紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:brary
おお、はんじ・けんじでしたか。ありがとうございました。
投稿者:紙魚子
ウィキペディア「ダイビングクイズ」より引用しますと、

* 初代  千葉信男(喜劇俳優)−1964年4月〜1964年9月
* 2代目 若井はんじ・けんじ(上方漫才師)−1964年10月〜1973年3月
* 3代目 ジェリー藤尾(歌手・タレント)−1973年4月〜1974年3月

* 司会者は 都合三代目まで居るが、特に二代目の若井はんじ・けんじは、当時人気兄弟漫才師であったことや放送期間の大半はこのニ人の司会で放送されたため、現在でもこの番組を懐かしむ人たちは、司会と言えば、この二人と言う人が多い。
 
ということです。
ダイブとともに舞い上がる風船の視覚効果は、たぶん一生忘れられないですね!
 リンクを貼っていてつもりなのに、うっかりしていました。おかげでフォローでき、サンクスです。
投稿者:brary
アパートの中庭にあったすべり台で「ダイビングクイズごっこ」をしてました。エスカレーターのようなてすりと白手袋、魅力的でしたねー。風船の中に落ちるというのもファンジックでした。司会はダブルけんじでしたっけ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ