2005/9/27

パリ郊外 Etampes近く [2]  管理釣り場 FF Fields 1
ああ、このままでは帰れない。と思ったところにオーナーが集金にやってきた。1時間2ユーロで延長できるというので、1時間延長。カラオケボックスみたいだ。

もうお腹は空くし釣れないし(空いているので集中力が落ちて釣れないのかもしれないが)、内心ベソ状態でロッドを振り続ける。あそこの葦の茂った窪みに群れているな…。ラインを投げ込んで引き始める。おっ、何尾か寄ってきた、追ってる。競争心に煽られたのか、これはワシのじゃ、とばかりにデカイのが食いついた。ガッツーン!!! 

切られてはいけない。今度は取り込むぞ。テレビで見たサーモンフィッシングのごとく(空腹により誇大に感じてはいるだろうが)、ダーッとむこうのほうまで走っていく、と思えば今度はあっちだ。こんなファイトは久しぶり。時間がとてつもなく長く感じる。そして、ついにランディング。網から溢れてこぼれ落ちる。すくい直して引き上げてみると60cmほどあるレインボートラウト! 引きしまったイ〜イ体している。ああ、もう感激。

ファイトして疲れたせいか、騙されたショックが大きかったのか、リリースして呼吸を助けてもなかなか泳ぎださなかったが、やっと気を取り直して帰っていった。

パリへの帰路、途中で駆け込みパクついたマックがとてもおいしかった。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ