2008/8/28

コルシカで釣りたい [3]  遊(釣り以外) Other Leisure
ここでちょっとコルシカの島内交通について。

コルシカの道路。国道は良く舗装されているが片側1車線ずつが主。県道のアスファルトはしばしばボコボコで狭く、至るところで蛇行している。海辺とて、車でアクセスできず船でしか行けない場所が多々ある。だからこそ海も山も、大型開発もなく野性味を残した自然美が守られているのだろう。これまで3回の滞在中、ミニバス含め観光バスの類は1台も見かけていない。乗用車も小型が多い。

コルシカ初訪問時(20年前)、崖から落ちて山肌にはりついたままになっている事故車を見て、凄いところだと思ったのを覚えている。その頃に比べれば、ガードレール(実際には低い石垣や杭)はだいぶ増えたように見受けるが、崖なのに何にもないところも相変わらずあり。但し、実際に交通事故が多いのは、多分に見通し良く真っ直ぐな東部の国道198号線だそうだ。

それでは、公共の交通機関はどうか。電車やバスのサービスは本数少なく進行速度も遅いので、相当時間が食われることを覚悟する必要がある。但し、今回初めて乗ってみたコルシカ鉄道Chemin de Fer Corseは、それはレトロな味があり、また車窓からの景観が素晴らしい。

乗ってみたのは、山間部を行く北東バスチアBastia〜中央部コルテCorte間(約70キロで車では1時間強のところを2時間弱で、コルテCorte〜西方アジャクシオAjaccio間(約80キロで車では1時間半のところを約2時間で)、北西部バラーニュBalagneの海辺を行くイル・ルスL'Île-RousseカルヴィCalvi間(約30キロで車でも鉄道でも約30分)。

乗ったのはいずれも2両編成。エアコン? とんでもない! レトロということは、即ち古〜い。気合いははいっている(音は凄い)が、なかなか進まない。小さな駅はリクエスト・ストップ。海辺線は、ビーチを繋ぐ江ノ電か。ホームもろくにない停留所もあり、道端からそのまま乗ってきたりする。いずれも、鉄道ファンでなくとも心躍る道行き。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

続く…。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ