2007/12/10  17:35

陶芸家さんご来店  阪下を走りたい!

今日はアメリカから帰国のお客さまが♪
16日のアクションEDに向けて、アメリカよりはるばる帰国されたその方は、もちろん・・・
米国在住陶芸家さん@KDX125SR。
ワタシが阪下の練習で知り合った大先輩です。

てんちょと会うなり、
阪下のことは何とかならんのかなぁっ!?」
と、やきもきしてはる様子。・・・それはそうでしょう。

走行料500円の頃から通ってはって、
いくら阪下を溺愛していると言っても、
やっぱり日本にいるよりも、できることが限られてしまいますから。

  

国内にいるんだから、それも関西にいるんだから、
できることは、まだまだあるはず!
関西のライダーのエネルギーみたいなものを、遠方のライダーさん、一般の人たちにもまだまだ、まだまだ伝えましょう。

ちなみに本日、XR230のクラッチ滑りが発覚!

あぁ・・・

☆「集める」立場に!
プラザ阪下の存続を求める「嘆願書」はこちら
0
タグ: プラザ阪下



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ