フワフワの毛皮が。。。

2017/3/2 | 投稿者: Hermit





きょうは、 のあ chan の話ではないんですが。。。




今朝、一緒に散歩をしていたら




クリックすると元のサイズで表示します 


向こうから、何かヨロヨロ・トボトボとした影が・・・




クリックすると元のサイズで表示します


近くを猫が通っても、私とワンコがいても
弱々しくではあるけど、確実に近づいてくる。。。


何度か イタチ は路上で見たし、
自動車道で事故にあった アライグマ もみたけれど、
太陽の上がりきった朝、こんな姿の タヌキ を見ようとは。


クリックすると元のサイズで表示します


のあ chan もびっくりで、ガウガウしなかったし
タヌキ は、逃げるどころかこちらを向いて足を止めた。



クリックすると元のサイズで表示します


目の周りの黒い毛や、特徴のある尻尾が
疥癬で抜けていて、なんだか分からないような姿。


でも、背中のしっかりした被毛。
つんとした小顔はやっぱり タヌキ


通り過ぎてからもじっと見ていたら、
向きを変え人家の庭にはいって行った。
男性が庭に出ていたから、
食べ物をもらっていて
人慣れしている んだと、その時気がついた。



クリックすると元のサイズで表示します


不注意に撮影している間  のあ chan を
タヌキ が出てきた辺りに繋いでしまった。


疥癬はうつる。気をつけないと。


もともと野生のタヌキに疥癬ダニをうつしたのは
家犬だと言われている。
このタヌキは、被毛が抜け瘡蓋が全身を包み
治療しなければ衰弱して死んでいくのか。


役場や保健所に保護を求めても
治療して野生に還すことは、まず望めないらしい。
食べ物を与えている人は、
飲み薬を与えているだろうか?



【同様のタヌキに関する記事】
http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/1859828.html
http://blogs.yahoo.co.jp/matakichi705/folder/203312.html


政治家 民間ボランティア さんのブログ。
難しい問題であるという認識は共通だけど、この差。
真剣に対応を考えるべきは政治家の方だと思うけど。。。
医療費を考えると私も遠目に引いてしまう。


傷ついた野生動物を見つけたら、ここへ。という
保護施設があってもよくないだろうか。


作物を考えと「タヌキは害獣」。
健康体のタヌキの捕獲後自然に帰す方法も
ままならず問題になっている状態で、
野生動物の保護など、無理なことだろうか。




'みたよ♪' のポチ・・・で励まされます。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村





タグ: タヌキ  疥癬



2017/3/3  9:17

投稿者:Hermit

>えるさん

そうですよね。人工的な場所じゃない限り緑の多いところは
気をつけようと思いました。

リンクしたサイトの二つ目にも、丸裸状態のタヌキが。。。
狸自体、結構田舎のこの辺でも、
「昔はいた。」と言われている動物でびっくりしました。

ほんと、何の動物かわからない感じですよね。
疥癬になっても、飼われている子たちのように
助けてはもらえない。。。(T T)

リンク先のボランティアさんは、効果があるかないか
わからないまま薬を入れた食べ物を与えていますが
疥癬の薬って、すごく高いみたいです。

真似できないので、せめてのあはしっかり守って
のあはもちろん、のあが媒体になるようなことだけは
無いようにしようと思います。

2017/3/2  21:18

投稿者:える

私も疥癬の狸みたことあります。
お写真の子よりもっとひどくて、異次元な生物みたいでした。。
犬にもうつるんです。
あんまり自然いっぱいのとこに行かない桜ですが
気をつけなくては。。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ