2005/10/18

パリのレストラン 〜子供連れ〜 [1]  レストラン・パリ Resto Paris
Last Update 09/2007

家族の幸せは釣り人の幸せ。いざという時に快く釣りに送り出してもらうためにも、できる限りの家族サービスを尽くそう! というわけで、子供連れで楽しめるパリのレストラン。

フランスのレストランも他の欧州国同様、いやそれ以上に、小さい子供連れで行けるところは少ないと覚悟したほうが良い。地方のヴァカンス・ロケーションとて容易でない。パリならもっと難しい。

そこで、子供連れでレストランで歓迎を受けるためには、ムニュ・アンファンmenu enfant つまりお子様ランチ(ディナー)をメニューに掲げている店を見つけたら、まずはそれが無難。

次にカフェ。有名店などは料理もなかなかなのレベルであるし、パリ気分も味わえる。賑やかめで広い店を選んで、子供連れなんだけれど、と囁けば(見ればわかるけれど)気の利くウェイターなら配慮して席を選んでくれるだろう。

例えば、ラ・クーポールLa Coupole(フランス語、英語)。
ダイニング・ベビーチェアも置いてあるので、堂々と踏み込める。安定した味とサービス。シーティングもプロフェッショナル。藤田嗣治やエコール・ド・パリの画家や同時代の文人たちが通ったことで有名なモンパルナス4大カフェのひとつ。夜は待ちたくなければ要予約だが、早め19時くらいまでにはいればまず大丈夫。この手のカフェ・レストランは朝から夜中まで休みなしで営業しているので、早めの夕食が可能。英語メニューもある。この度(2005年11月)食したオマール海老(正式名称失念したが冷製でなく温製のメインディッシュ)は粋な味付け。海の幸の盛り合わせ各種は、家族で鍋をつつく気分で人数マイナス1人分をシェアで十分の量。

更に私的にオススメなのは、公園の中のレストラン。ムニュ・アンファンがあるところも多い。市街中心部なら、例えばルーブル美術館に隣接するチュイルリー公園Jardin des Tuileries。園内はルーブル美術館寄りの噴水からコンコルド広場Place de la Concordeに抜けるメインストリート沿いに2軒 4軒ある。暖かい季節なら、テラス席に陣取って子供の食事をさっさと済まさせる。(冬でも強力ヒーターがあって外で頑張れる。)目の届くところで遊ばせておけば、大人は子供を見張りながらゆっくり食事できる。

コンコルド広場寄りのCAFE VERY(Tel 01 47 03 94 84)にはムニュ・アンファンがある。向かいの他店にもある。

パリのレストラン 〜子供連れ〜 [2] に続く・・・。
16

2006/8/17  20:14

投稿者:flyfishingfrance(fff)
久しぶりに当記事にコメントというか追加参考情報です。人気観光スポットののサンマロ(ブルターニュ地方)での出来事。

10−15テーブルほどのカジュアルなレストランを予約して夕食に赴いた。フランス語人(父親はいかにも英国系の顔だったが、この辺の地方では一見イギリス人、実はフランス人も珍しくない)の親子4人連れの下の女の子が、言葉を覚えたばかりなのか大きな声で喋り続けて止まらない。どちらかと言えば賑やかな店ではあるが、狭い店内に響いてしまう。両親は注意する様子なし。しかし、後からはいってきたお客はメニューを吟味中に気づいて注文前に帰ってしまった。しばらくすると別のお客も席を立って注文せずに帰ってしまった。この辺りから、母親は時折しーっと言い聞かせるようになったのだが、止まらない。行儀の良さそうなお兄ちゃんは途中妹のトイレに同行、そこで注意を促したのかトイレ方面から泣き声が・・・。戻ってきた後はまた同じ状況。隣のテーブル2つのカップルは、怒りの表情を満面にたたえている。尚、この小さなレストラン、ムニュ・アンファンは無い店だが、他に2組行儀良く食事する子連れのテーブルもあった。

というわけで、親がコントロールできる自信がなければ外食は場所を選んだほうが良いとあらためて思う次第。席を立つほうも立たれるほうも、睨み付けるほうも睨まれるほうもせっかくの楽しい外食が台無しになってしまうのは残念だ。

2006/2/10  19:41

投稿者:flyfishingfrance(fff)
Brusselsさん 有り難うございます。海外駐在は、苦労の一方で躾を含め自分達の立ち居振る舞いや文化を見つめ直す良い機会ですね。

厳しいが躾の良いフランス人家族などを見て感じるのは、厳しい躾とは子供への愛情と表裏一体で、愛情を子供に感じ取らせることができないと、その時だけ親の権威をふりかざしても子供の心は受け入れない、したがってその場はおさまってもその場限りでまた同じことが起こる、そして躾は身に付かない、のではないかということです。その点、皆さんのブログを拝読すると稀な言及にも愛情がほとばしっているので、今回いただいたコメントにもなるほど納得という感じです。

2006/2/10  2:37

投稿者:Brussels
当方、FFFさんのコメントにもあるVincentにも子供連れで行きましたし、先々週も会長家族と子連れで、海鮮レストランに行ったくちです。今回、皆さんが議論されていること、よく分かります。家でも、よく話題にあがる件です。コムさんのいう通り「外食は店の雰囲気やTPOをわきまえる必要がある」。これだと思います。子供に限らず、大人であっても服装・レストランでの立ち振る舞い(含.言語)・食べ方・話題など、申し訳ないですが日本のその方の近所ではOKでも、海外では「恥」と思える場合があります。うちは外食が好きなので、よく子供(6歳)をつれて外食に出かけております。その際、「今日は食事作法の勉強だ」とか「プリンセスは、食事の時、どうしてたっけ?」などといい、エレガントな振る舞いを身に付けさすべく、実地で躾ております。問題なのは、レストランに限らず、子供をちゃんと躾られない親・躾られていない子供が親をやっているケース・日本の尺度をすべてに当てはめ、変わろう/変えようとしない人が増えてきていることにあるかと思います。民度の高い国民でいたいものです・・・

2006/2/9  19:08

投稿者:コム
イタリアでも最低限ルールはありますけど、やはり親がおしゃべりに夢中で子供を見てないケースが多々見られます。 スペインと類似ですね。
ここドイツでは、大人だけであれ子供連れであれドイツ料理へ行く事は殆どありません(笑)。 ドイツのイタリアンは総じて不味いので日本料理や中華料理、スペイン料理になっちゃいます。 

http://blog.goo.ne.jp/komusan4989/

2006/2/9  18:42

投稿者:錦織
然り、やはりレストランでの不作法として最低なのは、自分の子供の無法に対して「無知を装う」ことだと痛感します。
ちなみに、前回小生が書き込んだ内容だとちょっとミスリードするかもしれないので補足させて頂きますが、此処スペインでも最低のマナーは確保されており、子供が騒げば当然親も注意します。
でもその親も、自分達のおしゃべりであんまり本腰を入れて注意しないケースも散見されるのが現状であり、その意味でスペインは「大人も子供も勝手な国」?

2006/2/9  18:39

投稿者:flyfishingfrance(fff)
コムさん イタリアからドイツでは「子供」だけでなく随分変化が激しいでしょうね。ドイツでは「子供は悪」ですか。フランスでは、子供は悪ではないようですが、犬より地位が低いとフランス人にかつて教えられたとおり、という感じです。念のため、フランスでは犬はとても大事にされています。犬も子供も躾はとても厳しいように見受けます。

2006/2/9  18:28

投稿者:flyfishingfrance(fff)
錦織さん スペイン情報有り難うございます。欧米とひとことに言っても、欧と米では随分違うとは思っていましたが、隣国どうしやラテンどうしでもこれまた違うのですね。

思うに、フランス人は人に迷惑をかけさえしなければ、日常生活につき他人の箸の一挙一動にとやかく言わず、結果オーライの国だというのが個人的実感です。ですから「郷に・・・」と常識をわきまえさえすれば、過度の心配はご無用です。絶対的なルールを強要されることはあまりなく、むしろルール先に有りきの日本より呼吸しやすかったりもします。但し、迷惑をかけると思いっきり意思表示してきますが・・・。

2006/2/9  18:20

投稿者:flyfishingfrance(fff)
junさん その後また目を通してくださったようで有り難うございます。確かにフランスは大人社会で、そこにズカズカっと来て騒がれると「ヤメテクレ」と思いますし、何より何もアクションを取らない親には呆れることが。少しの工夫や努力で人も自分も不必要な不快を感じることがなくて済むのにと思います。貴サイト、パリ記録も拝見しました。楽しい旅の思い出を持って帰られたようで良かったです。

2006/2/9  18:04

投稿者:コム
子連れの外食は店の雰囲気やTPOをわきまえる必要があると思います。
子供に罪は無く、空気を読めない親が悪いのです。 人に迷惑をかけないとか周りの人への配慮というのは日本人の得意とする所だったのですが、変わってきてますよね。 
前に住んでたイタリアは子連れ外食に寛容な国ですが、それでも子供が小さい内は親である我々が気疲れするので外食は躊躇われましたね。 小さなお子さん連れで、かつ店内などで奇声を発したり走ったりという事態が想定されるのであれば、いかに子連れに寛容な国、レストランであろうと遠慮すべきと思います。 普通は親の方が疲れるもので自然と遠慮するものなのでしょうけど、確かに子供を放置したまま堂々としてらっしゃる方々を見受けるのも悲しいかな事実ですね。 
小学生中学年くらいになって静かに座って食事ができるようになってくると、子連れOKなレストランなどで子連れで食事する事は大賛成です。 ちゃんと座って静かに食事をする、これも教育です。 
ドイツのように「ともかく子供は悪」の如く、しょーもない店であっても子連れで食事に行き辛い国というのも間違っておると思う次第。 こんなのは大人の国ではなく、単なる「大人が勝手な国」なのです。 

話がズレましたけど、子連れでも食事ができる機会を与えてくれるレストランがあるというのは素晴らしい事だと思いますね。

http://blog.goo.ne.jp/komusan4989/

2006/2/9  9:08

投稿者:jun
おはようございます。

全ての文章に目を通すことも無く、イメージでコメントを入れてしま
いました。大変失礼しました。

日本があまりにも子供中心社会とはいえ、パリだけでなく海外で自分
たちの価値観が通用すると思っている子連れが多すぎます。
レストラン、映画館、機内・・・
「日本人の恥」なんて古いことを書いてしまいましたが、
彼らはそれらの振る舞いについて「無頓着」を装うとしています。
気づきながらも「金払ってるんだから」の感覚ですね。
大人社会の国に出かけると、余計にそれらの行動が目に余るように
なります。
同じ国の人間として、恥ずかしくて残念なことです。

http://www.eonet.ne.jp/~miyashita/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ