2007/6/12

ベルギーのレストラン (随時更新)  レストラン・欧 Resto Europe
Last Update 11/2008
ベルギーのレストランの備忘録。
まず、ブラッセル。

Le Pré Saléル・プレ・サレ
(2006/2008)
[R]
私好みの食堂系。ゼーランドのムール・マリニエールはシーズン中のみ。その中でも、この店の特製(à la maison)はロゼワインでつくっているのだそうで、大変気に入った一品。メニューには他にも興味深い肉料理や地元郷土料理名が並ぶ。
rue de Flandre,20,1000 Bruxelles Tel 02-513-65-45

Bij den Boer(発音わからず)
(2007)
[R]
外観からはスタイリッシュ系の店かなと思うが、一歩足を踏み入れると内装は結構レトロで私好み。質も量も見事なブイヤベース。

Vincentヴァンサン
ロブスターのウォーターゾーイには最初戸惑ったけれど、味噌を掻き出してからスープをいただくと味わい深くいただける。ぐっと冷え込んだ冬の日、ひきかけの風邪がこれで鳴りを潜めた。
(2005/2007)[N]

以下、ブラッセル外。

Yves Lemercierイヴ・ルメルシエ
(2005)[N]そろそろハラヘリ、とふらりとはいったワーテルロー近くの街道沿いの店。ジビエ料理にグラスの赤ワインがよく合った。
chaussée de Charleroi 72 B、 1410 Waterloo Tel 02 387 17 78

La Besaceラ・ベザス
(2007)[T]
正直、ナイス・サプライズ。景勝地ディナンDinantから10キロ程度。Filet pur de génisse grillée à l’unilateral(だったかな?)は、地元牛の片面焼き。焼いた面とカルパッチョ面のコントラストとハーモニーにぶっ飛んだ。尚、この辺り、もともと“鱒の里”らしく、近隣のレストランにも鱒の看板やメニューにも鱒料理が並ぶ。が、川面には魚影確認できず。
Rue Haute,11, 5532 Crupet Tel 083 69 90 41

Le Relaisル・ルレ
(2008) N
元祖SPAスパの温泉地でいただいた仔猪(ウリ坊!)のカルパッチョ。ベルギーの秋はやはりジビエだな。

括弧内は、初回訪問年/直近訪問年。

*マグネット・ランキング: マグネットの強度によりざっと分類してみた。
[T]遠回りしてでも立ち寄りたい店
[R]機会を見つけてはリピートしたい店
[N]近くまで行ったら覘きたい店
0

2007/5/14

スロベニア もうひとつおまけ 一番美味しかった店  レストラン・欧 Resto Europe
クリックすると元のサイズで表示します怒涛のプランニング第2弾(同日に手配したブルゴーニュ)へ行く前に、今回のスロヴェニア旅行で一番おいしかった店をご紹介。スロベニアでは、素朴な料理がどこも安定して美味しい印象を持ったが、その中で一捻りを感じた店。

Ljubljana-Brnikリュブリャーナ・ブルニク空港からもほど近いŠkofja Lokaスコフィア・ロカにあるヴィノテーク。地図にはおおきな字で町名が記されているが、行ってみると小さな町。でも歴史は10世紀に遡るらしい。町をそぞろ歩いてから、ロンリープラネットに出ているレストランの中から郷土料理を出すという店を選ぶ。英語通じるかな?大変良く通じる。英語メニューもある。土地のモノでオススメは?と尋ねると牛肉のステーキ。え、ちょっと重くないか?


で、出てきたのがこれ。ステーキと言っても小判状の薄切りで、ルッコラと一緒に焼いてあり、レモンをかけていただく。軽くて美味で、牛肉を想定せず先行注文してしまったあった白ワインもクセがあるせいか良くあってびっくり。写真右のクリーム色のは、隣人のプロシュートとルッコラのニョッキのおすそ分け。これまた品の良いお味であった。

KASCA
Spodnji trg 1, Škofja Loka Tel. 04/5124 300


レシートを見ると、たぶんステーキなのが、Pljunči File Na Ruk.、たぶんワインなのが、Šparg.Vino Sauv.。たぶんニョッキなのが、Njoki Na Več Načinov.。
0


AutoPage最新お知らせ