2007/12/1  21:35

阪下3:因縁の場所と!  阪下を走りたい!

しんみりとエンデューロコースを走っていて、ふと思い出しました。

そうやあそこを走っとかな。

つるっと横道へそれて、因縁のあの場所へ。
そしてお約束通り・・・がしゃ

今回は草むらダイブの時と違って、
転倒の原因がハッキリ分かりました。フロントをワダチに取られた。
ていうコトだと思います、たぶん

しかもコケてるのにアクセルを開けたままだったため、
寝そべったまま、都合よく谷向きに方向転換。降りやすい。

らっきーかも・・・。

  

相変わらず、上手く走れない
だからまだまだ、ここでどっぷり浸かりたい!

でも、ワタシほどどっぷりじゃない方にも、考えて欲しいんです。

アナタは、林道派ですか?
アタックに燃えてますか?
阪下より、ほかのコースが好き?
阪下はもう、思い出のかなた?

でも、関西のオフロード文化、バイク業界全体、
明日のライダー仲間を守るコトも、
考えてもらえないでしょうか?

  

阪下のような大規模コースが閉まると、 
林道も獣道も他のコースにも、大きな影響があるはずです。
キッズは林道を走れませんし、明日のライダーは、どこで育つのでしょう?

このままでは関西から、「エンデューロ」という名のレースが、消えてしまうかもしれません。

上手く書けなくて、ごめんなさい!

☆阪下の存続を求める「嘆願書」にご協力ください!!
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: プラザ阪下

2007/11/30  18:24

阪下2:亀の子と!  阪下を走りたい!

いい予感は当たりました。

ぎっくり腰と一緒に膝(?)も傷め、ちょうど1ヶ月走れなかったのですが、
走り詰めていた時の事が整理された感じで、
すごく自然な感じで走れました。

そうそう、
土手を越えようとして、初めて亀の子になりました。
・・・ん?
試しにそっとバイクを下りて、手を離してみると、
無人のXR230が土手のてっぺんで、
じーーっとたたずんでいました(笑)。

  

コース閉鎖発表後の、初走行でしたが、
意外と悲しくならないもんやなぁと思いながら
エンデューロコースを走っていたら、
3周目でふと、街中の景色が目に入り、ぷつん・・・と何か切れました。

どのコーナーにも色んな思い出があって、
それが急にあふれて出てきて、ぽろぽろ涙が出ました。

初めてフロントから転んでを打った、右コーナー。
恐怖で動けなくなった2段坂
頭が空っぽになるくらい好きだった、竹やぶ出口の下り。
手伝ってもらわないと登れなかったガレた上り坂は、リベンジもまだです。

あと・・・いろいろ。

たった2年だけど、こんなにエンデューロレースに夢中になってこられたのは、
身近に阪下があったおかげだ

なんて、思いました。
しめっぽくて、ごめんなさい。

  

吉川選手のブログに、ワタシの書きたかったことが
ものすごく上手くまとめてあって、リンクさせていただきます。

嘆願書は署名数が集まらないと、流されてしまいます。
どうかご自分のお名前だけではなく、賛同してくれるお友達等にもお知らせ下さい。

ワタシが書きたいこと、まだ続きます!
昨日の練習日記と一緒に♪
0
タグ: プラザ阪下



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ