大人のピアノ教室 表千家茶道教室 大阪府枚方市  原田智子

2009/10/2

レッスンカルテ32  大人のピアノレッスン

クリックすると元のサイズで表示します

Fさん  80代  経験なし

レッスン歴  3年4ヶ月






Fさんが、ヤマハ大人のピアノ教室の体験レッスンに来られたのは、2005年の夏でした。

真っ白な髪を短くまとめた上品なご婦人でしたが、お年を伺って、驚きました。

なんと、彼女はその時、86歳になっておられたのです。

ピアノは、今まで習ったことはないけれど、昔、女学校に行っていた頃、学校にあったオルガンで、少し教わったことがあり、とにかく、3年間だけ続けたいので、お願いしますと、丁寧にご挨拶して下さいました。



テキストは「おとなのためのピアノ悠々塾 入門編」(ヤマハ)と「おとなのハノン」(ドレミ)を使用することにしました。

ハノンは、無理のないよう、いつも片手ずつ練習してきていただきました。

そして、仕上がった曲の内の何曲かを、「レパートリー」に指定して、毎回レッスンに来られる度に、弾いていただきました。

また、時々、Fさんが弾きたいと言って持ってこられた曲を、弾きやすくアレンジさせていただいて、それもレパートリーにいれました。

Fさんがレパートリーとして弾いていたお気に入りの曲は、「ロングロングアゴー」「オーラリー」「河はよんでる」「ふるさと」「讃美歌」「青葉茂れる桜井の」などでした。


Fさんは、レッスンを始められた当初は、鍵盤の上に5本の指を乗せようとしても、どうしても親指だけが鍵盤からはずれて、ぐっと下にもぐりこんでしまっていました。


90歳近いお年を考えたら、それを直すことは難しいかとも思いましたが、時々、そのことをご注意させていただいていたところ、あるとき気づいたら、両手の5本の指が、ちゃんと鍵盤の上に乗っていました。

その時私は、人は、いくつになっても進歩、成長できるものなのだなあと、あらためて感じました。




Fさんは、しっかり3年と4ヶ月レッスンに通われ、2008年の暮れに、「もう90歳になりましたので、区切りをつけてやめさせていただきます」と、にこやかにご挨拶されて、退会されました。

少し寂しい気持ちになりましたが、Fさんの凛としたお姿を見ると、むやみに引き止めるのも申し訳ないような気がして、「私の方こそ、ありがとうございました。」とお礼を述べて、お別れをしました。

今でも時々、街でFさんとよく似た方を見かけると、思わず声をかけてしまいそうになります。




  

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ