2008/8/26

コルシカで釣りたい  自然渓流 FF Fields 2
コルシカ島でフライフィッシング、と言うのには遠く及ばなかったが、多少の感触を得ることができ、もう一歩踏み込みに戻りたいと思う。

別名 Île de Beauté 美の島。この一語が全てを語っている。紺碧の岩浜とコバルトブルーの砂浜にぐるりと縁どられながら、内陸部は起伏に富んだ山岳から成り、標高は最高2710メートル(Monte Cinto モンテ・チント)に及ぶ。地中海の島の中でも緑豊かなことでも知られる。そして、鱒がいる。

コルシカ特有の鱒は、macrostigmaマクロスティグマ。ブラウントラウトの一種で、黒い斑点が特徴的。その起源は15万年前に遡るとされるマクロスチグマは、現在アクセスの容易でない山間部にのみ棲息し続け、その絶滅の危惧に数年前から棲息地域では一切竿を出せないことになった(LIFE macrostigma プロジェクト)。

コルシカ中央部のコルトCorte(コルシカ語ではCorti)を訪れた。コルシカ独立時代の首都。町の標高は400メートル足らずだが、ここから登っていくトレッキングルートがいくつもある。プロのトレッキングガイドがついて1週間、2週間かけていくようなトレッキングツアーもある。

町のすぐ外をレストニカ川La Restonica、タヴィニャノ川 Le Tavignanoが流れる。ブラウントラウトが棲息する澄んだ流れ。あちこちに水浴びする人たち。しかし、見るからに渇水。6月までは良く雨が降ったらしいので、なんとか、と願ったが、8月のコルシカがベストシーズンでないことは確かだ。

続く…。
********
関連書籍 (フランス・アマゾン)

あまりにも美しいコルシカ島。初心者向けトレッキングコースもたくさん。

Corse. Les 58 plus belles randonnées entre mer et montagne Klaus Wolfsperger著

*海外アマゾンの買物ヒント*
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ