2007/12/25  18:13

2月以降のこと。  阪下を走りたい!

西日本最大級というだけあって、受け入れ体制もたっぷりあった阪下です。

2月以降のことですが、
その大規模な阪下を走っていた沢山の人たちが、下市三木へ行く傾向になるでしょう(ワタシが書くまでもないんですけど)。

春になって、走りたくなってきて、
レーサーだから林道へは行けない、となった時。
その時点で関西では、下市か三木しか、走るところがないんです。
その二つのコースの負担は、じわじわ効いて来ると思います。

    

どこのコースも騒音・埃問題は抱えていますし、
人が増えることでその問題は確実に悪化すると思われます。
駐車場の限界もありますし、残念ながらごみ問題も出て来るかもしれません。

どれもこれも、コースの存続に関わる深刻な問題です。

  

生駒につづき、阪下、下市、三木。
関西から、合計4つのコースが消えてしまう、なんてことにもなりかねません。

そしたら関西のオフロード文化は、どうなってしまうんでしょう?
あんなに一生懸命練習していた子ども達は、一体どこを走ればいいんでしょうか?

  

嘆願書を提出した後は、
一般人であるワタシに出来ることは、あまりないと思っていたけど、
ほんとにそうかな?と思う今日この頃です。

まずは嘆願書ですけどね!
0
タグ: プラザ阪下



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ