2008/4/8

番外 日本のフィールド釣行 白河・レジーナの森  管理釣り場 FF Fields 1
東京以南では桜の週末、福島県、白河の羽鳥湖高原 レジーナの森へ。ルアーとフライフィッシング専用の管理釣り場があって水辺に泊まれるというので、以前からマークしていたところ。

着いてみると、寒〜い。だけでなく、風が強〜い。
これではキャスティングできないかも、ということで、まずは和食処 板小屋で、地元名物の白河ラーメンで昼食。焦らず、大人の釣りの構え。

食後、風は止まないがどこか風裏があるだろうと、湖を1周。水面観察などでゆるゆる歩いて20〜30分。なんとかいけそうな場所を見つけ、出陣の目処がついてウキウキし始める。ロッドは、今回はオービスOrvisのフリークエントフライヤーFrequent Flyerの#5のパックロッドを組み立てる。

ところどころ雪が残っている。少し上のゲレンデでは、まだスキーができるのだそうだ。ウェーダーと使い捨てカイロを持ってきて良かった。それでも寒い。防寒下着を持ってくるべきであった。

いざ竿を振り始めようという段になったら風向きが変わっている…。天候が厳しいせいか、アングラーは他に5,6人程度。

ストリーマーで始めるが、反応なし。人造湖だし、小魚いないかも。少なくとも水際には見当たらない。

風がビュンビュン。ユスリカラーバかそのイマージャーという気もするが、波動で見つけてもらいにくいような気もする。とにかくニンフをいろいろ替えてみるも、アタリなし。

続く…。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ