2005/6/30

フライフィッシングのフランス語 [3] アタリ   FFフランス語 FF French
(ユンヌ) トゥッシュ (une) touche

触れること、触ることの意の名詞。括弧内は、1つのという意の冠詞であるから、フランス語を学んだ人以外にはどうでもよいかと。実釣に役立つことが第一義なので。

さて、アタリが来たら、

フェレ! Ferrez !
アタリがつかめずボケッとしていて周りがそう叫んだら、あわてて竿を立てよう。
鉄具をつけるという意味と辞書にはあるが、Ferrer = hook(英) らしい。 

それで逃したら、

ルペ loupé… 
Louperは、仕損じると言う意味で、釣りではバラすということになるか。

しっかりフックしたら、

ジュレ Je l’ai !!
つまり、I’ve got it !!

水中から姿が現れて取り込みへ、

ラ〜・ヴァワラ 〜。 La voilà 〜
つまり、Here she is 〜
これは鱒の場合。鱒Truiteは、フランス語では女性名詞。
(男性名詞の魚、例えばOmbre (グレイリング)なら、ル・ヴォワラLe voilà となる。)

いよいよランディング、

ケル・ベル・トルィット Quelle belle truite…なんと美しい鱒…、
マァ〜ニフィック・ポワッソン Magnifique poisson… 素晴らしい魚…、
ファ〜ビュルー・ポワッソン Fabuleux poisson… 見事な魚だ…、
などとウットリ風に連発し、自画自賛、自己陶酔しよう。

* 私は、ネイティブ・スピーカーではないので、フランスで釣りをしたり釣り情報を集めながら、なるほどこう言うのか、と理解した単語、表現を挙げていきます。それは違う、他にもこういう言い方がある、などのご指摘があれば是非コメントください。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ