2007/11/30

今年の冬はしっかりフライタイイングを 続き  フライタイイング Fly Tying
手元にあるフライタイイングの入門者向けの本を再読しようと思い、2冊ほど気合いをいれてみたらかなり懇切丁寧に書いてあった。つまり、前に読んでも具体的にどういうことなのかわからなかった、消化できていなかったことが、だいぶ分かるようになった、と思われる。フライフィッシングそのものもそうだが、フライタイイングも、知識や技術について字で読むだけではピンとこない。実技と並行、もしくは交互しないと修得は進まないものと再実感。

モラルも高まっているところで、次からフライタイイング関連のフランス語を少しずつリストしようか。
0

2007/11/28

今年の冬はしっかりフライタイイングを  フライタイイング Fly Tying
そういうわけで、私も一度は諦めたフライタイイングをたしなむようになった。と言っても、つくれるパターンはテキスト見ながらのごく僅かではあるが。

それにしても、とにもかくにも自分で作ったフライで釣れたりすると、長らくのブキ・コンプレックスが多少なりとも解消されるような気がし、フライフィッシングの効用はこれ限りなく、測り知れない。

ここにきて、これは役に立つ、と感動したフライタイイングの本は、フライフィッシング専門誌「フライロッダーズ」の2006年11月号の特集記事「いまさら聞けないタイイングの疑問108」であった。中でも、今までどの本を見てもわからなかったマタレリ・ウィップフィニッシャーの使い方が、この特集記事(P59)でマスターすることができた。すごく嬉しい。写真、図示がわかりやすかった。

フライタイイングについて前向きな姿勢を確立したと思われるので、もう少し書籍を買い足そうと思う。初心者向けの本でも、常識的なプロセスは説明が省いてあったりするので、どうしてこの次のステップが突然こうなってるワケ?などということもしばしばなのだ。たぶん、基本動作は別ページを探し当てて参照、ということなのだろうけれど。根掘り葉掘りのフライタイイングテキストとか、至れり尽くせりのフライタイイングレッスンとか、クドイくらいのフライタイイング教室、なんていうタイプの本、物色してみよう。
0


AutoPage最新お知らせ