2005/6/13

中野川 追想 2  食 Gastronomy
中野川川沿いにある 手打ちそば 時屋は、釣り人には周知として、釣り人でなくとも遠回りしても立ち寄りたい店なので、この際触れずにはいられない。蕎麦屋では、日本酒をおいしくいただかねばならない、という私の思いを裏書きしてくれる店だ。酒肴、天ぷらそばに冷酒、でもう極楽だった。

更に、中野川倶楽部の野崎さんが、釣れなかった私へのおみやげに?高知の鰹のたたきがおいしい店を教えてくださった。目の前で藁を燃やして焼いてくれるんですよ。果たして、この藁焼きがまたおいしかったあ。鰹の他も注文したものは全て。メニューは、そうは謳ってはいないが創作ものばかり。創作料理メニューというと、奇妙なものがでてきて、うーん、努力賞・・・、というのがそれまでの経験だったので、これもまた嬉しい驚き。店名は、失念してしまった。思い出したら、また。
0

2014/9/14  11:23

投稿者:Author (flyfishingfrance)
あれっきり行っていません。また訪ねることができるのでしょうか。当時の投稿記事本文はそのまま、リンク切れもきりないのでそのままになっています。中野川倶楽部さんも時屋さんも、ネット検索で探してみてくだい。中野川倶楽部の新サイトを覗くと、なんだかそそるルックス(死語)になってますね。。。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ