2008/7/22

フライフィッシングのフランス語 [57] 河口域関係  FFフランス語 FF French
今回釣った河口域はフランス語で、
(un) estuaireエスチュエール。河口域で、と言うには、
en estuaireアン・エスチュエール。

汽水は、
(l')eau saumâtreオ・ソマートル。

ソルトウォーターということであれば、
(l',les)eau(x) saline(s)オ・サリンヌ
だろうが、ソウトウォーター・フライフィッシングとフランス語で言う時には、
pêche à la mouche en merペッシュ・ア・ラ・ムッシュ・アン・メール
即ち海のフライフィッシング、海フライというのが普通みたいだ。

ステンレス製フックは、
(un) hameçon (en) inoxアムソン(アン)イノックス。

さて、今回オデ河口域で釣れたのは、
(un) barバール。シーバスのこと。パリのレストランの魚料理欄で頻繁に見かける。

他にも、
(un) muletミュレ、ボラや、
(un) saumonソモン、鮭もいるそうで、フランスのワイルドサーモンの顔、一度拝んでみたい。

ボートは、
(un) bateau(x)であり、ボート釣りなら
pêche en bateauペッシュ・アン・バトー。

ボートを借りるなら、
location (de) bateauxがレンタルボート。
Bénodetベノデのハーバーで借りることができよう。

location (de) beateaux sans permisサン・ペルミとあれば、船舶免許無しで借りられる。

(un) port de plaisanceポール・ド・プレザンス
は、日本語でいうマリーナ、ヨットハーバー。plaisanceは、英語のpleasureに相当し、つまりプレジャーボート用の港ということ。

河口域につきものの灯台は、
(un) phareファール。

しかし、
ダブルホール、double tractionドゥブル・トラクション
ができないと厳しいな…。

* 私は、ネイティブ・スピーカーではないので、フランスで釣りをしたり釣り情報を集めながら、なるほどこう言うのか、と理解した単語、表現を挙げていきます。それは違う、他にもこういう言い方がある、などのご指摘があれば是非コメントください。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ