はじめに・・・  日記

ほっぺがウリの娘。訳あって歩行と言語が不自由です。
1歳前からたくさんの人の手を借りてきました。
そしてこれからも。
今までお世話になってたけれど、様々な理由で身近にいないあの人・この人に娘の「毎日のくらし」をかいま見ていただき、元気に暮らしている事をお知らせできればと思っています。

2017/12/14

山が白い  日記

朝、時間に追われながら外に出たら、山が白くなっていました。
どうりで寒いと思いました。
だんだんと、こんな日が多くなっていくのでしょう。

活動前に、冷えた手足を入念にマッサージしてもらいました。
血行が良くなり、体も動かしやしくなります。
ゆっくり・じっくりとほぐしたので、『クルージングの旅』はいきなりサメ退治から始まりました。
今日はキッチリと二匹退治して、クラスメイト全員で全てやっつけることができました。
めでたしめでたしです。

木曜日の午後は、他クラスの先生が入ることがあります。
見かけない先生がくると、ぐぐっとテンションが上がります。
コミニケーションの取り方が積極的で、ずっと拍手をおねだりしていました。
音楽の時間で、ピアノの生演奏を聴きました。
娘は鈴を持って、気分のままに合いの手を入れます。
『TUNAMI』の演奏で、感情豊かな強弱につられて、娘のマラカスも大きく・小さく・激しく振り鳴らします。
後で褒められて、気をよくする娘でした。
クリックすると元のサイズで表示します 帽子があたたかい

2017/12/13

順応性あり  日記

極寒の台所に耐えかねて、ファンヒーターを出しました。
天国です。
作業がじっくりと落ち着いてできます。
なんでもっと早くに出さなかったのだろうと、自分で自分が謎です。
明日も寒そうです。

寒いですが、日課の散歩に出かける娘です。
新しい装具も慣れたようで、とりあえず安心しています。
教室に戻って、『クルージング』の授業です。
エアートランポリンの揺れのバリエーションを、これでもか!と体験しました。
今日もビニールクラゲの部分はカットされて、サメが登場してきました。
昨日ほど動揺することなく、サメ退治にいそしみました。
順応性が思ったよりあるみたいです。
サメ退治の意気込みはあったのですが、1匹も倒せませんでした。

午後は軽音楽のクラブ活動でした。
秦基博の「ひまわりの約束」、忍たま乱太郎の主題歌「勇気100%」そして「イイスタ」を演奏しました。
ピアノとドラムの生演奏を聴きながら、マラカスを振りました。
娘の近くにキーボードがあり、時々手を伸ばして押したりしてました。

13番のおやつは、キットカット2個でしたー。
クリックすると元のサイズで表示します 握っていると溶けるよ

2017/12/12

二学期の力作  日記

期末懇談がありました。
二学期は行事ごとが多く、慌ただしくも刺激ある楽しさがいっぱいありました。
創作物も多くて、一部を持ち帰ってきました。
娘はチャチャを入れる事しか出来なかったであろうに、よくぞ形にしてくれまして感謝です。

薄氷の張ったアスファルト部分もありました。
冷え込みました。
朝の構内散歩も、上着を羽織り手袋をして歩きました。
スロープを上るのが、今の娘の習慣となっています。
朝の会もペーサーで立ちながら参加しています。
かれこれ、1時間くらいはペーサーと共に過ごしています。
娘の第2の足です。

午前中は、冷え切った娘の手足の指をオイルマッサージしました。
揉んでやっと人の肌色になります。
循環が良くなったところで、腹筋や膝立ちをしました。
腹筋は3回くらいでヘタリましたが、その分膝立ちをみっちりと取り組みました。

午後は先生にバイオリン聴かせてもらったり、電子ピアノを奏でてもらったり、耳を楽しませてもらいました。
生演奏はCDとは違うよさがあります。

帰宅して、一言も発しないまま横になって寝てました。
これくらい潔く寝れば、夕飯までにたっぷり休めるね。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/11

いつもと違うー  日記

風の音が、もう寒そうです。
雪だけは、雪だけは勘弁していただきたい。
明日の登校は、ニット帽を用意して耳を守るとしましょう。

土日にしっかりと休んだので、比較的ごきげんで起きた娘です。
毎朝こうだと助かります。
学校でも、元気に散歩に励みました。

午前中の『クルージングの旅』に、バリエーションが出てきました。
エアートランポリンのエアー使いで、嵐や難破の表現がより複雑になりました。
体当たりによる大きな揺れや、空気の抜き入れによる上下の揺れ。
凪のような心地よい揺れ、
どのパターンも存分に楽しみました。
ただ、今回は大好きなクラゲの部分がカットされて、突然にサメ退治のコーナーが始まりました。
これに娘がショックを受け、びっくりするやら残念がるやら、感情を大きく出しました。
すっかりと話の流れを掴んでいるようです。

午後は学年創作でした。
鏡餅を乗せる三方を、牛乳パックで作りました。
先生の手を追いかけるように、とにかく触りたくて仕方がりません。
作業は進みませんが、参加する気持ちは前向きです。
クリックすると元のサイズで表示します 包囲されている感



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ