2006/12/18

懇談  日記

2学期ももうすぐ終わってしまいます。
今日は成績表をもらいに行って来ました。

学校に着いて教室に行くと、足湯の真っ最中でした。
入浴剤を入れてもらって、窓際でくつろいでいます。
そばに寄って行って、湯の中で足の裏をもみもみしました。
緊張すると足の指がキューと力が入るのですが、足ジャンケンが出来そうなくらい力が抜けていました。
先生が娘にも他の子にもさし湯をしようとする度に、「いやぁ〜。」と情けない声を出していました。
以前、お湯が熱かったときがあったようで、その事が頭に残っているようです。
他の子はそのお湯で足を浸していたので、全然気持ちいい範ちゅうのお湯の温度だと思うのですが。
どうやら、ぬる目が好みのようです。
「何をしようとしているのか、よく分かっているわ(笑)」
と先生。
もう一歩、私にお湯を入れるのか、違うのか、判断がつくとね。
それとも、私には入れるなと言う威嚇の「いやぁ〜。」なのでしょうか。
私が足を、先生は手を揉んで、どこぞの姫かと思うような待遇でした。

懇談は、二学期の授業の様子の写真を見ながら行われました。
映像で振り返られるのはいいですね。
クリックすると元のサイズで表示します 余は満足じゃ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ