2007/12/1  21:35

阪下3:因縁の場所と!  阪下を走りたい!

しんみりとエンデューロコースを走っていて、ふと思い出しました。

そうやあそこを走っとかな。

つるっと横道へそれて、因縁のあの場所へ。
そしてお約束通り・・・がしゃ

今回は草むらダイブの時と違って、
転倒の原因がハッキリ分かりました。フロントをワダチに取られた。
ていうコトだと思います、たぶん

しかもコケてるのにアクセルを開けたままだったため、
寝そべったまま、都合よく谷向きに方向転換。降りやすい。

らっきーかも・・・。

  

相変わらず、上手く走れない
だからまだまだ、ここでどっぷり浸かりたい!

でも、ワタシほどどっぷりじゃない方にも、考えて欲しいんです。

アナタは、林道派ですか?
アタックに燃えてますか?
阪下より、ほかのコースが好き?
阪下はもう、思い出のかなた?

でも、関西のオフロード文化、バイク業界全体、
明日のライダー仲間を守るコトも、
考えてもらえないでしょうか?

  

阪下のような大規模コースが閉まると、 
林道も獣道も他のコースにも、大きな影響があるはずです。
キッズは林道を走れませんし、明日のライダーは、どこで育つのでしょう?

このままでは関西から、「エンデューロ」という名のレースが、消えてしまうかもしれません。

上手く書けなくて、ごめんなさい!

☆阪下の存続を求める「嘆願書」にご協力ください!!
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: プラザ阪下



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ