2005/6/17

カルヴァドス トゥーク川(La Touques) [3]  自然渓流 FF Fields 2
気を取り直して、釣れない話の続き。3番。ここも牧場だ。牛の水飲み場らしき部分から川にはいるが、川面が木をかぶっているのでロッドを振れない。ロッド(8’6”)が長すぎる。でもこれしか持っていない。それでも、チョロチョロ振っていたら、牛が水を飲みに来て川から出られなくなった。飲み終わっても、こちらをじっと見ている。ライズはない。果たして、鱒はいるのか、いないのか。

1頭目に続いて、他の牛もやってくる。仕方がないからチョロチョロを続ける。牛は、集団心理が強いのだろうか、田舎道から見える牛の群れは、全員座っている、全員立っている、全員食べている、など皆同じ行動だ、と前から思っていたが、やはり。

やっと牛たちがやや遠のいて、そろりそろりと川から上がる。川沿いに歩いていると、ライズ発見!木からの落下物?いえ、やはりライズ。藪の隙間からそろりと滑り降り、やっと見つけた魚、これを逃してはいかん、と観察。水面で食べていなそうかな・・・。フライをかえて何度か投げる。と、アタリがきた!!!・・・のに、アワセられなかった。ライズは消えた。

ゴッダム ビギナー・・・。

絶望にしばらく立ち尽くす。

バシャッ。すわ、と思って見ると、カワウソみたいなのが水際を駆け抜けていった。あいつが、食べてしまったに違いない・・・、といのうは被害妄想か。

最後に、未練がましく、朝釣れた9番に戻る。ハッチはガンガンしているが、ライズはない。空しくロッドを振るが、アタリは一切無い。

バシャバシャッ。・・・、また、カワウソらしき影。やはり、あいつが全部食べてしまっているに違いない・・・。

冷えてきたし、もう、釣れないときの開高健な気分になって引き上げた。

カルヴァドス(Calvados) トゥーク川(La Touques) [4] に続く・・・

 お薦めの1冊

オーパ 開高 健 (著)
オーパ、オーパ!! 開高健全集 開高 健 (著) 
私の釣魚大全 開高 健 (著)
フィッシュ・オン 開高 健 (著)

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ