2007/9/30  22:18

本日いいなと思ったもの  ロケットサラダの日記
パフィー「くちびるモーション」

Gackt & Puffy-Gun Survival Game Part 1/3

Gackt & Puffy-Gun Survival Game Part 2/3

Gackt & Puffy-Gun Survival Game Part 3/3

個人的にはGacktさんの「アナザーワールド」にスティーヴ・ヴァイさんが参加して煌びやかで変態的なギター・ソロをキメてくれたら最高だろうなと思った。すごく合う様な気がする。

ガン・サバイバル・ゲームではGacktさんの言葉が優しくて何気にカッコ良かった。喋る時のタイミングとかも独特で面白い人だなと。

パフィーの「くちびるモーション」は完成度が高い一品だと思う。べつにパフィー好きではないんだけど、これは良かった。

あとソニー・ロリンズさんの『ワークタイム』のCDも聴いた。
0

2007/9/30  14:30

ブルー・トレイン  ロケットサラダの日記
昨日は給料日だったから仕事が終わってからサラ金の無人ATMに行ったり、コンビニのATMで2社の一月分の規定返済額を支払ってきた。あと2社のうち1社は口座から自動的に引き落とされる。残る1社の返済日は15日だからそれはまた日を改めて。面倒臭いが、あんまり早めに返済すると規定の返済としてカウントされず、特別に収入があっての返済とみなされるからだ。しんど。

帰ってからは父がテレビでK−1があると教えてくれたので観る事に。しかしあれを2時間見続けるのはキツいなぁ。何と言えばいいのか、さして面白くないのだ。もういいから早く終わってくれと心の中では思っていた。

どの試合も、というより、どの選手も大して求心力があるわけじゃなかったな。ボンヤスキー選手も現在のトップファイターという事だけど、ホースト選手がイキの良かった頃と比べると数段見劣りするし。

まあまあだったのは澤屋敷選手かな。バンナ選手をKOした事は聞いていたけど、実際に映像で観るのは初めてだった。日本人の中ではなかなか良い選手ではないかな。対戦した藤本選手はなんか私が観る時はいつも転がっている印象がある。ボビーとの試合の時なんか投げられまくっていたし。K−1史上最も転がる選手な気がする。

あとアーツが強かったのは、おお、流石ヌリカベと言われただけの事はあると思った(特に意味無し)。対戦相手のセフォー選手の調子が悪かったというのもあるけど、調子が悪くなくてもアーツ選手が勝っていた様に思う。セフォー選手は贅肉付き過ぎ。なんなのだあのブヨブヨした体は。あれだったらあのリングに上がる資格がないと思うけどな。

もう一点思った事はホンマン選手とマイティ・モー選手は総合格闘技に転向して欲しい。どちらもその方が面白いと思う。きっと強いんじゃないかな。

スタン・ザ・マン選手とかいた頃が懐かしいし、面白かったなぁ。

格闘技通信のヒクソン氏独占インタビューを読みたいけど、本屋に行く気力なし。もう発泡酒飲んじゃったし。今はジョン・コルトレーンさんの『ブルー・トレイン』を聴いています。
0

2007/9/30  12:44

9月30日(日)  ロケットサラダの日記
例によって土曜日も仕事だったし、金土曜日以外は毎日残業だった。初日からずっと気持ちの調子が悪くて仕事にも集中できずとても苦しかった。特に水木曜日は最悪な状態で、もの凄く会社を休みたくなったし、これはもう休むべきだとも思ったけど、休んだ所で楽になれるわけでもないし、休んだ分給料がガクーンと少なくなるから行くしかなかった。

その日は朝から父にもうあかん〜とか言っていたので父も心配して、会社まで車で送ってくれた。でも、「やっぱりわしにぶら下がって来やがった」という一言がキツかった。

睡眠薬がきれているから前の夜まともに眠れなくて、ずーーーと悪い夢とか想念に悩まされて神経がもたなくなっており、もう死にたいと思いかけるところまで沈んでいた。

でも出勤したらなんとか働けた。とは言っても心は暗く沈んでいたから、幾度となくミスをやらかす日々が続き、昨日も勘違い、抜けなどのミスをした。その度に指摘されるわけだけど、何度もあったから言い訳も苦しくなって来てめちゃカッコ悪かった。その事でも凹んでいる。なんでこうミスばかりしてしまうのか。

明日からは新たな仕事にも取り組まなくてはならない事になっている。それもまた不安だ。今度のはあるユニットに電源線を繋いで作業を進めるものだから、線の±(というか+とゼロボルト側)を繋ぎ間違えそうで怖い。間違えたらもちろん壊れるだろう。

これがまた、間違いそうなものなのだ。自分は電気の仕事をしていた経験があるが、それは主に交流を扱った仕事だったから線の色は黒がプラスで、白はゼロボルトと脳に染み付いている(交流だから±ではなくて位相の違いなんだけど話が難しくなるので便宜的に)。職業訓練所でも電気工事の勉強で、例えばコンセントに繋ぐ線は白がゼロボルト(グランド)、黒が100ボルトであると叩き込まれている。

だけど現仕事でこれから扱うものは直流機器であり、黒い線がゼロボルトで白が電位が高い方になっているのだ。交流とは配色が逆になっているし、赤がある場合も有りややこしい。なんか嫌な予感がする。自分はおっちょこちょいだしよく勘違い的なミスがあるからまたやってしまいそうで怖い。

調子の悪さはこれからもずっと続くだろうから、その中で自分をコントロールしてミスをしない様にしていかなければならない。そんな日々に耐えて行けるかどうか。

今ではモチベーションも何もなく苦痛を感じながらダラダラと作業している。だから時間の進み方がとても遅く感じられ、なかなか帰る時間にならない。

これから自分はどうなって行くのだろうか。
0

2007/9/24  19:46

9月24日(月)休日  ロケットサラダの日記
今日は、というか休日はいつもだけど、家でゴロゴロしていた。すると昼前頃に父が2階に上がって来て、「おい! ○○ちゃんが来ているぞ! はよ出んかい!」と言って来た。私は、何も怒った様に言わなくてもいいだろうが!と言いながら服をパジャマから着替えて出て行った。

○○ちゃんとは、中学時代からの友人である。彼は突然ひょっこり尋ねて来る。今までにも何度か来たらしいが、呼び鈴を鳴らしても誰も出て来ず帰っていたらしい。私は残業の日も多いし、最近は土曜日も毎回出勤しているから、そういう時に来ていたんだろうな。若しくは休みであっても、発泡酒をかっくらって寝ている時に来たとか。

そして恒例のドライブへ出かけた。彼は私と違って順風満帆の日々を送っているから、北海道やハワイに旅行に行ったりしていたそうだ。でも、40超えてからしんどさを感じないかと言う。そりゃもうおもいっきりそれは感じていると話した。若い時とは明らかに違うよなと共感しあった。

でも、そういう旅行に行ける元気があるだけ彼には余力があると思う。

借金の事についても色々話を聞いたが、年利であっても複利だから利子に対して更に利子がついて行くよと言われて、凄く暗い気持ちになった。そうか、そういう風になっているのかと、漠然としか知らなかった事がはっきりわかったからだ。概算で計算してみると元金が大きいので利子だけでもビビる額になる事も分った。

そしてその利子を払えなければ、それに対しても利子がかかってくるからお先真っ暗だと思った。

そんな訳で意気消沈して帰宅し、借金をしている人のブログを色々読み漁ってみた。でも、なんだか、みなさん、収入が多いのか、借りている金額が少ないのか分らないけど、それほど暗い文章ではなかった。不思議だ。

考えられる事は、借金がある無しに関わらず、元々自分はベースの部分で妻、母、妹の死があり、そこから完全に立ち直るまでに借金地獄に移行しているからかもしれない。べつに私だけがそうなのではないだろうけど、私は今日暗い。

友達にはもし私が死んだらどうなるのかまで聞いてしまった。その場合遺産相続人が父の場合、父が相続を放棄すれば借金を引き継ぐ義務はなくなるとの事であった。だったら、そのうちもう死のうかななんて頭をよぎったが、それはそれで知識として頭に置いておくだけにして、行ける所まで行かなければと自分に言い聞かせている。

大体にして、妻が死んだ歳までまだ到達していない。少なくともその歳までは頑張る事を当面の目標にしよう。

で、苦しいから早めに睡眠薬を飲もうと思って台所に飲みに行ったらデパスはあったけど、ユーロジンがないではないか! 昨日はあったのにどこへ行ってしまったんだ!と一人でブチギレた。効く効かないは別として先ずは飲まないと気が済まないのに。くそったれが!しょうがないと思い、デパスだけ飲んだ。

今日は精神的に追い詰められて自律神経までが不調になり、身体がカーとしたり嘔吐感があるから余計に薬が必要だったのに。こんな事では明日からの仕事が心配だ。少しでも元気になって仕事をしたい。ユーロジンが見つからないから自力で心を休める様になんとかしなければ。

そういえば借金返済系のブログのコメントで「もう読むのがつらいので、ここにくるのはやめようと思います」というのがあった。これってきついなぁ。でも、管理人はその後も記事を更新しているので、ちょっとホッとしている。私も頑張るからその人も負けないで欲しい。と自分に言い聞かせつつ。
0

2007/9/24  0:04

浜口京子選手  ロケットサラダの日記
テレビでレスリング世界選手権2007を観ていたんだけど、あの浜口京子選手が前に反則である頭突きをくらって鼻を複雑骨折して何故か負けになった相手にまたもや不可解な裁定で負けてしまった。柔道にしてもそうだけど、なんでこういう事が起こるのか。選手が可哀想だし、真面目に取り組んでいる意味が分らなくなるんじゃないのかな。

審判団はせめてビデオを観て検証ぐらいして欲しいものだ。勝敗を決めてから観ても遅いっちゅうに。

その後浜口選手は敗者復活戦でフォール負けをしてしまいメダル獲得ならずに終わったが、それは不可解な判定の後だったから気持ちが萎えていたのかもしれない。そういう流れになってしまった様に思える。一番悔しいのは浜口選手だけど、私も悔しい。

伊調姉妹は揃って金メダル。これは素直に凄いなぁ。
0

2007/9/23  21:26

UFC76  ロケットサラダの日記
PRIDEで脅威の強さを見せつけたマウリシオ・ショーグン選手もUFC76でフォレスト・グリフィン選手にチョーク・スリーパーで負けてしまった。この選手までもが負けるとは思っていなかったのだけど、現実は厳しいなぁ。こんなんだからそのうちヒョードル選手も負けて株をおとすのではないかと思ってしまうのだ。

中村和裕選手もLYOTO選手に判定だけど負けたし、小見川道大選手もマット・ウィーマン選手に判定で敗れた。吉田道場勢(と言っても2人だけど)あきませんな。

なんでPRIDEなどの日本の大会で活躍していた選手がUFCでこうもポロポロ負けるのか。向こうの方がレベルが高いのだろうか。それともリングとオクタゴンの違いやルールの違いのせい? テレビで放映してくれないから全然分らない。

(結果) [UFC] 9.22 米国:リデル、ショーグン、中村、小見川敗れる
0

2007/9/23  17:32

本日は、というか休みの日は、疲れが溜まっていて、身体に異常があるのかと思ってしまうのだけど、一応朝には目が覚めてしまう。疲れているから持続的に眠れればいいのだけれど、そうは行かないのが難しいところだ。

一旦起きて、ちょこっと発泡酒を飲んだりして、また眠ったり、起きたりの繰り返しで、空回りしていた。起きている時は珍しく電気の専門書をちびっと読んでみたりしながら。

が、15時ぐらいに本格的に目が覚めて来た。腰を含め身体がどこまでもつか不安を感じながら、アンドレス・セゴビア(ギター)のCDをかけて癒されていた。

ウェブでは在宅ワークの仕事にどんなものがあるか閲覧しながら。

どうせなるようにしかならないので、音楽をYBO2に変えて聴いていたら、51歳の人にこのバンドの「ドグラマグラ」という曲を送ってみようという気になった。送信したのだけど、どういう感想を持つのかな。

バンドのフロントマンの北村昌司氏は1年ぐらい前に49歳という若さで逝った。何かの病気だったのだろうか。この人は音楽雑誌フールズメイトの初代編集長で自分も読んでいたのでかなり影響を受けた。でも担当楽器のベースはお世辞にも上手いとは言えない。

音楽では下手だったり、センスがなかったりは致命的だから、その点が汚点かな。だけど既存のレールに乗らないキテレツな音楽性は充分評価できる。

だから今でもたまに聴いている。
0

2007/9/23  8:26

格闘技の妄想  ロケットサラダの日記
ヒョードルvsヒクソンが囁かれているけど、それだったら私も興味があるな。ミルコバブルが崩壊して、ヒョードル選手だってそうならないとも限らないから今のうちに実現して欲しい。賞味期限が残っている間に戦わないと美味しくない。

もし実現したとして世評では圧倒的にヒョードル選手有利と思われているだろうけど、私としてはそこをなんとかヒクソン氏が制圧するような気もする。ただ歳が40代後半で見た目もおっさん化しているのが心配。お腹が出てしまったとか、そういう事ではなくてちゃんとグッドシェイプを保っているんだけど、だからと言って若い頃の肉体と同じなはずがないから。

私がこのカードならヒクソン氏が勝つ様な気がして来たのは、既にヒョードル選手の価値が下がりかけているからだ。UFCでのミルコ選手の惨敗がそう思わせる。ヒョードル選手もUFCに行ったとしたらチャンピオンになれないのではないか。要するにPRIDEでのあの熱き戦いは幻想でしかなかったのではないかと思いつつあるのだ。

ヒクソン氏の戦い方は見た目はぶさいくだ。だけど、いつでも極める事を狙っている。あれはスポーツではないと私は思っている。過去の数々の発言もスポーツ選手の言葉というより、武道家のそれであり、一般人と次元が違うレベルで思考している感じを受ける。

あと1試合したいと言っているので、今度こそ是非実現して欲しい。そして相手がヒョードル選手であって欲しい。
0

2007/9/21  21:58

おっぱっぴー♪  ロケットサラダの日記
なんだろう、何かの中毒症状かな。指が震えるんだけど。と言っても大して気にしてない。疲れているだけかもしれないし。疲れている時はよくまぶたも痙攣するし、鼓膜もポコポコする。自分では疲れていると自覚していなくても。身体だけではなくてどこか分らないけど、どこかが疲れている時にそうなるのだろうと勝手に思っている。

最近寝る前にカップ麺を食べる習慣が付きつつあるから要注意だ。さっきも食べてしまった。ストレスなのか何なのか分らないけど、食らってしまうのだ。ストイックさを取り戻さなければ。

さっきまで何をしていたかと言うと、51歳の人にアンドレス・セゴビアの「アルハンブラの思い出」、佐藤公彦(ケメ)「通りゃんせ」「バイオリンのおけいこ」、ウイルマ・ゴイク「花のささやき」、JINMO「宝殿独吼曲」等を送りつけていた。

灰野敬二さんの「慈」もチャレンジしたけど1曲58分もあるから容量オーバーで送信できなかった。これは聴いて欲しい1曲だったのだけど。また今度灰野さん関連の短い曲を送ろうと思う。

こうして音楽的交流が出来るのは楽しい。趣味・嗜好は違えども、おや、この曲いいじゃないかと新たな自分と遭遇する事もあるから。氏から送られて来たのは猫の「各駅停車」と知らない女の人の曲。この女の人が誰なのか後日確認する予定。

しかし、昨日今日と携帯電話に知らない所からの着信が入っていて不気味。一つは番号非通知、一つはかけなおしても知らないと言われた。もう一つは現在この番号は使われておりませんとアナウンスが流れた。こういう事は初めてなので、何気に狙われていたりして。

明日も仕事なので嬉しいが、お疲れモードにはなっている。ここを踏ん張って習慣化すればお疲れモードも克服できるはずだ。関係ねぇ関係ねぇ、オッパッピーの精神で行くべし。

小島よしお 動画

追伸:送信されてきたアーティストは柴田まゆみという人でした。ポプコンで有名だとか。
0

2007/9/21  18:23

一昨日51歳の人が貸してくれた『フォークビレッジVOL.4 東芝EMI編 URCコレクション』というCDを聴いている。これを貸してくれたのは私が「休みの国」というバンドに少し興味を持っていると話したからだ。何故興味を持っていたかというとこのバンドはジャックスと親交があったらしいからだ。

曲目

DISC1
1.受験生ブルース/高石友也
2.遠い世界に/五つの赤い風船
3.血まみれの鳩/五つの赤い風船
4.大ダイジェスト版 三億円強奪事件の唄/高田渡
5.主婦のブルース/中川五郎
6.腰まで泥まみれ/中川五郎
7.それから/六文銭
8.五年目のギター/六文銭
9.マボロシノツバサト共に/五つの赤い風船
10.自衛隊に入ろう/高田渡
11.夜汽車のブルース/遠藤賢司
12.ほんとだよ/遠藤賢司
13.教訓T/加川良
14.終わりの季節/西岡たかし
15.満員の木/西岡たかし

DISC2
1.追放の歌/休みの国
2.サルビアの花/早川義夫
3.NHKに捧げる歌/早川義夫
4.あかりが消えたら/愚
5.悩み多き者よ/斉藤哲夫
6.春よ来い/はっぴいえんど
7.花いちもんめ/はっぴいえんど
8.はいからはくち/はっぴいえんど
9.プカプカ/ザ・ディランU
10.夢は夜ひらく/三上寛
11.この世で/シバ
12.もう春だね/友部正人
13.み空/金延幸子
14.時にまかせて/金延幸子
15.悲惨な戦い/なぎらけんいち

取り敢えず一通り聴いた所では元々知っている曲やアーティスト以外では、興味のあった「休みの国」が良かった。はっぴいえんどはCDを持っているけど元々好きではなかったので単に退屈なだけだった。

先日51歳の人にジャックスの「マリアンヌ」を添付して送信したのだけど、感想は「コメントは控えさせて頂きます」だった。「ああいうおどろおどろしいものが好きなんですか・・・」と言われただけ。

「ラブ・ゼネレーション」も同時に送信していたので、それもおどろおどろしいですか?と聞くと「うん・・・」だって。つまりボーカルの早川義夫さんのあの情念の塊の様な感じが好みではないのだろう。逆に私はそこに感銘を受けるのだけど。

「マリアンヌ」と「ラブ・ゼネレーション」は私にとっては絶対的な名曲だ。国内ROCK史上稀有な例で唯一無比。他国の歴史に残るバンドに勝るとも劣らないものだと思っている。一般的にはアングラとか言われて片付けられるかもしれないけど。
0

2007/9/18  22:16

9月18日(火)  ロケットサラダの日記
本日は体調は良かったが、残業中にちょっとした失敗をしてしまった。ある製品の分解調整中にカバーを落としてしまったのだ。慌ててなんとか落ちる途中で掴もうとした為か、右手の皮膚を少し切ってしまい血が出た。結局落下してしまい、拾って見てみると角が傷んでおり、仕方なく上長に報告した。

すると以前に出た不良品からその部分だけいいとこ取りをして交換してくれという事だったが、本来これは会社の財産だから損害を与えると始末書を書いて、職場全体で対策を錬らなければならなくなるという事を言われた。

なんでこうおっちょこちょいなのか自分が情けなくなった。同じ過ちを2度と繰り返してはならないが、私も人間なので、物を落とすという事はこれから先絶対にないとは言い切れない。だから不安だ。

自分は派遣社員なので失敗が目立てば簡単にクビを切られるかもしれないからプレッシャーもひときわ大きい。気楽な派遣社員なら問題ないのだろうが、自分の場合は背水の陣の派遣社員だからクビなんてとんでもない。

そんな事もあって気持ちはあまり良くない。

だから帰ってからも音楽を聴いていない。そんな気分になれない。本日も良く眠れる事を願う。満足の行く眠りが出来た時は起きた時に気分が一新されているから。

明日は仕事が終わってから用事で出かけなければならないから、それも気が重い。
0

2007/9/17  22:54

9月17日(月)  ロケットサラダの日記
今日は昼頃に父が外食に行こうと言って来た。私は気分が乗らないから止めておこうと言ったのだが、父は行きたがっていた。よく考えてみれば今日は敬老の日だ。だから父に付き合う事にした。

自分はもし外食するなら焼肉がいいと思っていたのでそれを提案すると、お前また焼肉かいなと言う父。私は普段肉を絶っているけど、こういう機会には肉を食べようとかねてから思っていたのだ。父自身も焼肉が嫌いという訳でもないし。

そして普通なら焼肉屋は17時頃から店を開けるものだけど、最近近所の開拓が進み、そこに出来た店なら昼でも開いているだろうという事で行って来た。予想通りその店はやっていた。

デジカメを持って行けていたら写真を撮ってアップする所だけど、残念ながら最近はそういうエネルギーがない。味は普通だったけど、値段は高めだった。

店は繁盛していた。場所的にいい所にあるからだろう。場所自体がブレイクしている。私は大して食欲がある訳でもないのでちょろっと注文しただけなので、父がもっと食べたい、チャーハンが食べたいから2件目に連れて行ってくれと言われた。承諾したが、車に乗る前に俺はもう食べられないと言うと、じゃあ、帰ろうという事になった。

基本的に私は食欲不振なので仕方がない。ただ発泡酒を飲んだ後は何か食べたくなる。だからタイミングによるのだ。

帰ってからは矢吹健さんのCDなんぞを聴いておりました。漫画『マカロニほうれん荘』で一時代を築いた鴨川つばめ氏推薦の人です。グッと来る演歌です。

それからジェネシスの『幻惑のスーパー・ライヴ』も。プログレというと4大バンドが有名だけど、それ以外にもとんでもなく素晴らしい作品を残しているバンドも幾らでもあるのでまだまだこれからです。

世界柔道選手権では谷亮子選手がジョシュネ選手にゴールデンスコア(延長戦)に縺れ込んで勝った。やっぱりヤワラちゃんには華がある。一時も目が離せず、結末には鳥肌が立った。総合格闘技も柔術も関係ない、柔道だ。ライバルであるジョシュネ選手が強かった事は間違いないが、最終的に勝ってくれた。こういうのなら納得できる。誰が日本柔道を体現しているのかと言えば谷選手だと思う。優勝決定後のインタビューで泣いていたので、私も貰い泣きした。

男子の棟田選手は以前からキレがあって好きな選手だったけど、ここぞと言う所で負けてしまう場面が焼き付いていてどうなんだろうと思っていたけど、やってくれた。よかったよかった。

続いてHERO’S。桜庭vs柴田。何なのだこの柴田選手っていうのは。前回のハレック・グレイシー戦もがっかりさせられたし、今回も似た様な展開と結果だった。師匠の船木選手の良くない所だけを後継している様な気がする。未だに柔術対策が出来ていない時代遅れのファイターだと思う。

桜庭選手は「お兄さん、そろそろ僕らも歳なんで、試合お願いします」とヒクソン氏に対戦を要求していたが、個人的にはそれはもういいでしょって感じ。それだったらヒクソンvs秋山の方が観たいな。桜庭選手は船木選手にも対戦を促していたけど、それは桜庭選手が勝つんじゃないかな(当社比)。船木選手も柔術対策が出来ていない気がするから。ブランクも尋常じゃないし。あ、船木vs秋山でもいいかな。

ミノワマンvsケビン・ケーシーはケーシー選手のヒクソン氏ばりの密着戦法がなかなか良かった。ミノワマンは粘着されて何にも出来ない。と思ったら打撃が入る距離が開いたとたんあっという間にパンチ(右フック)でミノワマン勝利。この人はノリが良くて熱いのでまあ好きな部類だ。足関節技が鮮やかなんだけど、今回はそれは出なかったな。

山本KID徳郁vsビビアーノ・フェルナンデスはナビゲーターの井上和香さんが安心して観ていられると発言していたが、私には全然そうは見えなかった。めっちゃヤバい応酬だったと思う。スピードも1Rはフェルナンデス選手の方が速かったと思う。 後半失速したけど、それでも関節技、絞め技が極まりそうな気がしてヒヤヒヤした。判定は3−0でKID選手だったけど、そんなに圧倒的な差があったかな。あの試合は厳しいものだったと思う。

カルヴァンvsシャオリンは、ある程度予想は出来ていたけど、あそこまで圧倒的な展開だとは思っていなかった。シャオリン選手も強いはずなんだけど、カルヴァン選手が強過ぎるのだ。この階級で最強ではないかなとこの時点では思った。優勝するでしょって。

と思っていたらやっぱり優勝してしまった。強い。

矢吹健「あなたのブルース」歌詞
0

2007/9/16  23:59

9月16日(日)  ロケットサラダの日記
土曜日会社から帰宅して、発泡酒を飲んだり食事を摂ったりした後、睡眠薬と抗鬱剤を飲んだらそれが効いて眠たくなり、久し振りによく眠れた。起きたのは日曜日の正午ぐらい。起きてからは発泡酒を飲んでモアイでジミ・ヘンドリックスの『ボールド・アズ・ラブ』とベック・ボガート&アピスの『BECK,BOGERT&APPICE』を鳴らした。

ヘンドリックスさんの方は言わずもがなで素晴らしいがBB&Aももちろんカッコいい。でもアルバム全体としては全ての曲がいいという訳でもないかな。後半どうでもよくなって来る。

レッド・ツェッペリンはなんとなくアイドル・バンドみたいな感じがしてイマイチ乗れないんだけど、BB&Aはそんな事無く、熱く聴ける。3ピースのハードロック・バンドとしてはかなり強力。こういう形態と音楽性は私の好みだ。

先週会社で51歳の人とジャックスの話をした事もあって、今日はジャックスを聴いた。これは特にモアイで聴きたいという訳でもないのでパソコンで。 51歳の人にメールに「マリアンヌ」を添付して送ったのだけど、少なからず衝撃を受けたと返事が帰って来た。でも、木田高介の方が興味があると書いてあった。ジャックスと言えば私は早川義夫さんに尽きるんだけど、全然違う角度からの視点なので驚き。

そして今日も音楽を聴いている時以外は寝ていた。それがまたよく眠れて気持ち良かった。22時ぐらいまで寝ていたかな。なんか一週間の疲れが溜まっていたのか、珍しく健やかに眠れた。いつもこうだったらいいのに。

起きてからは冷蔵庫に缶コーヒーがあったからそれを飲んだのだけど、糖分満載なので心配だ。夜中にこんなものを飲むと体に蓄積されるのではないかな。ダイエットに逆行している。

今は気分は悪くないが、食欲はない。特別何かをしたい事もないし、無風状態だ。何も考えたくない。

そういえば先日テレビで世界柔道選手権をやっていたからちょこっと観てみたけど、100キロ超級で出場した井上康生選手がドゥイエ氏の弟子である18歳のテディ・リネール選手に負けた。私的にはシドニー五輪100キロ超級で篠原信一選手がドゥイエ選手に不可解な判定で負けているから仇をとって欲しかったけど、またしても負けたので屈辱的だった。

井上選手は極真空手で一時代を築いた数見肇選手(現ライコンドー)と共に総合格闘技への転向が期待されていた事もあったが、今回の試合を観る限り、転向してもさして良い成績をあげられない気がする。なんか非情さがないというか。

100キロ級の鈴木桂治選手もよく分らない裁定で負けた。斉藤監督も顔を真っ赤にして怒っていた。最近、柔道の裁定基準がよく分らない。投げた後鈴木選手は勝ったという顔をしていたけど、結果は負け。なんでこういう事が度々起こるのか。投げが完了した時点で終わりではなくて、その後の体勢も判断材料になるのだろうか。

まあどちらにしても、大して面白くはなかったので、そそくさとテレビを消した。総合格闘技的な視点で観れば投げたら終わりという事自体に不満がある。総合格闘技ではむしろグラウンドになってからが勝負だから。そこから考えればやっぱり柔道よりも柔術の方が実戦的だ。

最近はWECのバンタム級タイトルマッチでヒクソン氏の弟子のハニ・ヤヒーラ選手が王者のチェイス・ビービ選手に判定3−0で敗れたし、UFC75でミルコ・クロコップ選手も負けたし、つまらないな。

HERO’S(9.17)でミノワマンと対戦するケビン・ケーシー選手もヒクソン氏の弟子らしいけど、どの程度の実力の持ち主なのだろう。もし、起きていたら観てみるかな。

HERO’S9.17
0

2007/9/13  23:59

9月13日(木)ダイエット順調  ロケットサラダの日記
カップラーメンの汁を飲まなくなった時、家で食べる食事から肉類や卵も排除して野菜中心にしていたんだけど、体重計に乗ったら59sだったのが57sになってた。2kg減量出来ている。60sあった時から考えれば3kgの減量だ。嬉しいと同時に食事の影響は大きいんだなと実感している。

朝は白飯と日干し2尾と漬物少々といった様な粗食に近い軽いもの、昼はカップ麺か食べないかどちらか。夕食は野菜もの(鶏肉は可としている)。基本的に白飯は朝しか食べなくて、夕食時はおかずだけ。てな感じです。

おかげでベルトが緩く感じるようになって来たので、3cmほど切りました。

今週は月火水と残業だったのでお疲れモードだったけど、今日は定時だった。疲れていても残業はどしどしやっていかないと返済が間に合わなくなったら歯止めが利かなくなるから耐えて行かねば。
0

2007/9/10  4:50

高報酬短期アルバイト  ロケットサラダの日記
常々借金返済の為の高額報酬アルバイトがないか気にしていたが、ある事はあった。でも見てみると関東ばかりで近隣ではやっていない様子。それに現在働いていて、暇がないから出来ない。それでも万が一会社を解雇された時などに役にたつかもしれないので頭の片隅に置いておく事にする。

アルバイトとしてはこれ以上ないというぐらいの高額報酬である。

これです → 新薬ネット

無料で使える金利計算ソフトを検索していて見つけました。私のスキルではエクセルで作成するのは不可能なので。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ