2017/10/17  20:44

DAC2.7が使えた  ロケットサラダの日記
前記事

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

実を言うと、先日ヤフオクで【Atlona製 90051G-1 High-Quality BNC Female to RCA Male Adapter(24金メッキ高品質BNC-RCA変換プラグ)新品】を250円で落札(送料無料)し、それをBNCケーブルに取り付けてSONYのCD/DVDプレイヤーDVP-NS530のデジタル出力端子に繋ぎ、DAC2.7に接続したが、残念ながら音が出なかった。

それで一旦諦めて放置していたのだが、さっき修理しようと蓋を開け、基盤を外す途中であることに気がついた。背面をよく見ると、私は間違ってBNCの同軸端子ではなく、OPTの光端子につないでいたのである。それでは音が出るはずがないので、もう一度基盤を取り付け、蓋をして正規の接続で音が出るか試してみた。

そしたら、出たのである。過去に改造したのはOPT光の内部回路なので、そこの基盤の線が外れていたとしても、他の回路は問題ないということなのだろうか。よくわからないが、嬉しいことは嬉しい。

まだ少し鳴らしただけなので、音が良くなっているかどうか判断はできないが、毎日寝るときにかけている『頭脳警察U』を再生したらなんだか音が元気に聴こえた。まずはベースの主張を感じ、その次にパンタのボーカルがリアルになったような。音が一皮むけたように聴こえる。でも、残念なことに、昨日寝るときに、アンプのボリュームを上げたから、そのせいでそう聴こえるのかもしれない。

このような比較は同じ音量でしないと、正しく見極められない。けど、プラシーボ効果であっても押し入れで眠っていた機器が利用できるのだから、リサイクル人間の私としてはまずまずの心境。最悪の状況からは抜けることができたのだから。

自分はPCで音楽を聴く時間の方が圧倒的に長いので、PCで利用したいが、それは今のところ不可能に近い。PCにはデジタル出力端子がないから。PC用に安いDACを買おうかな。

ホルガー・シューカイ『Movies』
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ