2008/9/12

コルシカで釣りたい [5]  分類なし
コルシカ鉄道並みのゆっくり更新…。

さて、山も海も自信なかったこともあり、バックアップ? バスチアBastia(コルシカ第二の町)発の乗り合いの餌釣りエクスカーションを予約してあった。釣果保証を謳う小もの釣り。最高4人+主催者関係3人がヨットで夕方から夜釣りに出かけた。

魚探もないのに、船長がポイントを良く押さえているせいか、確かに爆釣。珍しく船酔い気味。停泊ヨットの揺れは、やはりクルーザーの比ではない。で、途中戦線離脱したが、皆バカスカ釣るのでいてもたってもおられず、復帰。2連のハリに両方かかったりする。でも小さいので、アタリをとるのが難しく、餌だけ無くなっていたりする。

タイの一種のpageotが良く釣れる。他に、鯖やserran(sarranとも言い、和名わからず)などが次々と揚げられるが、誰が何を釣ったのかもうわけがわからぬほど。

途中小雨がぱらついたものの、日がとっぷり暮れると夜空は満天の星。まるでプラネタリウムみたいにまあるく見えた。視線を地上(海上)に戻すと、目前は橙色に浮かび上がるバスチアの町。港に戻った船上で、コルシカ特産のハム、ソーセージやチーズで一杯。コルシカならではの、餌釣りの夜だった。

尚、コルシカではその他、bonitoカツオ,chaponフサカサゴ,dentiキダイ,doradeタイ?,loup(bar)シーバス,mulletボラなど、要するにもっと大きいのもいろいろ釣れるそう。一方、viveという毒をもった魚もいて背びれなど触ると痛いそうなので、これからコルシカで釣りをという方は気をつけて。

続く…、かも。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ