2007/8/27

パリのレストラン 〜フレンチ〜 更新  食 Gastronomy
パリのレストラン 〜フレンチ〜のリストを更新しました。

7,8月は、お気に入りのレストランも行きつけの食料品店も軒並み夏期休暇。今週あたりから正常化と、先週も思ったがまだまだ休む、フランス人。

閉まっているのも困るが、もっと困るのは店は開いているが中身が休暇中、という場合。つまり、レストランなど臨時スタッフやまだまだ丁稚、がやっていて留守管理が行き届いていない店だと、ええっ、こんなはずでは、という悲劇となる。食料品店では選択肢も質も下がるというところが出てくるし、マルシェも繁盛店は夏はマタ貸しして自分は休み。某大手スーパーでも、品切れと消費期限切れのオンパレード。

そういう恐怖の環境がまだ続く先日に出会った、地獄で仏の小さくて気の利いたビストロをリストに追加しました。

尚、この機に記しておくと、パリの夏は都市機能マヒ。だから、この時期は「住まうように旅するパリ旅行」というのは難しい。そもそも住んでいる人(パリジャン)が出かけていていない。美食の期待はほどほどにして、名所、旧跡観光、美術館巡り、ショッピング(但し、こだわり系の店も結構休業するのでファッションなどの買いもの)に徹するのが良いというのが私見。サービス業などは、スレた"ベテラン"はヴァカンスで、代替のアルバイトや研修生などのほうが余程気持ち良い接客をしてくれるという利点もなきにしもあらず。また、子供連れの旅行はしやすい時期。滞留人口の大半が観光客となり、レストランも家族連れ客が目立つから普段は敷居が高い店にも出没しやすい。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ