2011/1/16

This Never Happened BeforeB  Paul McCartney

英国時間12月18日土曜日
すでにお昼は回った
地下鉄セントジョンズウッド駅近くのカフェ
Richoux(リシュー)

そこには
愛する娘ふたりと時を過ごす
ポール・マッカートニーがいて。
彼が店を出るタイミングをひたすら待つ
Tちゃんとワタシもいて。

ポールに動きがあり
いよいよ2階から下りて来そうな雰囲気。
Tちゃんとワタシは注文した物の精算を準備。
するとほどなく階段を下りるポールの姿が!

「あ、来た来た・・・」
その時ワタシは初めて
ポールの横顔をちゃんと拝めたのだった。
それは、まさしくポール・マッカートニー。
彫りの深い顔立ち
シワがあったってハンサムなポール!

彼はひとりで下りて来たように思う。
娘のメアリーが小さなベアトリスを連れていたはず。

ただし
このあたりからワタシの記憶は曖昧になる。
尋常な精神状態ではなかったのと
ポール一家をあまり直視できなかったからだ。

ワタシよりひと回りも年下だけど
シッカリ者のTちゃんは
ポールが至近距離にいることで
ほとんど固まっているワタシに代わり
レジでお金を払ってくれている。
その横をポール一家が通り過ぎてゆく。

ワタシはと言えば
「あ、ポールが行っちゃう、ポールが行っちゃう」
などと小声でモゴモゴとひとりごとをつぶやくだけ。
まるで役に立たない、困ったちゃん。

支払いを終えたTちゃんを確認し
店を出て行くポールの背中を追うワタシ。
Tちゃんもすぐ来た。
雪の降り続いている街を
ポールは傘をさしてひとり歩いている。
彼の前には娘たち。

ワタシたちはポールの後を付いて行く。
しかし、付いて行くだけじゃ意味がない。
これからどうなるんだ・・・と思いかけた時
紺色のコートに身を包んだポールに
Tちゃんが声をかけた。エライ!
何と声をかけたかははっきり憶えていない・・・
日本から来ましたと言ったのだっけ・・・。
Tちゃん、ごめん。
もうワタシのカラダは
このシチュエーションに浮きまくっていたの。

そしてそしてここでやっと・・・
サー・ポール・マッカートニーが立ち止った!
ワタシたちに向かって立ち止ってくれた!
はぁ〜夢みたい〜。

ウソでしょ・・・まさか・・・!!!
にわかには信じられないけれど
確かにこれは現実の光景だったのだ。
シッカリ者のTちゃんがすかさず
握手してくださいとポールにお願い。
ポールはワタシに手を差し伸べた。

空色の手袋をしたポールの右手が
スーッとワタシに向かって来て
(違和感なかったから右手だったはず)
ガッチリと握手!

うわあああ!
ポール・マッカートニーと
握手したあ!


ワタシは何か言わなきゃと思い咄嗟に
「I came from Japan.」とだけ。
Tちゃんは
その夜のライブに行くことを伝えた。

そんなワタシたちに向かって
ポールはなんと応えてくれたかを
正直言うとほとんど憶えていないワタシ。
Tちゃんが憶えてくれていると良いのだけれど。

ホントはもっと
ポールに伝えたかったこともあった。
「また日本に来て欲しい」とか。
でも躊躇してしまった。
押しつけがましいかな?と迷って。

プライベートを楽しんでいたポールには
サインや写真撮影のことは言えなかった。
それでも充分に
いや、充分過ぎるほどの体験だった。
あまりに浮きまくると
感激の涙が出ないことも知ったよ・・・。

空色の毛糸の手袋をしていたポール。
なんだかそれがとても可愛かった。
それにとても似合っていたのだった。
(続く)
0



2011/1/25  13:30

投稿者:Tちゃん

Tちゃんです。toramiさんの素敵なレポートのおかげで、素敵な思い出がもっと素敵な思い出になっています。しかし、日々、私の思いでも曖昧な記憶になってしまっているのも確かです。とはいっても、あの日のあの時でさえ、細かなことまで記憶することは、私たちにはできなったよね!衝撃過ぎて!!!!
toramiさんが、「ポールがコート着始めてる!」という言葉に、私は反応し、テーブルで精算なんかしていたら、ポールが行ってしまう....そんな思いで、片方の袖だけ通したコートをぶら下げて、レジへ向かいました。あっという間にポールは、1階へ下りてきて、カウンター越しのスタッフに声をかけ、私の横を通り過ぎました。そのとき、「ぽ〜る...」と精一杯の小声で声をかけたけど...聞こえていたのか?それとも聞こえないふりをしていたのか?わからないけど、そのままお店を出て行ってしまいました。
急いでテーブルに戻りチップを置いて、toramiさんとお店を出ると、ポール一家は、まだお店の前にいました。声をかけようかどうしようか悩んでいると、、、ポールたちが歩きはじめました。このままそお〜っとみてるだけでいいのか?それとも、家族水入らずのところ声をかえちゃうか?非常に悩んだけど、このままさよならするのは..もうこんな偶然あるわけないのだから...ポールには悪いけど、声かけちゃえ〜!と、めちゃくちゃ英語で、「もしよければ、握手してもらえませんか?」とポールの後ろから回り込んで、強引に握手を迫ってしまいました。私の次にtoramiさんが握手したのかな?!そのとき、toramiさんが「日本から来ました!」というと、「コンニチワ!」「オッス!」といいながら、メアリーの車の方へ歩いていきました。だったと思いますが、ポールの「オッス!」は、握手の前だったかな?...う〜ん...記憶が曖昧です。であとは、toramiさんのレポートのとおりです。
雪が降るたび、この日のことを思い出すのかな〜!!素敵な思い出ありがとう!
ということで、あとは、toramiさんのリバプールレポートを早く聞かせてください!ものすごいレポートが聞けそうで、待ちきれません!

2011/1/25  0:55

投稿者:torami

ジーナさん

未だに夢じゃないかと思ってしまいます。
空色の手袋が今でも
アタマの中をぐるぐるします。


JUN LEMONさん

やっと完結しました。すみません。
ポールとご縁がもしあるのなら
これからもずっと続いて欲しいです。
あ、贅沢過ぎますね。


magpieさん

感激してくださってありがとうございます。
magpieさんはじめ
Tちゃんはもちろんですが
たくさんの方々の支えがあったからこそ
この幸運に巡り合えたのだと思います。
日々感謝せねば。


chrijawinさん

すみません、やっと続き書きました。
ずっと思い続けると願いが叶うこともあるみたいです。
ワタシも死ぬまでに一度は・・・と思っていたのですが。


mayuさん

そうなんです。
ひとりだったら固まったままで何もできなかったです。
Tちゃんがいてくれて良かったー。


Zaurusさん

ありがとうございます。
ライブのこともボチボチと・・・。
時間かかりそうですけど、書いてみたいと思います。

2011/1/21  18:37

投稿者:Zaurus

やりましたね!(^-^)
張り込みした甲斐がありましたね(笑)
ライブの様子もよろしくです!(^-^)



http://wind.ap.teacup.com/zaurus/

2011/1/18  19:30

投稿者:mayu

「空色」しかも「毛糸」の
手袋。
 なんとなくPaulっぽい気がしますね。

温かな感じ。

 でも、直接話しかけられるTさんがご一緒で
良かったですね!

 私一人だったら、フリーズしちゃいそう(笑)

2011/1/18  0:42

投稿者:chrijawin

あーあーあー

うらやま辞意、羨ましいです。

私も死ぬまでにこういった光景を味わいたいです。

まだもしかしてこれ以上があるんですか?

2011/1/17  13:39

投稿者:magpie

うわあ、凄い!
と感激して私が涙してどうする(ウルウル)
夢のような本当の出来事ってまさにこれですよね。
この状況だと私も固まるクチだと思われます。
ご友人に生涯感謝ですね。

2011/1/17  2:25

投稿者:JUN LEMON

「おめでとうございます!」って思わず言いたくなってしまうお話!凄いの一言です!
以前から言って来ましたが、やはりtoramiさんはPAULとの「縁(えにし)」があるお方でございます。えっ?まだ続くのですか?

2011/1/17  1:49

投稿者:ジーナ

toramiさぁ〜ん

「夢の世界」にいるみたいな気持ちのtoramiさん・・でも「現実」に「夢の世界」を体験して〜なんか わたしまでワタシ(toramiさんね)になってしまっている〜「toramiさんの世界」に入ってしまったみたいです(苦笑)「空色の毛糸の手袋」・・詩が書けそう(ハート)
ポールと握手!!!もったいなくて・・手が洗えなかったのでは?!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ