2005/5/17  0:02

治療の日。  現在の治療
今日は、主治医の都合で新しくきた医師の診察だった。(病室で急変があったみたい?よく分からないけど)。白血球は3100。タキソテールを120にしてからやはり白血球はあまり下がらない。この程度がいいのだろうけどね。今日の医師は30代半ば。テンションが低い感じで言葉数は少ないけど、私の話はよく分かってくれていい感じだった。

熱の原因の一つも私の話から、それがあるからかも知れないねと言われ、私は前々からそう思っていたから、一致できて、また対応策も教えてもらったので少し先が見えたので嬉しかった。この医師が主治医でもいいななんてちょっと思っちゃいましたよ(笑)

でも、今の主治医の方が治療の経験値が高いと思うし、私にはそういう医師が今必要なので、今の主治医と信頼関係を育てて行きたい。

今日は腫瘍マーカーの検査はなし。でも肝機能がまた悪くなっていたので、きっと癌も悪くなっているのだろうなって思って、ブルーな気持ち。

今回は熱もあまり出なくて、抗生物質を飲まないで乗り切れたのが嬉しい。抗生物質は免疫力も下げるので飲まないで済むなら飲みたくない。今回は熱が出ないようにしたい。抗がん剤の効果と体調のバランスが取れるような治療を目指して明日からも、諦めず地道に頑張る覚悟。

今日のレジメン。タキソテール120、アレディア90。

はあー、今日もぐったり。
0

2005/4/26  13:02

必至。  現在の治療
昨日は治療日。しかし、朝から排尿時痛と残尿感、頻尿でなかなか外に出かけられない。ロキソニンを飲んで痛みや炎症が治まるのを待つ。やっと外出できそうになったので、予約時間より2時間遅れで病院へ。血液検査とレントゲンをして、2時間待ちで診察室へ。

血液検査結果はかなりショック。腫瘍マーカーは悪化。肝臓機能も悪化。栄養状態も悪化。たった7mgタキソテールを減量しただけでこの結果なんだよね。レントゲンは胸水も溜まってないし、肺も綺麗。骨盤の転移も骨が形成されて来ていた。問題は肝臓だ。

127mgに戻してくださいって言ったら「120mgでも○○さんの身体は負けているじゃないか、このままじゃ使えなくなるよ。127mgっていうのは日本では副作用が出ないで使える人は10人に1人ぐらいなんだよ」と言われた。返す言葉なし。

今の私の問題は感染症だ。「ノイトロジンを打ちに這ってでも来ます」と主治医に伝えた。今回の白血球は3700。感染症により上がっている可能性大。あと抗がん剤があまり効いてないと白血球もあまり下がらないことがある。どちらか分からない「今日も治療できますか?」と聞いたら「症状に目をつぶればね」ということだったので、目をつぶってもらうことにした。抗生物質が新たなものに変わっていた。今回の薬の方が効く菌の幅が広いそうだ。次回の治療まで2回病院へノイトロジンを打ちに行くことになった。主治医も精一杯の方策を頭を悩ませながら考えてくれた。

今度は私が精一杯頑張る時間。私が出来ること。低カロリー高蛋白食を食べる。日常の動きをなるべく均一化する。調子が良いときも悪いときも同じぐらいに動くということ。熱が出てるときはなかなかそうできないのがつらいが、今回は動きのコントロールをより厳密にし、熱が出ないようにすることを目指す。主治医にも言われたけど、食後1時間は横になる。(肝臓への負担を減らすため)。軽いストレッチを5分ぐらいする。

昨日のレジメン。タキソテール120mg(7)、アレディア90mg。

今日の具合は身体が重く、だるい。浮腫みが強いようだ。歩くと左臀部の下がやや痛む。
0

2005/4/4  21:52

新しい主治医。  現在の治療
今日から主治医の交代。予約患者はそんなに多くないがゆっくりした診察で、診療が進んでいる。いつもと同じぐらいの待ち時間で診察室に呼ばれる。

今までの治療をカルテをめくって振り返りながら確認していく。私は今日、あらたな経験をした。主治医に質問されるという経験だ。今までの主治医は「具合どう?」ぐらいのことは聞くが私がぼそぼそと話すのを聞いてふんふんと聞きながら、いつも次の話題に話はいってしまうので頭に浮かんだことを話してればよかったんだけど、今度の主治医は難しい質問をする。

「今、一番辛い症状は何?」って質問だった。なんか、考えてしまったよ。一番とか二番とか考えたこと無かったし、そのときによって違うし。一応「肝臓のあたりの灼熱感」って答えたんだけど、動悸や息切れかなーなんて後から思った。

今日も相変わらずだるいモードで、あんまり考えられないの。ぼう〜としてね。前回の治療後の経過を話したけど、抗生物質を自分で調整してしまった話とか、主治医から突っ込みどころ満載。二度も言われました。「連絡してくださいよ」と。

それで、抗生物質は今まで多めに出してもらっていたけど、今日は最低限しか出してもらえなかった。熱や白血球の推移で、タキソテールも今の量だと強すぎるということで減らされた。私もこの状態だから、仕方ないなと思った。なんせ、だるいし熱の出方も高すぎる。主治医の仰る通り。量を減らしても薬が効いてくれることを願うばかり。身体がもたなくちゃ仕方ないものね。

エコーしたり、なんだかんだで30分〜40分の診察を終える。私の手ごたえとしては新しい主治医とも上手くやれそう。治療も納得できるし。

今日も腫瘍マーカーがまたまた下がってた。このまま基準値まで下がってくれることを願う。白血球3100、血小板19、肝機能は若干上がり気味(薬の副作用か?)TP、アルブミン下がり気味。タキソテール120(6)、アレディア90をする。点滴後血圧も前回ほどではなかったがやはり高かった。

ぐったり。
0

2005/3/14  20:29

主治医が変わる。  現在の治療
主治医から「元気そうだな」って言われながら、診察室に入ると「今月一杯でここを辞める」と言われた。ショックで暫く唖然としてしまった。系列病院への配置換えではなく、主治医の希望による退職らしい。(たぶん、引き抜きだろうなって思った)今度の病院は私がとても追いかけて診てもらえない遠い場所。経験や知識、人柄ともに信頼していた主治医なので非常に残念だ。

主治医の交代はこれで2度目。私にとってはとても大きなことだし、ストレスでもある。でも医師が変わることによって今までの治療が一通り見直されて、新たな展開があるかもしれない。前回主治医が変わったときはそうだった。今度の主治医は入院中何度かお世話になっているので顔見知りでもある。今の主治医より10歳ぐらい若いが医師としては働き盛り。当たりがソフトで、患者の話を良く聞いてくれる良い医師だ。

診察終了後、帰宅してもそのことが頭から離れず、色々考え込んでしまった。医師と上手くいかなければ病院を変わるしかないし、上手くいかないっていうのは治療にたいして意見が違うってことだけどね。私の場合は。ともかく今を繋ぎたい。医師であれば根本的には同じ意見のはず。

再発当初は、治癒を目指していたりしたけど、一通り薬を使ってみて、一度も癌が消えなかった。これは誰のせいでもない事実で、抗がん剤の効きの問題だ。今は新たな薬の開発を待っている。

今を繋げる治療だが私はいつも果敢に闘うつもり。そのための努力もしたいし覚悟もある。そんな私の姿勢を主治医に理解してもらい、私にとって一番良い治療の選択肢を薬をチョイスしてもらえれば良いと思ってる。

本日は白血球2600やや低め。TP、アルブミンもいつもよりやや低め。栄養状態も若干悪いようだ。腫瘍マーカーは確実にCEA、CA15−3ともに下がっていた。治療には特に問題なくいつものレジメン、タキソテール127(5)アレディア90を行う。

結局、痺れと浮腫みが治療当日まで残っている。本日から利尿剤4日間内服追加。
0

2005/2/21  22:13

主治医、休診。  現在の治療
今日は治療の日。眠気が残る目覚めで病院に。

外来に行くと突然の主治医休診の文字。入院中お世話になった若い医師が代診で出てる。いつもと同じぐらいの待ち時間で中待合に呼ばれる。主治医が休みなので治療が変わるようならどうしようかと頭を巡らせていた。

中待合で私の前の人が診察室を出ていったがなかなか、呼ばれない。30分ほどが過ぎる。きっと、私の分厚いカルテを見て状態を把握しているのだろうと思うが、疲労感が身体に押し寄せてくる。

医師に呼ばれ、検査の結果を見ると、腫瘍マーカーは下がっている。劇的ほどではないが良くなってるのははっきりしてる。白血球も3100.治療に問題はない。特に問題も無く主治医のいない診察は終わる。ほっとする。

タキソテール127(4)、アレディア90。同じレジメンで同じ4時間かけて治療。病院を終えるとぐったりして、指先を動かすのも苦しい感じ。ここ2、3日動くと動悸が起こる話を医師に伝えるのを忘れてしまったなと思いながら帰宅。

ぐったりしながら、記録として今日も日記を書く。
0

2005/1/31  20:26

治療日。  現在の治療
いつも朝が遅い私は治療日に早起きするのが辛い。今日はことのほか辛かった。診察の待ち時間も妙にイライラして、旦那さんに愚痴をたらたら。腫瘍マーカーまで結果をその日に出してくれるので、検査の結果が出るのを待つだけでも一時間半はかかる。今日は二時間待ち。いつもに比べて長いわけじゃないんだけどね。

そして、とても嬉しいことに、腫瘍マーカーが劇的に下がっていた。今のタキソテールが効いているということが、検査でも証明されて嬉しかった。自覚症状的には良くなってるってわかっていたから。次になんの薬を使えばいいのだろうと、しばらく診察のたびに悩まなくて済みそうだし、先に繋がる。副作用に負けないようにしなくちゃ。

今日は白血球2700、肝臓機能の数値もほぼ基準値内になってきた。タキソテール127(3)、アレディア90、いつものレジメンを4時間かけてこなして帰宅。抗アレルギー剤を飲んでるせいか眠くてかなりぐったりしてる。
0

2005/1/11  22:14

今日はぐったり。  現在の治療
外来が混んでいて、すべてが終わったのがもう20時近く。いつもは治療の日でも買い物するぐらいの元気は残っているんだけど、今日は直帰。

今日の白血球は2900。私の通常値に戻っていた。タキソテール127(2)、アレディア90のレジメン。身体がもたないのでゼローダの内服はなし。点滴のみで4時間ぐらいかかる。あっちこっちで今日は待たされたな。祭日の次の日だった事と年明け初診察の人が多かったせいだと思う。帰りに診察室の前を通りかかったら、まだ待ってる人が数人いたしね。待つのは本当に疲れる。
0

2004/12/13  22:54

腫瘍マーカー。  現在の治療
腫瘍マーカーがどの程度私の癌の現状を表しているのかわからない。癌が小さなものであれば、マーカーが上がらないものもあるだろう。私自身、抗がん剤が効いてるときは癌が大きなまま消えてないにも関わらず、腫瘍マーカーは基準値内にあった。癌の成長が抑えられていたので、癌が体内にあるにも関わらず、反映されなかったのだろうと思った。腫瘍マーカーは、癌があるとかないとか、癌の大きさをとかを示すものではなく、成長の程度によって反映される検査なのだろうと思った。

現在著しく私の癌は成長しているようだ。腫瘍マーカーも今までになく高値だ。この7ヶ月下がったことがなかった。
今日は、CA15−3は上がり、CEAは僅かだが下がっていた。こんな僅かなことで私は嬉しかった。何が良かったのかは、全くわからない下がり方だけど。嬉しいものは嬉しい。

そして、今日も治療をしてきた。タキソテール127(1)。アレディア90。ゼローダ内服開始。私にはかなりきついレジメンだと思う。白血球は奈落の底まで落ちそうな感じ。薬で死なないように体調を整えて行こうと思う。今日の白血球は2400。血小板は17だ。まあまあ回復していた。
0

2004/12/2  15:13

結局。  現在の治療
あれこれ、考えたけど、結局抗がん剤なんだよね。まだ抗がん剤が出来る体力があるからだと思うけど、他の治療は勧められなかった。

今日の白血球は1000で治療は再来週まで見送りになったけど、今度はタキソテールとゼローダのリカバリー。主治医と話をしていたら、シスプラチンよりこっちをしてみたくなった。主治医は「どれでもいいよ」みたいな感じだったけどね。

免疫治療をしてみたかったけど、主治医からは色よい返事ではなかった。苦しくてもやっぱり確率の高い治療をしようって思った。身体的に出来なくなったら、違うこと考えるけど。

あと、今日思ったのは、抗がん剤しながらも、免疫力のアップをさらに図るため努力すると言うこと。
1)睡眠薬を止める。
2)漢方薬をきちんと飲む。
3)クロレラ、お酢、サメの軟骨を適時に摂る。
4)無理しない。
睡眠薬をやめるに当たっては呼吸法と音楽療法を取り入れようと思う。これぐらいなら私にも出来そうな感じなのでしようと思う。

今日の白血球は未だ低かったけど、元気はあるんだ。動いてもあまり動悸がしないので、診察後、病院の周りをぶらぶら散歩してしまった。気持ちよかったな。
0

2004/11/15  16:37

診察&治療日(ノバントロン2クール目)  現在の治療
子供が帰ってしまったのは、思ったより悲しかった。またすぐ逢えるのに悲しかったな。昨日は子供を駅まで送って行った後、疲れも出ていたのか、何もする気になれず、ぼんやりした一日を過ごした。

今日は寝坊してかなり遅れて病院へ。
私の順番は過ぎていたが、検査結果が出てすぐ呼ばれる。待ち時間45分ぐらい。「先週は元気でしたよ」と主治医に伝える。「元気なときは何してるの?」と聞かれたので「食事を作ったり」と答える。「食事作れているんだ」と言われた。
白血球2100でぎりぎりだが、治療をする。ノバントロン4mg。点滴中、軽い吐き気が出たが、血圧上昇もなく終了。今週は毎日病院だ。睡眠をよくとって治療できる体力を維持しなければならない。

0

2004/11/8  18:54

相変わらず。  現在の治療
今日は病院だったけど、相変わらず腫瘍マーカーは上昇の一途。下がる気配全くなし。これだけしんどい治療してるのにと愚痴りたくなる。
主治医は(ノバントロンを)まだ1クールしかしてないから、もう1クールして効き目を見ようという話だった。私も1クールで結論出さなくてもいいと思ったので同意。
でも今日は白血球800だったので、アレディアとノイトロジン(白血球を上げる薬)のみ注射。次回の治療は来週に持ち越し。
ふうー、なにかいい治療がないものかと。最先端の遺伝子治療は今どこまで研究が進んでいるのだろう?どこの大学病院が何研究してるか教えて欲しいな。何か良い研究してそうだったら、押しかけていくのに。(笑)

治癒まではとは言わないけど、今を繋ぐ治療がないかな。現状維持だけでもいいや。
あれば、とっくにみんなに知れわたっているね。

今は体力の回復を心がけて来週の治療に備えることにしよう。ノイトロジン打ってから頭が痛いし。
0

2004/10/25  17:53

診察&治療。  現在の治療
今日の白血球は2800、血小板は20だった。問題なく治療開始。

今日は少しいつもより早めに病院に行ったんだけど、外来の予約者数を見てびっくりした。いつもの1,5倍はいる。その他予約外の患者もいるみたいだ。先週も予約時間に遅れて行ったにも関わらず2時間半待ちだったし。どうしたんだろう?と思っていた。
診察室に入ると、主治医がいつもと感じが違う。「○○さん〜」って私の名前を呼んだにも関わらず、この人どんな人だっけ?って顔してるの。ま、検査結果見て治療するだけだから、頭回ってなくてもいいんだけどさ。なんか今日の主治医変だよ。

治療をしに点滴室に行って、看護師に主治医の噂を聞いた(隣の人と話していたのが聴こえてきたんだけど)。主治医が新聞に載ったらしい。(内容は全くわからないけど)それから患者が増えて、外来の日は終わりが夜11時!!ぐらいになってしまってるんだって。通りで・・・。
こんなことがずっと続くようなら、病院で対応策を考えてほしいな。
ともかく、私の癌がよくなるまで、過労死なんてしないでほしいよ、主治医。

今日の抗がん剤はノバントロン4mg。これを毎日金曜日まで点滴する。ノバントロンって青色だった。抗がん剤はカラフルな色が多いね。間違ったら大変だからカラフルにしてるんだろうけど。
抗がん剤の一回量が少ないためだと思うけど、治療終了後もかなり元気。治療前より副作用止めを使ってる分元気な気がする。帰りにレンタルビデオ屋に寄り買い物をして帰ってくる。

明日も出勤しなくちゃ。病院に。
0

2004/10/19  18:14

診察日。  現在の治療
雨の中、病院まで行ってきた。最近受診日に雨が多い。

ナベルビンの評価で、腫瘍マーカーの検査をした。やや悪化気味の横ばいという結果だ。
また、抗がん剤を変えることになった。今度はノバントロンという薬を使うことにした。もう一つシスプラチンという薬があったが、主治医がノバントロンの方が効きがよいと言うことで、こちらを選択。(出来ればイレッサっていうのも使ってみたいな)
しかし、今日は白血球が1100まで下がっていたので、治療は来週からの予定だ。今日はアレディア45とノイトロジン250をして帰宅。明日もまたノイトロジンを打ちに病院に行かねばならない。旦那さんが運転してくれるので通院はかなり楽になってる。

抗がん剤はこんな感じであまり上手くいってないが、ダイエットは続けている。間食をしなくなって、玄米食にして少し(0,5kg)痩せた。

それと、腫瘍マーカーは悪化していたが、肝臓の機能の数値はよくなっていた。ダイエットを成功させて少しでも肝臓、心臓への負担を減らしていこうと思う。ぼちぼちだけど。

ナベルビンは血管炎が辛くていやだったから、そちらの面では中止になってちょっとほっとしてる。
本当に痛かったんだ。腕が動かないほど。副作用は人によって違うらしいから、私みたいに血管炎が酷い人はあまりいないらしい。
0

2004/10/5  18:36

今日も通院。  現在の治療
週一の通院だと、あっという間に病院に行かねばならない。朝から不調だったが、旦那さんに連れて行ってもらった。

今日は腫瘍マーカーの検査が無かったせいか、待ち時間が短かった。一時間ぐらいで呼ばれる。白血球は2800(丸山ワクチンの効果か?)血小板がやや低い6。治療を行うのに問題はなし。ショックだったのは、肝機能が悪化してたことだ。肝臓の癌がよくなっていれば、肝機能はよくなっているはずなんだがと思ってがっかりした。しかし、薬の副作用で悪化してる場合もあるので、次回の腫瘍マーカーまで現状治療をしていく。飲み薬の肝臓庇護剤を処方してもらう。
次回の丸山ワクチンの継続書類を出したら、主治医はかなり面倒そうで「もうやめたら?」とか言っていたけど、無理やり書いてもらう。確かに私も面倒なんだけど、あと一回ぐらい続けてみようって思っている。主治医も気が短いな、すぐ効かないとか思うんだから。私もそうだけど。

今日もナベルビンをする。
前回点滴中、胸苦しさがあって血圧がかなり上がっていたので、今日は心電図モニターをつけながらの治療だった。しかし、何事もなく、血圧も上がることなく終了した。体調もあるだろうけど、今の薬のせいだけで心臓に負荷がかかったのではないことを知って安心した。モニターとかってつけているのはわずらわしいけど、こうして安心できるのは嬉しい。明らかな異常が出たら、点滴するたび恐怖だ。
0

2004/9/29  5:02

疲れた〜。  現在の治療
今日は病院の日。でも昨夜、びっくりすることがあって頭は治療のことと、そのことが交互に浮かぶ。
旦那さんが仕事を休んで一緒に病院に行ってくれた。それでも疲れるね、病院は。

腫瘍マーカーの結果は横ばい。ひとまずほっとした。悪化してないだけで嬉しい。
でも、薬はナベルビンに変わった。これから毎週の治療に変更だ。効いてくれるといいけどな。切なる願い。

なんだかんだと言いながら、新薬で繋げている私なんですよね。
薬剤師から副作用の説明の時「調子が良いからってひょこひょこ出かけないようにと」釘を刺されてきた。
今回の治療は毎週なので、気を抜く時間は確かになさそう。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ