2008/5/24

フライフィッシングのフランス語 [54]  FFフランス語 FF French
釣行時に気になる天気予報のフランス語。

ここのところ多いのが

(un) orageオラージュ、雷雨

初夏に多くて、フランス釣行の際には注意。

1年を通じて、フランス、パリ辺りの雨は、一日中降り続けることは珍しい。
しかし、降る時には狂ったように降ることがあり、先日、5月中旬にも、Lilleリールの町で車があちこちで水没している様子をニュースで流していた。日本のようにそこらじゅう護岸していないせいもあるかもしれないが、洪水状態もあり。

(une) averseアヴェルス、にわか雨

は、比較的多いが、10-20分降ったら小降りになるので、大抵は雨やどりで凌げる。

リール水没と同時期には、Toulouseトゥールーズで雹(ひょう)が夥しく降り、こちらも水(雪)没。You Tubeで発見したOrage de grêle à Toulouse 15 mai 2008は、こちら

(une) grêleグレル

が、ひょう、みぞれ。動詞は、grêler。

雨の総称は、(la) pluieプリュイ、il pleutイルプルで雨が降る、降っている。雨がもうすぐ降る、なら、il va peuvoirイル・ヴァ・プルヴォワール。

(une) tempêteは、嵐。

(la) précipitationプレシピタシヨン 雨や雪などの降水。

晴れ間は、

(une) eclaircieエクレルシ

で複数で使うことが多い。Il y a(ura) des belles eclairciesと言えば、晴れ間が広がるというイメージ。

しっかり晴れる天気なら、(le)soleilソレイユ太陽という単語が繰り返し使われる。
形容詞は、ensoleilléアンソレイエ。

曇りは、nuageuxニュアジュー。雲は、nuageニュアージュ。

moroseモローズ、雲が垂れこめ暗くて陰気なお天気の形容詞も、テレビの天気予報で耳にすることがある。

そんなことを書いていたら、空が暗くなってきてしまった。予報、アタリか。

追記 (5/2008)
「一日中降り続けることは珍しい」と書いた先から結構しっかりした雨が降り、その後もパリも洪水になるのではと心配するような雷雨、降雨あり、これでは立場がない。来週も降雨の予報あり。今夏の渇水の心配が減るのは良いことだけれど、鱒たちのいる川の様子はどうなっているだろう…。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ