はじめに・・・  日記

ほっぺがウリの娘。訳あって歩行と言語が不自由です。
1歳前からたくさんの人の手を借りてきました。
そしてこれからも。
今までお世話になってたけれど、様々な理由で身近にいないあの人・この人に娘の「毎日のくらし」をかいま見ていただき、元気に暮らしている事をお知らせできればと思っています。

2017/3/23

からだ  日記

『マツコの知らない世界』で、ピアニストの事をやっていました。
清塚信也さんが何曲か弾いていましたが、一番じーーっと聴いていたのが【戦場のメリークリスマス】でした。
何年経っても、誰が聴いても、名曲です。

学校についたと思ったら、やや大きめの発作が出てしまって、20分程寝ました。
「おやすみなさい」から始まった今日の学校です。
目がさめるとスッキリして、体の部屋に向かいました。
今回のからだの授業は、娘の一年間の取り組み発表でした。
ペーサーでの歩行。
イスからの立ち上がりと座り方は、実際にみんなの前で実演しました。
時にニッコリしたり、時に真剣になったりして、無事発表を終えました。

本年度の授業と給食が、今日で最終となりました。
つい最近に新学期をむかえ、長く暑い夏休みに四苦八苦していたと思っていましたが。
もうこんな季節になりました。

可愛かろうとリボンを手首に結んだら、全力で取りにかかっていました。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/22

夜中に  日記

三重県にて『菓子博』が開催されます。
実家では、展示用工芸菓子の桜の花をたくさん作っていました。
白かと思うような淡い淡いピンクの桜で、リアリティ抜群でした。
よろしければ、足を運んでみてください。

ものくさそうに起きた娘です。
夜中に目が覚めたからでしょう。
急に笑い出して、怖かったです。
「夜。・・まだ夜。」
と、ねぼけまなこで諭しました。
二度寝してくれて助かりました。

今朝もペーサーで校内を散歩しました。
すれ違う人に挨拶をしたり、医務室に寄って世間話をしたり、コミュニケーションが楽しいです。
教室に戻ってからは、お腹が張り気味なこともあり、お腹の体操を念入りにしてもらいました。
午後はクラブ活動でした。
今回は軽音楽部に入れてもらいました。
昼から訓練の予定がありましたので、母が音楽室まで迎えに行きました。
楽器トラブルで演奏が中断中で、帰る時に
「ごめんね〜ごめんね〜。」
と、丁寧すぎるほど声をかけてもらいました。

訓練は、相変わらず低いテンションで取り組んでいました。
“訓練意識3:7先生と遊びたい意識”
くらいでしょうか。
すぐ先生にもたれに行きます。
今日が本年度最後の訓練でした。
また4月に。
クリックすると元のサイズで表示します しっかり立ち・しっかり支える

2017/3/21

型取り  日記

昨日のうららかな天気とは逆の、寒い雨の日になりました。
ダウンやモコモコのアウターは、もう片付けようかなと思ったのに。
3月の気候は、人を振り回します。

雨が激しかったので、車いすをバスから降ろさず、抱っこして学園バスに乗り込みました。
それが新鮮だったのか、リフトの上でやたらにはしゃいでいた娘です。
「滑る。危ない!」
というのですが、キャッキャしてました。
朝の会を終えてざわざわしていると、聞き覚えのある歌が流れてきました。
『サーカス』の授業の始まりです。
途端に娘のやる気スイッチが入って、リアクションが大きくなります。
クラスメイトがブランコに乗っている時は、ビックマックのスイッチをバンバン押し。
自分が乗っている時は、体全体で楽しさを伝えていました。
3学期も押し迫ってきましたが、あと何回ブランコにのれるかなー。

午後は車いすのフィッティングのため、母も学校に行きました。
座面の型取りです。
採型用のクッションに座り、最適な姿勢が保てるおしりの位置の型を取ります。
その型の写真を撮ると、3Dで映像化(たぶんデータ化も。知らんけど)されます。
これを機械に読み込ませて、機械が形成します。
今は石膏で型を取ったり、ウレタンの塊をナイフで削りながら合わせたりしなくて良いのです。
もちろん最終の仕上げは、人の手にかかります。
次の仮合わせは、新学期早々に行われます。
来年度1年たっぷりと、新しい車椅子で過ごせそうです。
体が車いすにすごくフィットしていたので、楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します 型取り中

2017/3/20

あんまり会えず  日記

春分の日です。
彼岸の入りです。
ぼたもちです。
そんなわけで、母は早朝から実家に行ってきました。
娘と顔を合わせてのは、夕方になろうかという頃。
まだ昼寝の最中でした。
それから母がグーグー寝てしまい、ちゃんと顔を合わせたのがお風呂の前でした。
しばらく不思議そうな顔をして、誰だか考えている風でした。
え、考えます??
そして、「おったのかー!!」と言わんばかりに、ぶんぶん手を振っていました。

実家にて生後五か月の赤ちゃんを抱いてきました。
どの子もそうですが、横抱きは怒り、下に置けば泣き叫びます。
かわいいので抱っこも苦にならず、けっこう大人しく抱かれてくれていました。
帰宅して娘を膝の上に乗せようとしたら、どうにも持ち上がりませんでした。
半日で体が赤ちゃん仕様になってしまいました。
体は楽を覚えるのが早いです。
「当たり前だけれど、大きいよねー。」
と娘に言うと、ケタケタ笑っていました。
何を言われたかわかっていないと思いますが。
クリックすると元のサイズで表示します 昼寝中



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ