2015/7/3  0:31

外装をひとりで取りつけてみる。  練習日記・レース系

今日はほんとに、かった!!

そのせいか、
自分が押している自転車のタイヤに、
2回も足を轢かれました


…というわけで、


「ひとりでKTMの外装を…」後編です^^。

     

取り外したネジは絶対に分からなくなるので、紙に書いて貼り付け。

マシンの中央から外したものを紙の左側に。
左右から外したものを右側に。

クリックすると元のサイズで表示します


そして2日後、先週金曜の夜に、張り切って取り付け!


なんとなく予想していたけど、外すより、取り付ける方が、
断然!時間がかかりました。


どのくらいかと言うと、だいたい、2時間と40分。


それも最後の40分は、「シートをはめる」ことだけに費やし、
あれこれやり直してみたものの、泣く泣く翌日に持ち越し。


お約束のように、ネジもひとつポツンと手元に残りました。
(↑自分で書いた「取付場所」の説明が、意味が不明だった)

     

結局土曜になって、てんちょにヒントをもらい、
無事にシートのあるバイクが組みあがり、あまったネジも無事、元の場所へ。


シートが付かなかった原因は、リヤフェンダーの取り付け方でした(号泣)。
クリックすると元のサイズで表示します


これが正解↓。
クリックすると元のサイズで表示します


えっ?!たったこれだけ??このくらい…
おまけしてくれたってええやん!!


…っていうわけに、行かないみたいでした


あぁ〜。ちゃんとバイクの形してる^^!と、日曜の阪下で撮った一枚。
クリックすると元のサイズで表示します
☆シートもぴちっとおさまっている!


教えてもらうよりもすごい回り道で、時間もかかりました。

だけどその分、よくよく見ないとあかんし、自分の頭で考えて試行錯誤した分、とっても勉強になりました。


上手く行かなかったら、
思いこみ勘違いがないか色々試したり、
あぁでもない、こうでもないとやり直して、

ちょっとは頭に入ったかな?と思います。


冷静に考えたら「外装を外して→洗って→はめた」だけだったけど^^;、
「洗車は、整備のキホン」。

コツコツと少しずつ覚えようと思います。


おしまい^^
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ