おじさんのスポーツおたく奮戦記?

岡山スポーツをまとめて応援するおじさんの気ままな戯言です。お気軽にお立ち寄り下さい。
背景を変えてみました。ベーシックなissanで勝負です(笑)
晴れの国から、岡山スポーツの応援をメインに様々な話題も拾っていこうと思います。
今後ともよろしくお引き立て下さいませ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:issan
>だいちゃん様

歴史は「勝者の歴史」がずっと伝えられて来ましたから、敗れ去った者の真実は分かり難いのは仕方ありません。諸説が語られるようになってきたのは本当に最近になってからですよね。頼家や実朝が北条氏の陰謀によって消されたというのは、ある意味間違いではないのですが、関東武士団の総意であったのではないかと思われます。彼等にとっては将軍は京都の公家たちを納得させるお墨付きであれば良かったので、自ら政権を掌握しようとしない政治に興味のないボンクラでいてくれた方が都合が良かったのです。

蒙古の襲来についても、文永の役については高麗軍と元の連合で、弘安の役の時には江南軍や南宋軍も加わった大連合軍になっています。逆に言えば、意思統一のし難い烏合の衆だったのかも知れません。朝鮮半島は当時は属国と言うよりも完全に元の支配下でしたから、厳密に言えば高麗軍も江南軍も元の部隊だったんでしょう。文献によって、また解読した人の説によって諸説が出て来るのも歴史の醍醐味のように感じます。当時の日本の戦い方は古来の1対1が主流だったと思われていますが、元や高麗の集団戦術に良いように翻弄された訳でもないようです。てつはうなどの兵器には苦戦を強いられましたが、日本得意の弓矢では相手にかなりの打撃を与えています。
むしろ私の驚きは、当時地方にまで及んでいなかったと思っていた幕府の指揮命令が想像以上に届いていたことです。対して、元に関しては時折指揮が混乱してまとまりを欠くことになっています。連合軍の悲哀かも知れませんし、一枚岩ではなかったことが敗因で台風はそれに追い打ちをかけたのでしょう。

色々と分からないことが多い、ある意味興味をそそられる時代が鎌倉時代ですね。学校の授業では割とあっさり流れてしまう時代でもあるのですが。

私はまだ鎌倉へ行ったことがありません。サッカー観戦で神奈川県にも何度も足を踏み入れていながら、まともに観光していないことに改めて気付かされています。機会があれば訪れたい場所の一つです。近い将来、今より自由な時間が持てるようになれば、立ち寄りたい場所は数多くあります。
投稿者:だいちゃん
平素のスポーツ観戦記とはまた違った、興味深い記事をありがとうございます^^

鎌倉には親戚の関係などで今や年数度行きますが、行く度に歴史的な趣の深さに驚きます。鶴岡八幡宮はもちろん、建長寺や長谷寺はまさに圧巻です^^

それはさておき、実は、私も、実朝が鶴岡八幡宮で公暁の手にかかった後、将軍がこの幕府に存在していたのを知ったのは大人になってからです。それまでは、北条氏がすべてを牛耳っていたのかと思っておりました。少年時代に読んだいろんな本では、北条時頼などの陰謀により頼家も実朝も消されたような描写でしたが、違ったのですね。

何より驚いたのが、元寇の時、主力は高麗、つまりは朝鮮半島の王朝の舞台だったということです!!「てつはう」などを多用する狡猾なモンゴル族で結成された敵軍に散々苦戦を強いられた鎌倉幕府軍、というのが定説でしたが、実際は違ったのですね。勉強になります。

ちなみに、「イイクニ作ろう鎌倉幕府・・」と言いますが、今の教科書では前後してるみたいですね。最新の研究では我々が「平家滅亡」の年とだけ思ってきた1185年あたりが成立年だとか?

また最後に余談ですが、普段、九郎判官義経が身を寄せていた場所のある県にいて、たまに頼朝の総本山に行くと、何となく心理的なギャップを少し感じますね(笑)

Powered by www.oyobi.com

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

過去ログ

PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ