2007/8/27

パリのレストラン 〜フレンチ〜 更新  食 Gastronomy
パリのレストラン 〜フレンチ〜のリストを更新しました。

7,8月は、お気に入りのレストランも行きつけの食料品店も軒並み夏期休暇。今週あたりから正常化と、先週も思ったがまだまだ休む、フランス人。

閉まっているのも困るが、もっと困るのは店は開いているが中身が休暇中、という場合。つまり、レストランなど臨時スタッフやまだまだ丁稚、がやっていて留守管理が行き届いていない店だと、ええっ、こんなはずでは、という悲劇となる。食料品店では選択肢も質も下がるというところが出てくるし、マルシェも繁盛店は夏はマタ貸しして自分は休み。某大手スーパーでも、品切れと消費期限切れのオンパレード。

そういう恐怖の環境がまだ続く先日に出会った、地獄で仏の小さくて気の利いたビストロをリストに追加しました。

尚、この機に記しておくと、パリの夏は都市機能マヒ。だから、この時期は「住まうように旅するパリ旅行」というのは難しい。そもそも住んでいる人(パリジャン)が出かけていていない。美食の期待はほどほどにして、名所、旧跡観光、美術館巡り、ショッピング(但し、こだわり系の店も結構休業するのでファッションなどの買いもの)に徹するのが良いというのが私見。サービス業などは、スレた"ベテラン"はヴァカンスで、代替のアルバイトや研修生などのほうが余程気持ち良い接客をしてくれるという利点もなきにしもあらず。また、子供連れの旅行はしやすい時期。滞留人口の大半が観光客となり、レストランも家族連れ客が目立つから普段は敷居が高い店にも出没しやすい。
0

2005/11/2

パリのカフェ  レストラン・パリ Resto Paris
Last Update 5/2007

何の変哲もないのに、なんとなく気に入っているカフェ。食堂代わりにも使える店。

Café de l'Ambassade (8区)
cuisse de canard confit 鴨腿肉のコンフィ。メニューにはバスク地方ものも散見。
9, rue Boissy Anglas 75008 Tel 01 42 65 04 05

Au Chai de l'Abbaye   (6区)
田舎のメニューがある。
26, rue de Buci 75006 Tel 01 43 26 68 26

Au Vieux Colombier (6区)
65, rue de Rennes 75006

Le Flore en l'Ile (4区)
42, Quai d'Orléans 75004 Tel 01 43 29 88 27
サンルイ島。ふんわりキッシュQuiche au Moment avec la Salade Verte。

Chez Caldé (6区)
定食ランチは前菜かデザート付で選べて12ユーロ(2008年11月現在)とはお得過ぎる。美味しくて、サービスも気持ち良い小さなカフェ。
54, rue Saint Andre des Arts 75006

Best Monge (5区)
安直な店名からは想像し難い感じ良さの小さなカフェ。ブッフ・ブルギニョンboeuf bourguignon。
12, rue Monge 75005
0

2005/10/17

パリのレストラン 〜フレンチ〜(随時更新)  レストラン・パリ Resto Paris
Last Update 02/2009

こうやって見ると、やはり私は左岸派。

LIPP リップ 
ブラッセリー、アルザス料理 6区 
(1982/2009) [R]
ジャレ・ド・ポークjarret de porc 豚すね肉、シュークルートchoucroute各種、コートダニョー côte d’agneau子羊肉、ユイートル huître牡蠣。シュークルートなどは2人で1ポーションで十分。デザートも。年月を経ても変わらない安定した味とサービス。文人、政治家などの食堂。老舗の有名店ゆえ、第1ラウンドは観光客も多し。第2ラウンド21時以降くらいから夜半まで、どっぷりと“フランスのブラッセリー”となる。歴史指定建造物のレストランで、究極のパリ観光も楽しめる。

Le Cosi ル・コジ
コルシカ料理 5区
 (2005/2007) [R] 
グラスワインも質の良いコルシカもの。ソルボンヌ大学近く出版社も多い界隈で、長髪のインテリや教授風も多く。
9, Rue Cujas 75005 Tel 01 43 29 20 20 Fax 01 43 29 26 40

Pré Verre プレ・ヴェール
5区
(2005/2006) [R] 
サトルなスパイスの魔術(つまり辛い類の香辛料ではない)。
8, rue Thenard 75005 Tel 01 43 54 59 47

La Lozère ラ・ロゼール
ロゼール郷土料理 6区
 (2004/2005) [N]
木曜夜にはアリゴaligotを。卓上の田舎パンは隣客とシェアが楽しい。
4, rue Hautefeuille 75006 Tel 01 43 54 26 64

Pichet de Paris ピシェ・ド・パリ
魚介料理 8区
 (2006) [R]
68, rue Pierre-Charron 75008 Tel 01 43 59 50 34
salade de homard breton. homard breton grillé、cassolette de poisson façon bouille魚介の煮込み。グルマンなフランス人がビジネスランチする光景も。

Le Comptoir du Relais - Yves Camdeborde ル・コントワール・デュ・ルレ
6区 
(2006/2008) [T]
cochon de lait braisée 乳のみ子ブタのとろ火煮は陶酔の味。心地よい活気と賑わい。
9, Carrefour de L'odéon 75006 Tel 01 44 27 07 50

Le Petit Pontoise プティ・ポントワーズ
5区 
(2004/2007) [R]
テーブルに料理が運ばれるや、ぷ〜んとイイ香りが鼻腔をくすぐる。キノコの季節には、是非ポワレ・ド・ジロルpoêlee de girollesを。手付きナベで供される煮込み料理いろいろ。ラビオリ・ドフィノワRavioli Dauphinois。リゾットやタリアテッレも。メニューは全て黒板に、つまり毎日変わる。
9 rue de Pontoise 75005 Tel 01 43 29 25 20

L'estrapade レストラパード 
5区 
(2007/2008) [R]
ローストチキンの皮がサクサク。つけ合わせのフライドポテトもサクサク。現代のエスプリ溢れるビストロ料理。鴨のコンフィのロールキャベツ風。野菜のテリーヌ。仔羊のローストなんか燃えながら出てきてびっくり、そしてこれがまたウマイのなんのって。温かいサービスに心もほっこり。2007年現在、パリで一番気に入っているとても小さい店。
15 rue de l'Estrapade 75005 Tel 01 43 25 72 58

Midi Vinsミディ・ヴァン
6区 (2008/2009) [N]
自家製のうさぎのリエットRiette de lapain。サービスの温度と湿度が、私好み。どこかお洒落ながらも敷居は低い、というのもタイプ。
83,rue du Cherche-Midi,75006 Tel 01 45 48 33 71

Chez Maître Paulシェ・メートル・ポール
6区 (2008) [N]
上品なフランシュ・コンテ料理。ああ懐かしのアルボワ・ワイン。前菜からデザートまでフランシュコンテ地方の地酒を用いた料理がいっぱい。
12 rue Monsieur-le-Prince 75006 Tel 01-43-54-74-59

Le Plateau de Gravelle ル・プラトー・ド・グラヴェル
ヴァンセンヌの森 (2008/2009) [R]
パリ市街からバスでも行けるヴァンセンヌの森Bois de Vincennesを小一時間、快適ウォーキングして辿り着くデリシャスなレストラン。カンパーニュ・ファッションでプチ田舎ごっこに訪れるフランス人は、アウトドアも格好良い。車で乗りつけることも可能。

上記データの見方
店名 
料理種類 地区 (初回訪問/直近訪問または最後に美味しいと思った時期) マグネット・ランキング* 
お気に入り料理およびコメント
住所・電話/FAX番号

*マグネット・ランキング: マグネットの強度によりざっと分類してみた。
[T]遠回りしてでも立ち寄りたい店
[R]機会を見つけてはリピートしたい店
[N]近くまで行ったら覘きたい店


あらためて振り返ってみると、長期にわたって気に入り続ける店というのは意外に少ないことに気づく。美味しかった店がある日再訪すると味が落ちていたり、流行り過ぎてサービスがスレてしまったり、そういう時には何か大きな裏切りを受けたような気持ちになりとても辛い。

***********
 関連書籍

Atlas Routiers : Le Petit Parisien
Plans De Paris: Paris Street Index and Maps


住所から、レストランや店の場所を確実に探して辿りつく。パリ徘徊時、必携の書。薄くて軽い。

大変見やすいパリ市街地図。パリの番地は通りについている(区画ではなく)ので、住所だけでもこれさえあれば、正確に場所が確認できます。メトロやバス路線、停留所も各区毎にズームイン。パリはバスが便利で快適。バス・タクシー専用路線をスーイスイ。タクシーが見つからなければバスに飛び乗ったほうが早い。



0

2005/8/23

ロゼール タルン川 Le Tarn [1]  自然渓流 FF Fields 2
ところどころ寄り道をしながら200キロほど(直線距離なら半分くらい)、ラッセルから南下してやってきたのは、隣接するラングドック・ルシヨン地方Languedoc RoussionロゼールLozère県タルン峡谷Gorges du Tarnが目的地だ。息を呑むような断崖絶壁が続き、日本ならまさに秘境と呼ばれるようなところ。

が、こんなにアクセス難な場所にワンサとヴァカンス客がいてびっくり。夏のヴァカンスに人気というのは知っていたが…。フランス人が大半ながら、ベルギーやオランダのナンバープレートも多い。英国やドイツ、スイスも。

ここ、タルン川Le Tarnの上流、源泉近くで、ブラウントラウトを釣ったぞ!!!久しぶりにやっと・・・。

続く・・・。
0

2005/8/22

フランス人のアウトドア・レジャー [2]  遊(釣り以外) Other Leisure
フランス人のランドネ好き。ランドネRandonnéeは、山歩き、英語のトレッキングtrekkingにあたる。フランスの田舎に行くと、至るところで遭遇する人気の高いアウトドア・レジャー。山歩き用のシューズにステッキ、そしてバックパックのお決まりスタイル。コースが用意され歩きやすいように整備されているところも多い。山だけでなく野も海辺も歩く。歩くだけでなく、馬やロバに乗って、マウンテンバイクVTTに乗ってなど、バリエーションがある。自然を満喫し、きれいな空気を吸い、たくさん歩いてもっと健康になろう、というのが趣旨だと理解。

参考になるサイト(フランス語)
1. FRANCE RANDONNEE
2. フランス・トレッキング連盟

*************
ショッピング(アマゾン)


その後、ランドネという雑誌が出た様子。2009年創刊。女性ターゲットだそう。


0

2005/8/22

すみません  分類なし
本日22日にメールくださった方、間違って開封前に削除してしまいました。申し訳ありません。できれば再送していただけますか?
0

2005/8/22

ラッセル (Lascelle) [8]   遊(釣り以外) Other Leisure
周辺には手つかずの自然が溢れている。ピュイ・マリPuy Maryがある火山公園Parc Naturel Régional des Volcans d'Auvergneの一帯は、ランドネ(山歩き)好きにはたまらないだろう。

山歩きでなくとも、小さな村を巡ったりするのは楽しい。鱗屋根を深々と被ったこの地方の典型的な田舎家。不揃いの板状の岩を瓦として積み上げた屋根。火山地帯らしく黒いスレートの鱗屋根は、もともと溶岩でつくったもの。それぞれの屋根によたついたような煙突がのっている。山間には、今でもまだまだこういう造りの家が残っている。

釣り場の近隣には、あちこちの村やオーリヤックに良さそうなレストランがいくつもある。

おいしいのは食事だけでない。空気がおいしい。こればかりは輸送できないから、味わうにはまた来なければ。ここの鱒に再挑戦したいし、自然渓流の釣りも良さそうなので、次回は是非、川も。

***************
 お薦めの1冊



ルタール・ガイド 〜 オーヴェルニュ・リムザン地方版 
Le Guide du Routard Auvergne Limousin

(フランス語) Guide Du Routard France: Auvergne


フランス旅行のガイドブックは、ルタールがベストという結論。特に地方版。写真が無い活字と地図のみのガイドブック。フランス語だが、頑張って読んで後悔しない。過大評価、過小評価がない誠実な記述にいつも感心。日本のガイドブックではカバーしない何ということのない田舎の町までカバーしているのも魅力。身の丈の旅行スタイルということだろう。アウトドア派の旅にもちょうど良い温度。もう少しシックPlus Chic、とてもシックTrès Chicの項で紹介される宿やレストランは、今日はちょっと頑張ってみようかという時に使えるものも。田舎をドライブしながら、近くの町の情報をチェック、良さそうと思ったら、フラリ立ち寄ってみる。詳しい自動車用地図が必要なら、ミシュラン 道路マップがある。

0

2005/8/22

海外アマゾンの買物ヒント  分類なし
Last Update 3/2008

アマゾンamazonは、日本語版、フランス語版、英語版、いずれも画面構成は基本的に同じです。日本語版にない商品の発注画面などでフランス語、英語がわからない場合には、日本語版ブラウザ画面とフランス語または英語版ブラウザ画面を左右に並べて見ると便利なことがあります。

何が欲しいか、どこ(国)に届けて欲しいか、いつ手元に欲しいか、などによって、各国アマゾンの商品や送料体系、配送期間を比較検討の上、都合の良いアマゾンに発注しましょう。

日本・アマゾンでも、購入できる海外アマゾンの商品が増えているようです。米国洋書などについては内外価格差もそう感じられず、日本国内への配送であれば日本・アマゾンでかなり用が足ります。

日本・アマゾンは(も)、海外発送サービスをします。
(日本アマゾンも海外アマゾンも商品によって除外あり。)

海外VHSビデオおよびDVDビデオの購入に際しては、使用国および使用機器と規格が合致するか確認した上で購入する必要があります。

基本的に、北米のNTSC方式のVHSビデオは日本の機器で見ることができます。

欧州のRegion(仏語で、Zone)2のDVDは、日本で再生できる機器があります (パソコン、PAL・SECAM方式対応機器などに)。

Region(同 Zone)0=Region free(同 multizones)のDVDは、原則、どの地域でも再生が可能とされる製品です。

VHSビデオおよびDVDの各商品ページに必ず言及があるはずですので、再生機器の仕様と照らしあわせて、個別に規格確認要です。

amazon.com (米国・アマゾン) トップページへ

amazon.com (米国・アマゾン) 送料・配送期間のページへ

amazon.com (米国・アマゾン) DVD地域コード及びVHS規格情報のページへ 

amazon.co.uk (英国・アマゾン) トップページへ

amazon.co.uk (英国・アマゾン) 送料・配送期間のページへ

amazon.co.uk (英国・アマゾン) DVD地域コード情報のページへ  

amazon.fr (フランス・アマゾン) トップページへ

amazon.fr (フランス・アマゾン) 送料・配送期間のページへ

amazon.fr (フランス・アマゾン) DVD地域コード情報のページへ  

amazon.co.jp (日本・アマゾン) トップページへ

amazon.co.jp (日本・アマゾン) 送料・配送期間のページへ 

amazon.co.jp (日本・アマゾン) DVDの規格別特性・仕様情報のページへ  

.......
CM (楽天)

リージョンフリーDVDプレーヤー

0

2005/8/21

ラッセル (Lascelle) [7] 宿  泊 Accommodation
フライフィッシング専用管理釣り場の宿としてこれ以上のロケーションは望めない?部屋から出て1分以内に、目の前に広がる澄んだ湖で竿を振ることができる。部屋は、シンプルでコンパクト、清潔で快適。

他に、家族客や長期滞在者向けにキッチン付きシャレー(2階建てバンガロー)もあり、同様に目の前が湖。夕刻、鍋底をカーンカーンとたたいての夕食の知らせが響くと、釣り人が竿を納めてシャレーに戻っていく様子がレストランのテラスから窺えた。

オフィシャルサイトはこちら。(尚、サイトにあるフライフィッシング・レッスンは、現在は行っていないいないとのこと。湖の釣り方を教えてもらいたかったので、残念。)

管理釣り場となっている湖自体の名前は、Résevoir de Jordanneというらしい。普段はフローティングラインの釣りが原則のようだが、訪問当日は冷え込んで鱒たちはかなり深いところにいるということでシンキングライン使用可であった。Lac des Gravesの名称は、宿泊施設、馬場、アドヴェンチャー施設を含む総称だ。オーリヤックからの路上看板もこの名称で出ている。
0

2005/8/19

ラッセル (Lascelle) [6]   管理釣り場 FF Fields 1
釣りキチ三平登場の巻。

夕食時、朝から一尾も釣り上げられず、レストランのテラス席でメニューと目の前の湖面をにらめっこ。悩んだあげく、夜釣りもどうも難しそうだと美食に専心することに決めた。昼間は心地よい涼しさだったのが、夜はぐっと冷え込んできた。テラス席に陣取っているのは数組だけだ。注文を終え、今日の釣りは終わりだと自分に言い聞かせた頃、レストラン前の入り江対岸の藪から姿を現したプリプリの大男。この寒いのに半袖のTシャツに半ズボン、そして背中のバックパックに長い網をさした若者だ。湖岸に降り立つなり、偏向グラスでキョロキョロと湖面観察を始めた。その視線の配り方から、これはただものではない、と思った。が、気がついたら視界から消えていた・・・。

おやっと気づくと、またあの大男。同じ身なりのままだが、今度は竿を手にしている。レストランの前で小さくキャスティングを始めた。そんな簡単に釣れないよ〜、いや、こやつならやるかもしれない、と半信半疑で見守ると、数回のキャストで早速フックした!リベンジ代行なるかと箸を止めて見入ったが、いよいよ取り込みとなって網に手をかけたところでバラシてしまった。見ているこちらも思わず深い溜息を漏らした。同時に、ウォーッという呻き声?が後ろのテラス席からも。振り返ると昼間見かけた釣り師のテーブル。きっと同じ気持ちで見守っていたに違いない。本当に残念と顔を見合わせる。三平はその後真っ暗になるまで湖を徘徊していた。釣れただろうか?

0


AutoPage最新お知らせ