2005/6/21

カルヴァドス トゥーク川(La Touques) [4]  自然渓流 FF Fields 2
寄り道先のオーストラリアからフランス、ノルマンディーに戻って、カルヴァドス(Calvados) トゥーク川(La Touques) [3]からの続き。

もうちょっと釣り上げたかったが、初回はこんなものであろう(と自分に言い聞かせる)。1日券19ユーロというのは妥当な価格設定だと思う。管理釣り場なら、2〜3倍以上取られる一方で、もっと釣れるしフィールドももっと手がはいっている。

地元のFFガイドもいるようなので、一度ガイドをお願いしてから後日あらためて独自釣行し直すのも手だろう。

ポン・レヴェックPont-l’Evêque及びドーヴィルDeauville方面の下流はパブリック・フィールドでフライフィッシング専用ではないけれども、降海型マスであるトルィット・ド・メールTruite de Merを一度見てみたいので、機会があれば次回はもっと下流を試したい。

FF専用フィールドはノーキルだが、パブリック・フィールドは、一転、かなり寛容な持ち帰り制限だ。リジユーLisieux上流はブラウントラウト5匹まで(但し30cm以上)、下流は8匹まで(但し25cm以上)。

1日の人数制限は、パブリックもプライベートも共に無い。が、そもそも人は殆ど見かけない。牛のほうが多い。FF専用の6フィールドで計12km(川の長さ)をカバー。

フランスでのフライフィッシングの利点のひとつは、まず混まない。混む可能性がある場合には人数制限があり、実際、パリに比較的近い管理釣り場は、その多くが人数制限があり予約要という印象だ。

カルヴァドス(Calvados) トゥーク川(La Touques) [5] ガストロノミ に続く・・・

 お薦めの1冊

釣れないのは、修業不足、勉強不足。勉強し直そう。
何かにつけてひも解く教科書本2冊。

フライフィッシング・マニュアルNEW 増沢 信二 (著)

フライフィッシングの戦略 渓流・湖編

0

2005/6/24  19:11

投稿者:flyfishingfrance(fff)さん
Brusselsさん
管理釣り場については、ちょうどパリと至近の管理釣り場2箇所について書こうと思っていたところでした。近近に投稿します。ただ、管理釣り場も自然渓流も、今年の夏も昨年、一昨年のような暑さになるとパリに近いところでは難しくなりそうで心配です。

http://diary.jp.aol.com/9amac3eszxeq/

2005/6/24  4:58

投稿者:Brusselsさん
コムさん 及び その仲間たちの1人のBrusselsです。フランスの情報が満載で楽しく読ませていただいております。この夏、パリで家族接待をせねばならず、当方、パリ近郊の釣り場を探しております。近場で良い場所などありましたら、ご教授いただければ幸甚です。

http://blog.goo.ne.jp/troutbum_in_europe/

2005/6/23  13:44

投稿者:三平さん
面白いキールがあるのですね。確かに、甘すぎないシードルとカシス、キールロワイヤルとほぼ同じ性質の物のコンビですね。
地域以外でも、飲まれているのでしょうかね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ