2006/12/11

パリ近郊 ヴェルサイユの先 [4]   管理釣り場 FF Fields 1
久方に雨も上がりそうな週末、と、出かけていったパリ近郊 ヴェルサイユの先の管理釣り場。結果はオマツリ1尾で、どうも釣った気にならず。今年はもう釣りに行けないかもしれないのに・・・。

着いたら、かなりの人の出。どうも、またクラブのイベントにぶつかってしまったようだ。やっとヒットと思ったら・・・隣人と糸が絡んでいた。フランスでオマツリとは、なんだか悲しい。更に1尾バラシ、1,2度、しっかりしたアタリがあったのもモノにできず、1時間ほどで多くの魚たちはウツになって引きこもりを決めこんだ模様。2時間後には、シーンと何も起こらぬ水面をぐるりと取り囲む釣り師のほうがうつ状態に。

クリックすると元のサイズで表示します終には、こんなのも釣れてしまう始末。
左端にニンフをくわえた巨大ムール貝。
ちなみにこれを釣ってしまったのは私だけでなく、対岸からも、ムールだぁ、という雄叫びが。
限界に達して、戦線離脱。

予約不要でも、やはり事前に電話による状況把握が重要と痛感。

早々に切り上げてパリに戻ったのに、グチャグチャの交通渋滞に巻き込まれる。ヌードツリーを担いだパリジャン達が街頭をゆく。花屋の軒先には、樅の木がテンコモリ。12月は、家庭回帰月間のパリ。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ