2005/5/24

ジェマージュ(Gémages) [3] 午後の釣り  管理釣り場 FF Fields 1
朝から気になっていた風が一層強くなり、私のキャスティングの腕では、こんがらがってこんがらがって、もう大変になってきた。魚のほうも、昼から午後4時くらいまでは活性がなくなるといわれたとおり、静かになってしまった。

それでもイヴァンのアドバイスに従い、敷地の奥のほうの池で流れ込みのような場所を狙って釣っていたら、今度は白っぽい体に側線にピンクを帯びたのが釣れた。黒斑点がないので、何だろうかと思ったのだけれど、後で聞いたらこれもレインボーだそうだ。最初の池よりサイズも大きいし、ファイトがグングンで良かった。

午前も午後も、ビーズヘッドのマラブーで釣った。オリーブや茶や黒の自然色。巨魚を釣るのには、クラブハウスにあったような大きなフライで釣るのだろうが、キャッチ&リリースが徹底しているので長年住んでいる巨魚は私には難しそうだ。

ここの釣り場は、8時半から18時半までで1日43ユーロ。13時半の前と後で分けて、半日の釣りも可、32ユーロ。そして、4月半ばから9月半ばまでは、18時半から日没までイブニングライズの釣りが27ユーロで楽しめる。1日券や半日券とあわせると、各々計58、48ユーロとオトク。フランスの釣り許可証(AAPPMA)は要らない。1日15人までの人数制限があり、要予約。持ち帰り制限は、一日の場合2匹まで。詳細は、オフィシャルサイト参照。英語はあまり通じないかもしれないが、アングロサクソンの釣り人も来るらしいしその都度どうにかはなっているようだ。ムッシューは小さい頃イタリアから移住したイタリア人なので、他にイタリア語が通じる。

ここは、鹿留の中のパインレイクが好きな人なら気に入りそうな場所。大きくてきれいな鱒、そして質の高いサービスやクラブハウスという点で通ずるものを感じる。 

ジェマージュ[4] 夜の釣り に続く・・・
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ