2007/2/21

番外 ビルバオのフライフィッシング専門店  買 Shopping
スペイン、バスク地方、ビスカヤ県都ビルバオ。空からビルバオ空港にアプローチ。結構高い山に囲まれている、彼方に見えるのはピレネーかな??コックドレオンLeonへも3-400キロくらいらしい。ビルバオは、鉄で栄えたスペイン北部最大の都市。であるなら、フライフィッシングの店のひとつくらいあっても良いのでは、と思って調べたら、やはりあった !

DEPORTES LANDA

平日は昼休みを挟んで20時までやっているというのは、さすがにスペイン。19時過ぎに到達。間口は狭いが思ったより広いスペースに、タイイングのマテリアルや消耗品の類が見やすく豊富に陳列されている。タックルもある。

VISIONのピンオンンリールを買う。

店主らしきセニョールに、英語かフランス語か話しますか?と尋ねると、no English, no French, only fly fishing! との答えが返ってくる。いいねえ。で、英(単)語と筆談で会話したところ、近いところではビルバオから車で約1時間のサンタンデールSantander方面(西方)、Asoh川やCares川で鱒やシートラウトが釣れるそうだ。

午前中なら彼のセクレタリーがいて英仏語を話すそうなので、何かあれば電話をとのこと。

工業都市からコンテンポラリーな建築と芸術の街へとその表情を変えつつあるビルバオ。グッゲンハイム美術館はその躍動の象徴。話題の磯崎アテアも今夏竣工、新しいビルバオの顔に数えられることになる。旧いものと新しいものとの共存は、言うほどたやすいものではないだろう。旧いものをノックダウンするだけが変革ではないし、旧いというだけで文化財扱いもナンセンス。強い金融・経済、バスク文化への誇り、卓越した審美水準を武器に、理想の未来都市実現? ここ、ビルバオならできるかも。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ