白堊の球児! 日立一高野球部2008

 

こんなふうに 毎日がダラダラと 過ぎていく  ああ また フサギ込んでしまうのかい? そんなときは 気持ちばっかクルクルと 空回り  ああ まだくすぶってるのかい? 目を閉じて 僕といこう 誰もいないところへ  秘密のあの場所へ そこで裸足になって fallin ` love  露になった parts and heats  恥ずかしがって ハニかんでる サマーデイズ 熱闘甲子園 2008 テーマソング 「夏はこれからだ!」(一部抜粋) by 福耳

Topページに戻れます 応援掲示板(お休み中です) リンクサイト(相互リンク&お気に入り一覧です) 白堊の球児達(チームメンバーです) Mobile一高(携帯専用サイトです) 球場案内(よくお世話になる球場&グランドの地図一覧です) 白堊の球児2005(2005年チームの記録です) 白堊の球児2006(2006年チームの記録です) 白堊の球児2007(2007年チームの記録です) 茨城県立日立第一高等学校公式ホームページ

本サイトは、2007年秋〜2008年選手権大会までの記事保存版Blogです。基本的に更新はありません。
サイトが消滅する可能性はありますので、残しておきたい場合は、ダウンロードしてPC等へ保存して下さい。【2008年8月 Laurel】
(更新中)

携帯サイトQRコード

リンクバナー

ご意見ご感想はこちらからどうぞ

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

掲示板新着投稿

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:携帯サイトから転載
投稿者:OB 投稿日:2008/07/11(金)12:36
明日の試合は応援に行きます。
一発かっとばせ〜
投稿者:応援団
諒一 お前は必ず打てる!
投稿者:携帯サイトから転載
投稿者:チョッと古い背番号1 投稿日:2008/07/02(水)12:38
[番はまかせた]
投手の側から見ると、相手のクリーンアップとの対戦は慎重になります。
私の頃はあまりありませんでしたが、昨今はわざとボールを先行させて、その後勝負などと言う高度な技術を駆使するチームもありますね。
ただし少しでも甘い玉はボール気味でも初級から狙ってくる打者には威圧感を覚え、コントロールも乱れる可能性は大です。

一高の選手は慎重派が多いのかチャンスでも初級の甘い玉を見逃すケースが多いのではないでしょうか。(打ち損じはプロでもあります)

もちろん悪球に手を出しチャンスを不意にしてしまう事は誰でも敬遠することですが、四番打者は少し破天荒な意図を持って打席に立ってもいいのではと感じました。

昔、木内監督が「一高と名のつくところは何をしてくるかわからないから、怖いんだ」と言っていたのを思い出しました。
相手に無言のプレッシャーを与えるような”立ち姿”期待します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ