2005/8/21

ラッセル (Lascelle) [7] 宿  泊 Accommodation
フライフィッシング専用管理釣り場の宿としてこれ以上のロケーションは望めない?部屋から出て1分以内に、目の前に広がる澄んだ湖で竿を振ることができる。部屋は、シンプルでコンパクト、清潔で快適。

他に、家族客や長期滞在者向けにキッチン付きシャレー(2階建てバンガロー)もあり、同様に目の前が湖。夕刻、鍋底をカーンカーンとたたいての夕食の知らせが響くと、釣り人が竿を納めてシャレーに戻っていく様子がレストランのテラスから窺えた。

オフィシャルサイトはこちら。(尚、サイトにあるフライフィッシング・レッスンは、現在は行っていないいないとのこと。湖の釣り方を教えてもらいたかったので、残念。)

管理釣り場となっている湖自体の名前は、Résevoir de Jordanneというらしい。普段はフローティングラインの釣りが原則のようだが、訪問当日は冷え込んで鱒たちはかなり深いところにいるということでシンキングライン使用可であった。Lac des Gravesの名称は、宿泊施設、馬場、アドヴェンチャー施設を含む総称だ。オーリヤックからの路上看板もこの名称で出ている。
0

2015/3/19  14:08

投稿者:flyfishingfrance (fff)
昨夏フランスでクルーザー購入され、毎年乗りながら日本までだそうですが、グズイチ師匠、その後お元気でしょうか?スペインで音信途切れたきりで、ポルトガル辺りでwifi難なら良いのですが、くれぐれも気をつけて。。。

2005/9/14  17:49

投稿者:flyfishingfrance(fff)さん
そう、ここは師匠のお好きな湖タイプです。秘伝よろしくお願いいたします。レストランも釣り師、宿泊客以外もきていて、賑わっていました。

2005/9/14  0:54

投稿者:グズイチさん
ここいいなぁ〜。 行きたいなぁ〜。 食事はおいしいのでありましょうか? このような状況での秘伝必釣法教えましょうか? 

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ