2007/7/13

ラングドック・ルシヨン地方 ピレネー・カタラン [7] 宿    泊 Accommodation
宿について。Les Bones Horesは、ベーシックながらチャーミングな山の宿。立地からいって当然、宿泊客はトレッキングや釣りの山遊びの人々ばかり、で満室。英語圏客も数組見かけ、若いスタッフが英語で対応。スタッフは皆、気持ちよく、マダムは淡々と親切。フライフィッシングガイドのHervé THOMASさんにお礼を言うと、私のクライアントにこの宿について不満を言った人はいない、と言うとおり。

必要なものはしっかりあり、不必要なおまけをベタベタくっつけない、こういう宿は私の好みである。したがって、部屋の浴室には液体石鹸以外、アメニティの類はない。ヒーターは良く効く。浴室にはタイマー付き(こういうムダの無さがまたいい)のエクストラの強力ヒーターもある。熱いお湯が出るまで多少時間がかかるが、バスタブもある。掃除が行き届いている。壁の数箇所に塗料でちょこっと花のイラストが施してある。お金をかけずに、でも、もてなしたい気持ちが伝わる。

ホテル部分以外に、フランス語でドルトワールdortoirと称する宿泊設備があり(寮のことを言ったりもする)、多人数で大きな寝室やバストイレを共有する。ホテルもリーズナブルだが、こちらはもっともっと安い。

シンプルな客室に対し、バー及びレストランはテイストフルでチャーミング。アンティークな木製スキー具などが飾られていて、レストランの奥の壁面をくり抜いたグリルに火がはいっている。シブイ。夕食には、ソーセージや肉のグリルの盛り合わせを同じラングドック・ルシヨン地方のワインでいただいた。こんな良い炭火の香りは、久しぶり。

おまけのエピソード。ここの宿、ネットで旅の予習をしていて、へえと言う情報にいきあたった。http://eric.hurtebis.chez-alice.fr/llivia.htmによると、この直ぐ近くにスペインの飛び地領Lliviaリーヴィアがあり、この宿のある土地はリーヴィアのそのまた飛び地領であり、したがってスペイン領。一方、この宿はフォンロムFont-Romeu(近くのフランスの町)が建設したもので、いろいろもめた結果、2030年にリーヴィアの町に帰する予定なのだそうだ。彼のサイト→リーヴィアのオフィシャルサイトによれば、我々が釣行したあたりもスペイン領ということ? 彼のサイトhttp://eric.hurtebis.chez-alice.fr/eric.htm は、他にもスペイン国境の里、セルダーニュCerdagne一帯の深い情報が満載。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ