2007/6/2

フランシュコンテ地方 ルー川 La Loue [6] または、鱒を食べる [11]   食 Gastronomy
もうひとつ、今回釣れた理由。

釣る前に鱒料理を食べた。(バカ言ってる、と思うだろうが、釣りとなるとバカもバカ、オオバカになるのは仕方ない。)今まで、鱒料理は釣れない時にリベンジとして食べていた。今回は、ロLodsの村に到着直後のランチで立ち寄ったレストランTruite d’Orトルィット・ドール、その店名(金の鱒)から察する通り、メニューを見るとまざまざと鱒料理がスペシャリテ。で、思い切って食べてみた。

Truite Belle Lodoise(ロの美鱒)と名づけられたトラウト料理は、地元名産のモリーユ茸などの詰めものをした地元産の鱒を、これまた地元特産のヴァン・ジョーヌを用いたうす塩のクリームソースでいただくという、地元の塊みたいな料理で、郷土モノに弱い私には抗し難かった。ここのメニューには、他にも郷土鱒料理や定番的鱒料理がいくつかある。

これで釣行前に鱒を食べても釣れる、ということがわかったし、考えてみればリベンジに鱒を食べるという発想は後ろ向きでもある。食べた鱒に気を入れてもらったのかもしれないし、これからは鱒を食べることが増えるかも??
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ