2011/1/10

This Never Happened BeforeA  Paul McCartney

英国時間12月18日土曜日の昼前
地下鉄セントジョンズウッド駅近くのカフェ
Richoux(リシュー)
ごくフツーのどこにでもあるようなカフェだけど
この日この店は
日本からやって来たTちゃんとワタシにとって
特別な場所となっていた。

何しろこの店の2階には
ポール・マッカートニーがいるのだから。

突然の出来事に
しばし固まりかけていたTちゃんとワタシだが
ポールたちが2階に消えた後
「ポールが帰るまでは帰れない」と
店に居続けていた。

その時のワタシは不思議な感覚に包まれていた。
ドキドキしているのか
落ち着いているのか
自分でもよくわからないような感覚。
今思えばたぶん尋常な心理状態ではなかったはず。

すると少しして
2階に上がっていく女性がいる。
誰???・・・よく見ると
ポールの二番目の娘メアリーだ。
(リンダとの間に最初に生まれた娘)
いつも写真で見ていたとおり
メアリーはとても美しい女性だった。
ポールとリンダの良いとこ取り!

2階にはポールとふたりの娘。
それも親子のように歳の離れた娘。
可愛い娘と美しい娘に囲まれ
ポールは幸せな時間を過ごしているんだなあ。

ポールと娘の様子は
1階にいるワタシたちからはわからなかったが
時々、小さな子ども特有の嬌声が
バタバタと走り回る靴音とともに聴こえてくる。
ベアトリスが風船を持って遊んでいるのだろう。

ワタシはといえば
2階の物音に集中しつつ
他愛のないビートル話をしながらも
アタマの中は
ポールが2階から下りて来た時
どうすればいいのか?と
グルグル、グルグル考えていた。
Tちゃんも同じだったと思う。

それにしてもポールは
夜にライブを控えているのに
地元のカフェで娘たちとくつろいでいる。
余裕のよっちゃんだよなあ〜。

そしてしばらく時間が経った。
トイレはどこにあるのかな?
お店の人に聞いた後ワタシに顔を向けつつ
2階に上がって行くTちゃん。
ややや、ポールがどこに座っているのか
これでわかるじゃん!

Tちゃんが2階から
スススーッと戻って来て
少しだけ様子がわかった。
階段を上るとその先にトイレがあり
ポールはトイレのあるところと
反対側に座っていると。
つまりポールを見ることができるのは
トイレから出て階段を下りるまでの間
ほんの数秒だけだ。
もちろん
ジロジロ見るわけにはいかない。
失礼なことはしたくない。
でも見たい・・・葛藤するファン心。

それから意を決して(大げさ・・・笑)
2階へ向かったワタシ。
階段を一歩一歩踏み締め上がって行くうち
聴こえて来る愛しい声(爆)
あれはポールの話し声だ〜〜〜。
話し声は低いんだよね〜
ホントにホントか〜
ウソみたいだけど本物だよ〜!

大声で叫びたいほど心臓バクバク。
こんな近いところにポールがいるのだ。

まさか振り返って
ポールに視線を移すわけにいかないので
平静を装いトイレに直行。
サッサと済ませて(笑)
いよいよポールが見れる・・・。

Tちゃんの言葉どおり
ポールはトイレと反対側の
一番奥の席にいた。
間違いなくポールだ!
・・・なんてウソのはずはないのに
いちいち感激してしまうワタシ。
そして途切れ途切れに聴こえる
フツーにお喋りしているポールの声。
マジ?
マジに決まってるじゃん!
でもフツーに喋っているポールなんて
今まで見たことない。
とてもとても不思議な感じ・・・。
あ、そうだ
ベアトリスがチョロチョロしていたな。

数秒間の体験は
ワタシにとって貴重過ぎるものだった。
この時点においてはだが・・・。

1階に下り
Tちゃんにポールの様子を伝えた。
それからまた少し時間が経って
2階に目をやるとポールが
トイレの方に歩いて行くのが見えた。

「ポールが帰るかも知れない!」
ついにこの時が来た。
ワタシの心とカラダは落ち着きをなくし
今にも宙に浮きそうになったのだった。
(続く)
0



2011/1/17  16:24

投稿者:Tちゃん

ポールのお気に入りのカフェで、ポールと時間を共有できたなんて、本当に幸せです。ポールが2階にいってしまった時、なぜだか、みょ〜に冷静なもう一人の私がいました。よく分からないけど、このまま時間が止まって、ず〜とポールと一緒にいれるような....よく分からない安心感がありました。もし、あの日、あの時、toramiさんと一緒ではなく、私一人だったら.....どきどきしすぎて、冷静さを失い、ポールのプライベートを台無しにしてしまったかもしれない!なんて思いました。あの日のtoramiさんと私の連携プレーは、完璧でしたね!!どんな連携プレーだったかは、また後で ;D

2011/1/17  1:15

投稿者:torami

JUN LEMONさん

何気にポールの声がするって
自分としては天にも昇るような気分でした。


ジーナさん

ホントに不思議な時間が流れていました。
やっと続き書きましたー。


mayuさん

今でも夢のようです。
mayuさんもポールに会えると良いですね。


chrijawinさん

偶然だったんですよホントに。
ロンドン行きはフツーのご旅行でしたか。
次回はポールがいそうな時に、是非。


Oyataさん

強く望むとかなう・・・というのは
あるかも知れないと思いますが
それに運とか
助けてくれる人々とか
いろんなことが上手く絡んだ時に
実現するのではないかと思ったり。
で、また引っ張ってますー。


まみKさん

お久しぶりです、お元気でしたか?
なんとかポールに会いに行きたいという一心です。
お金も時間もかかりますけど
できる時にやっておかないと後悔しそうで。
またお寄りくださいね。

2011/1/14  0:39

投稿者:まみK

toramiさん、久しぶりにおじゃました。なんともすごい経験をされたのですねぇ。ここでいつも思うのは「動かなければ何も起きない」ということです。年の初めに元気をいただきました。ありがとうございます。

2011/1/12  20:09

投稿者:Oyata

ひっぱりますね〜(笑)
読者にもドキドキ感が伝わってきます。強く強く願ったことで、その人に必要だと神様が思ってくださったことはかなうようになっている、と思います。

かなわない望みは自分には不必要か、願い方が弱かったか。

toramiさんの情熱は神様に届いた。いい年になりそうですね。

2011/1/11  19:58

投稿者:chrijawin

toramiさん
ドキドキものですね。
あー羨ましい!!
私は昨年ロンドンに行ったのはただ単に旅行で行きました。その日はPaulはカナダでコンサートをしていたので、こんな事はありえませんね。食事をしているところでPaulにもしあったら・・・どんなリアクションするか想像できないです。
続き楽しみにしてます。

2011/1/11  16:07

投稿者:mayu

私もジーナさんと同様にドキドキして読みました!! 会えなくてもよいから(笑)絶対来月に行ったら寄ります!

でも現実のPaulは、直ぐには夢のようで受け入れられなそうな様子が文章からよく感じ取れますね♪

2011/1/11  15:28

投稿者:ジーナ

toramiさぁ〜ん

読んでいる私まで 心臓バクバクしてきた!
toramiさんの気持ちが伝わってくる・・・ポールがいるのは「現実」なんだけれど、toramiさんは「夢の世界」にいるような〜感じだったのですよねっ!ますます続きが気になるぅ♪

2011/1/11  9:15

投稿者:JUN LEMON

たしかにポールの普通にしゃべる声というのは、めったに聞けないですよね。私たちが耳にするのは「マスコミ向け」のしゃべり方ですから。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ