2007/10/5  3:14

リベンジ三木5:男坂・女坂  練習日記・レース系


頭の高さまで笹が生えている細い細い道を抜けたとこで、てんちょが振り返ってブキミにニッコリした。

ワタシ「え・・・ナニ?(まだなんかあるのん?)

てんちょ「いやぁ〜〜・・・楽しいなぁ〜と思って

ワタシ「・・・・・・・・・・・・(そう)。」


   


その奥には、すり鉢状になった広場があり、中央が深くぬかるんでいた。

上の方には、林間コースの幹線路が見えていて、
そこへ登るには左右2本のラインがある。

左は角度が急で、最後はそそり立って微妙に左カーブになっている「男坂」。

右はなだらかに直線的に幹線路へ合流している、
女坂」。

スタートがぬかるんでいるから、どっちも助走が付けにくい。

・保守派、こわがり〜たなワタシは、もちろん「坂」に
行く!・・・つもりだった。

けれど次々と果敢に「」に挑む皆・・・ぬかるみにたった一人取り残されるワタシ。この流れ・・・。

・・・・男坂を上る羽目になった

   

結果は意外や意外、惜しいトコまで行った。タイヤ1.5個分のトコで転倒。
惜しいっっ

でも久々にコケて笑った気がする。

ん〜あの感じ。はまった気がする

でも次に行ったら、また怖いと思う

でもまた、行ってしまう気もする・・・

   「リベンジ三木」おしまい

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/5  2:25

リベンジ三木4:リベンジ本番  練習日記・レース系


やっぱり人間、嫌なことから逃げたらあかん


・・・と恐る恐る林間コースにのぞんでみる。

つい谷底が目に入り、ビビるワタシ

すると・・・あ?前回、木に激突したあの上りに出た。

ゆるい・・・

ワタシなんで、ここでコケたん・・・

・・・が、昨日も、その3m先でまたコケた
「登り切った」と、ホッとしたのが、あかんかったみたいです^▽^;。

  

今回は木に激突せず
代走もなく、帰ってこられました

コケる度にたくさんヘルプしてもらった皆さん、
長時間息子をみてくれはったランツァさん、
リベンジできたのは、皆さんのおかげです!


まだダメダメのダメダメですが、
チャレンジできたコト自体が、すっ・・・ごく嬉しかったです。
ありがとうございました。

懲りずにまたお願いします。

次回「男坂・女坂」で、おしまい。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ