2005/9/4

ロゼール タルン川 Le Tarn [13] 周辺  遊(釣り以外) Other Leisure
この周辺、自然しかないのだが、やることはいろいろある。(様子をつかむには、地元観光局のオフィシャルサイト(フランス語)が役に立つ。)

まず、タルン川下り。通称バトリエ。バトリエbatelierは、フランス語で船頭。La Malèneの町から1時間ほどかけて下る。一艘に5人くらいずつ乗り込むと、船頭が道すがらガイドしてくれる。水位は結構低く、途中、船底が砂利をこすってガリガリいうようなところもあるが、タルン川の中でもこの辺りはもともと水位は低いらしい。水浴する人やカヌー、カヤックをかき分けスーイスイと進みながら、地質や自然、云われのある岩、川沿いの集落など説明してくれる。石灰岩質の岩肌に赤茶っぽく見えるのはマグネシウム。そう言えば、ミネラルウォーターのケザックQuézacは、この近くだ。

タルン川には、いろいろな魚が生息していますが、その中でも鱒は釣り人の憧れですね〜、しかし繊細で用心深いこの魚は、ハイ・シーズン中はなかなか我々の目の前に現れてくれません、と船頭さん。そう言われても、ついつい川の淵のほうに目がいってしまう。あっ、いる。思わず指差すと、そう、今のは鱒でしたね〜。

Les Détroitsと呼ばれる場所に近づくと、いよいよクライマックス。ここはタルン峡谷の中でも最も雄大で美しいとされる。パリで成功を納めた地元出身の実業家が買い取った集落もこの辺り。何軒かの幻想的な石造りが川沿いに浮かび上がる。陸路のアクセスなく、ここに行くのには川を船で渡るしか方法がない。そこで、この実業家は対岸の自動車道からケーブルを渡して荷送に使っている。この光景が、また独特だ。

このバトリエ川下り、混んでいる。毎朝8時から当日の予約を受け付ける、電話予約も可能。下り終わったら、乗船したところまで車で送りとどけてくれる。

この自然三昧の環境では、あとはもう説明するまでもなく、アウトドア天国。既に触れたカヌー、カヤック。水浴は、川沿いに淡水?浴場がいくつもあり、観光案内所でマップもくれる。トレッキングにVTT(マウンテンバイク)。秋には、きのこ狩りもいいらしい。そして、なんと言っても岩登り。この断崖絶壁を見て、フランス人が登らないわけがない・・・。

日が暮れてからは、川沿いの村でナイト・マーケットが出る日もあるし、断崖絶壁はシーズン中、ところどころライトアップされていたりする。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ