2008/7/23

ブルターニュ地方 カンペール近くオデ河口域 [4] アクセス  分類なし
今回訪れたのは、フランス最西部、フィニステール県FinistèreカンペールQuimperとその周辺の地域。この一帯、コルヌアイユCornouailleとも呼ばれる。英国コーンウォールCornwallからやってきた人達が住み着いた地域だそう。

ブルターニュ地方というのは、実はパリからはやや遠い。それで南ブルターニュは初めて。これまで、北ブルターニュのサンマロSaint MaloディナンDinan辺りまでしか侵攻したことがなかった。

カンペールまで車でならパリから約550キロ、つまりボルドー(アキテーヌ地方)に行くくらいのインパクトあり、週末ふらっとというのには車や電車ではなかなかきつい。TGV(フランス国鉄)では4時間半(乗り換え無し直通)かかり、往路は新型車両の一等車の快適さもありそうこうしているうちに着いたが、帰路はさんざん遊んだ後でもうぐったり、で一等車でも4時間以上はきつかった。パリから空路は、エールフランスも飛んでいる。しかし、満席で取れず。

カンペールは、TGVの終点駅。そこから先、ブレストBrestまでは地元路線TERで繋がっている。一方、ブレストまでは北ブルターニュ経由でTGVが走っている。

南ブルターニュ沿岸は、地中海沿岸のようにハイシーズンに車が混まないところが良い。渋滞だらけの地中海沿岸コートダジュールではシーズン中は休むバス路線もあるのに対し、ここではバスも良く見かける。むしろシーズン中のみ走るのがあったり増便したりしているのかもしれない。

続く…。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ