう全部目を通したらしい。お金がかかる料理ばかりだと言って嘆いていたが、父は父で生活力を発揮している。私も負けておれない。私は私のやり方で社会復帰に漕ぎつけて、取り敢えず自分が生活できるだけのお金を稼ぎ出せるように頑張ろう。

父にはまだまだ元気で居て欲しい。母は59歳という若さで2000年12月にストンと亡くなり、私は親孝行らしきものは全く出来なかった。だから、後、親孝行できるのは父だけなのだ。私が活き活きと生きるのが親孝行に当たるはずなので、その意味でも頑張らなければ。
0

2005/11/19  14:15

K−1の勝敗予想  ロケットサラダの日記
K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦勝敗予想

第1試合/3分3R延長1R
○レミー・ボンヤスキー vs ●チェ・ホンマン 的中

第2試合/3分3R延長1R
●レイ・セフォー vs ○セーム・シュルト 的中

第3試合/3分3R延長1R
○ジェロム・レ・バンナ vs ●ピーター・アーツ ハズレ

第4試合/3分3R延長1R
○武 蔵 vs ●ルスラン・カラエフ 的中

リザーブファイト/3分3R延長1R
○グラウベ・フェイトーザ vs ●ゲーリー・グッドリッジ 的中

リザーブファイト/3分3R延長1R
○ステファン“ブリッツ”レコ vs ●バド・ハリ ハズレ

●第1試合の勝者 vs ○第2試合の勝者・・・Aブロック 的中

○第3試合の勝者 vs ●第4試合の勝者・・・Bブロック 第3試合の勝者であるアーツ選手が右わき腹骨折でリザーバーのフェイトーザ選手が出る事になったのでハズレ

○Aブロックの勝者 vs ●Bブロックの勝者 的中

前回観た感想では、ボンヤスキー選手、シュルト選手、バンナ選手、アーツ選手が好調に見えた。だから、その選手達が勝つと予想しているんだけど、バンナ選手とアーツ選手がぶつかるのでこれは迷った。どちらの勝ちも予想できてしまう。でも、総合の試合で秋山選手に勝った時の印象が強烈でバンナ選手が勝つと予想する事にした。この試合が一番ハードな試合になると思う。KO必死だ。

第2試合はどちらの選手も好きだけど、シュルト選手は大きいし身体が頑丈そうなので流石のセフォー選手でも勝てないのでは?と思っている。セフォー選手は前回ガオグライ選手に勝った事は勝ったけど、攻撃をかわすのが上手なガオグライ選手をなかなか捉えることが出来ず、私的には、ちょっとオーラが低下してしまった。

前回シュルト選手に敗れたフェイトーザ選手には期待している。前回はシュルト選手が強すぎただけでフェイトーザ選手が弱いわけではないと思う。ブラジリアン・キックと言われる途中で軌道が変わる蹴りが面白い。グッドリッジ選手には勝つのでは。

ボンヤスキー選手はバランスが取れていていい選手ですね。最近になってやっと、ああ、強いんだなと思えてきました。気付くの遅すぎ? ホンマン選手は物凄く大きいけど、ボンヤスキー選手が負けるとは考えにくい。

武蔵選手の戦い方は批判も多いが、私は、楽しめる。技術的にいいものを持っているんじゃないのかなと、勝手に思っている。判定でも勝てればよし。そういえば今回の武蔵選手は、「ボロボロになるまで戦う」と言っており悲壮な覚悟だ。カラエフ選手の事は全く知らない。強いの?

レコ選手は、総合の試合で何度もがっかりさせられて、私の中で興味の対象から外れてしまった。だから、あまり興味が無い。なんで、総合にチャレンジしたんだろう。そういう事をやっていたので、本来の打撃オンリーの試合の腕が落ちているんじゃないかな。バド・ハリ選手の事は全く知らない。

個別に予想を立てていくと、最終的にシュルト選手が優勝することになってしまう。これは自分でも意外な結果なんだけど、そうなるかな?

長らく格闘技を観ていなかったので、早く観たい。今日やっと観れる。もうちょっと短めの間隔で色んな格闘技の大会が地上波で放映されたら、モチベーションが高まるんだけどな〜。

バウレビの予想スレッドに参加しました。→BOUT Reviewの予想スレッド
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ