2006/7/11

張り付くような  日記

張り付くような湿気。
夕方にパラパラと雨の音がしたとき、「きたー♪」と喜びました。
ところが、まったくの打ち水程度でやんでしまいました
扇風機の風も生暖かいです。

今日は『からだの時間』がある火曜日。
PTの先生の下、歩行の練習を真剣に取り組んでいたようです。
そのおかげか、夕食後少し歩いてみたら右膝がよく上がっていました。

いつも帰りの涼しいバスの中で、バスタオルをかけてもらい、ぐっすり眠って帰ってきます。
家に着くと、なぜか怒りの声を上げてうるさいです。
「カバンの中身をいろいろ出す前に、まず私にかまいなさい!」
という事でしょうか。
いやいや、まず先生との連絡ノートでしょう。
プリントなど見ながら、お茶を飲ませていても気がおさまりません。
きっとその“ながら”が気にいらないのでしょう。
カリカリした女は印象が悪いぞ。
母も気をつけるけれども。

しばらく娘から離れていると、座っていたのに勝手に横になっています。
気持はわかるけれど、そこで本当に寝られると後々困ります。
しかし、散々カバンを引っ張り出してきて、その倒れ方は・・。
左腕はそれでいいのか?
腰をそんなにひねってリラックスできているのかい?
クリックすると元のサイズで表示します 子供は柔らかい。

どうでもいい話ですが、母はいまこれに夢中。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ